テンプレート内のタブを間違って消してしまっても大丈夫・・・すぐ復旧出来ます

時々After Effects版テンプレートをご利用中の方から頂くお問い合わせですが、今回は「テンプレート内のタブを間違って消してしまった場合の対処方法」についてご紹介させていただきます。
※よくある質問ページにも既に掲載されていますが、より詳しい情報をお伝えできればと思います。

タブってどこのこと?

テンプレートファイルをAfterEffectsで開くと、下部のタイムラインパネルにずらっと差し替えが必要な箇所が左から順番に並んでいます。
これらはAfter Effectsで合成処理と編集を行う領域で、コンポジションと呼ばれるものですが、”タブ”と呼んでも違和感の無いデザインなので、”タブ”とこのページでは呼ばせていただきます。

tab_restoration_1

自分で作れる!フリーテンプレートAfterEffects版

ソフトが無くても体験版でOK
AfterEffectsをダウンロード

After Effectsには機能制限の無い体験版も用意されています。無料体験版だけでもムービーを最後まで制限なく完成させることができます。結婚式のムービーを作るためだけに利用するならとても賢い選択肢です。この機会に是非お試しください。

タブの順序と表示・非表示は本編の構造とは無関係です

初心者の方で時々誤解されている方がいらっしゃいますので整理しておきますと、例えば・・・「新郎9枚目」や「新婦10枚目」が不要ということでその部分のタブを消したとしても本編からは消えません。
さらに、写真の順番を前後で入れ替えたいということで、9枚目と10枚目のタブの位置を入れ替えたとしても、本編にはなんら影響しません。

どういうことかと言いますと、このタブが表示されているタイムラインパネルというウィンドウ領域は、ただ単に「今編集したいコンポジションを展開しておく為の場所」でしか無いので、本編の構造とは全く無関係になります。

つまり・・・間違って消してしまっても、本編で表示される写真やコメントには全く影響なくそのまま表示され続けます。

ではタブの本体(コンポジション)はどこにあるのか?

コンポジションの本体はAfter Effectsの標準的な画面レイアウトで言うところの、画面左側に表示されているプロジェクトパネルという所に格納されています。
ここに格納されているコンポジションが、様々なコンポジションにさらに引き継がれて様々な合成処理や編集処理が行われているというのが、テンプレートファイルの構造になります。

tab_restoration_2

本体を探して、ダブルクリックすることで再度展開が出来ます

コンポジション本体を探します

テンプレートファイルによっても異なりますが、テンプレートによっては生成されているコンポジションの数が1000近いものもありますので、「検索」によって効率よく探されるのがよいかと思います。
小さくて見落としがちですがプロジェクトパネル内の上部に検索用のボックスが表示されています。ここに「新郎○枚目」とか「新郎」「コメント」などと、消してしまったコンポジションに含まれているであろう文字列を入力することで、その文字が含まれたファイルやコンポジションの一覧を表示させることが出来ます。

tab_restoration_3

「検索」以外の探し方

プロジェクトパネルは、普段私たちが使うwindowsやmacなどのパソコンと同じように、フォルダを使ってファイルの場所を管理する仕組みになっています。普段パソコンでファイルを探すときと同じようなイメージで、フォルダをダブルクリックしていくことでも、フォルダ内部を展開して「自分の目で」検索していくことも出来ます。NONNOFILMの大抵のテンプレートでコンポジションには分かりやすい(と思われる)名前がつけられている(・・・はず。分かりづらかったらすいません)なので、目視で探していくのも良いかと思われます。

tab_restoration_5

発見したらダブルクリックで展開できます

消してしまったコンポジションを発見したら、選択してダブルクリックします。
すると、画面下部のライムラインパネル内の一番右側に、新たに開かれたコンポジションがタブとして表示されます。コンポジションの展開が出来ると、内部の編集がまた出来るようになるので、写真やコメントなど必要な調整を行われてください。

tab_restoration_4

写真やコメント以外も調整できます(上級者)

プロジェクトパネルに格納されているコンポジションには、単純に写真やコメントを格納するもの以外に、全体の時間やデザイン的なレイアウトを行っているものであったり、背景デザインそのものや合成素材を生成しているコンポジションも含まれています。(テンプレートファイルの種類によって内容は異なります)
基本的な差し替え以外のアレンジの領域は個々の編集者の技術と知識レベル次第なのでサポート外となりますが、構造やデザインを色々調整したい!という方はこちらからコンポジションを探して自分なりに調整を加えてみても面白いかもしれません。

tab_restoration_6

タブを消しても大丈夫

タブ(コンポジション)は開いたり閉じたりを自由に行ってよいものなので、極論全部閉じてしまっても問題ありません。ただ・・・出来るだけ既に展開されているタブは消さないように注意しながら編集を行って頂いた方が、全体の流れが把握しやすくて簡単なのでよいかと思います。
間違って消してしまった時には、ご参考にされてください。

人気の無料お試しテンプレートをダウンロード

関連するページ

ムービーメーカーでキャプションを複数同時に挿入する方法 ムービーメーカーに搭載されている標準の機能だけでは、通常挿入できるキャプションはひとつだけです。しかし少し編集方法を工夫する…

①まずはダウンロード。 1.フォトストーリーをダウンロードしてきましょう。 2.インストールします。 ②起動しましょう。 1.「新しいストーリーを作成する」を選択し、次に進みます。…

こちらのページではムービーメーカーを使ってスライドショーにトランジションを追加します ムービーメーカーではとても簡単にトランジション効果付きのスライドショーを作成できます。ちなみに…

このページではVideoPadを使ってスライドショーにトランジションを挿入します トランジションとは・・・場面切り替え効果のことです。結婚式で生い立ちを紹介するスライドショーなどで…

Comments are closed.

Post Navigation