• open_search Search
  • MainMenu Menu

プロフィールビデオの自作にムービーメーカーを使用しておられる方が、やはりとても多いようですね。
ムービーメーカーを少し触ってみまして、ふと思った点なのですが、セーフティゾーンの表示が・・・出来ない?ようですね。

このセーフティゾーンとは、画面の周囲にコメントや重要な素材を置いたときに、オーバースキャンとの兼ね合いで見えなくなる可能性がある領域を示してくれるものです。
この領域を無視してプロフィールビデオを作製してしまった場合、当日のプロジェクターでコメントが切れていて読めません・・・という失敗をする可能性が高くなります。

ゆえに、編集の際には「この領域から外にはコメントとか置かないようにしよう」という線引きの表示を頼りに編集していくものなのですが、その表示が出来ない・・・となると、ムービーメーカー使用の方は注意しなくてはいけないようですね。

「上下左右端の20%の領域にはコメントをおかない」ように、目視(もくし)確認で、頑張ってください。

披露宴会場の機器が、全部100%表示のプロジェクターになるといいんですけどね。

人気の無料お試しテンプレートをダウンロード

関連するページ

DVDに焼いて見たら画面の端が切れる・・・原因は? パソコンや家のDVDプレーヤーとテレビで見たときにはしっかりと全画面が表示されていたのに、披露宴会場でプロフィールビデオを再生し…

ムービーメーカーを使って自作をされている方の中には、「プロフィールビデオの自作までどうにかできても、DVDに焼いたら綺麗じゃない・・・」と最終出力段階でつまずかれる方もおられるよ…

プロフィールビデオに使い易そうなフォントを時々ご紹介しています。 今回は「よもぎフォント」のご紹介です。 きれいさとかわいさのちょうど良いバランス・・・といった所でしょうか? かわ…

無料で動画が編集できるソフトというと、ムービーメーカーくらいしかないのかな?と思っておりましたが、VideoPadというソフトも無料で使用ができるようです。 ムービーメーカー以外の…

Comments are closed.

Post Navigation