• open_search Search
  • MainMenu Menu

自作のプロフィールムービーが完成したらDVDに焼くだけ・・・?

自作のプロフィールムービーが完成した後は、DVDに焼き付けて本番の披露宴会場で上映される方がほとんどかも知れません。しかし、このDVDへの書き込みをなめていて、DVDの作成に大きく手間取ってしまっている方も良くおられます。単純に動画をDVDに書き込むだけでは再生できないからです。映像作りに時間が掛かり過ぎて、DVDが作れず本番上映できなかったという方もおられるようですので、事前にしっかり確認しておいたほうが良いポイントです。

完成した動画をただ単にDVDに書き込めば、DVDプレーヤーで再生できるんでしょ?とお考えだった方は、是非このページで簡単に基礎知識を勉強されることをおススメいたします。

  • 完成したプロフィールムービーの動画ファイルを単純に書き込むだけではDVDプレーヤーで再生できません
  • 必要なDVDの規格と作り方が決められています

自分で作れる!テンプレートAfterEffects版

自分で作れるテンプレートとは?

  • 毎年2,000組以上のカップルに選ばれています
  • 写真/コメント/BGMを差し替えて、自分だけで結婚式のムービーを作る方法です

使うソフトは無料体験版からでもOK

無料体験版が使える?

AfterEffectsには機能制限の無い体験版が用意されている為、無料で始められてとてもお得です。 >ダウンロードはこちら
もし体験版の日数期限内に作成が難しくても、ソフトウェアを丸ごと買い取る必要はなく、一ヶ月分から、使う期間だけのライセンスを購入することが出来ます。(2180円~/月※2018年11月現在の年間プラン)
結婚式のムービーを作る為だけに使うなら、とっても賢い選択肢です。

完成した動画ファイルとDVDは別物です

完成した動画ファイルそのものと、それをどのような形で上映するか?は、別のお話になります。

それぞれの会場で許されている再生環境には、DVD/ブルーレイ/パソコンを直接つないで/スマートフォンからなど様々あります。
実際にはDVDで上映する場合が大半ですが、DVDを作成する場合、「完成した動画=DVD」ではなく、「DVDという媒体に変換して記録する作業を経て」初めてDVDでの上映が可能になります。

DVDに求められる規格とは?

完成した動画データを単純にDVDに書き込んでも、DVDプレーヤーはDVDのディスクとして認識できません。
求められるDVDの規格があります。(DVD-Video規格)
色々細かな点もありますが、基本的に動画は「MPEG2」、解像度は「720×480」にしなくてはなりません。

どうやって変換?書き込む?

では単純に、MPEG2に変換した解像度720×480の動画ファイルをDVDに書き込めばよいのか?と言っても、そういうわけでもありません。
さらに細かく、再生プレーヤーが認識できるようにDVD内の構造も決められています。
(フォルダ名、ファイル拡張子、DVD制御ファイルなど)

なんだかややこしい話ですが、これらの作業をいわゆる「オーサリングソフト」と呼ばれる、「DVD作成のためのソフトウェア」が全て勝手に処理してくれますので、披露宴での上映ディスクの場合、実際にはそこまで深く知識を得る必要はありません。

フリーのウィンドウズDVDメーカーや、DVDFlick、DVDStylerなどを使ってDVDを作成することで、変換作業は自動的に行われます。
DVD-Rを挿入したら、後はソフトの処理に任せましょう。

DVD作成の流れ

基本的に、「動画編集ソフト」と「DVD作成ソフト」は別物です。

1.まずお好きな動画編集ソフトで動画部分を作り
2.パソコン内に一度動画ファイルを書き出す
3.その後DVD書き込みのためのソフトウェアを利用してDVDの作成を行う

というのがプロフィールビデオ自作時のDVD作成の基本的な流れになります。

動画編集ソフトによっては、VideoStudioのように、簡単な構造のDVD作成まで1つのソフトウェア内で出来るものもあります。この場合はそのままソフトウェアの案内にしたがってDVDの作成まで、簡単に行うことも可能です。またあえて別のソフトを使ってこだわったメニューのDVDを作成する、といったことも可能です。

DVD作成ソフトのおすすめ

DVDメーカーや、DVDFlick、DVDStylerなど無料で使えるフリーソフトも様々あります。
披露宴での上映に多く求められる「挿入したら自動再生」するだけの単純なDVD作成であれば、フリーソフトでも十分可能です。

「動画部分は作成できたのに、正しい構造のDVDが作れずギリギリまでかなり時間がかかってしまった」というケースもしばしばあるようですので、できるだけ早くDVD作成まで行ってみて、正常に変換・書き込み・再生ができるかどうかを確認されることをお勧めします。

DVDを作れるフリーソフト

  • ウィンドウズDVDメーカーでDVDに書き込むWindowsDVDメーカー
  • DVD Flickを使用してDVDに書き込むDVDFlick
  • DVDStylerで作る自由レイアウトDVDメニューDVDStyler

会場での試写は必須です

DVDの構造上問題が無いか(普通に再生できるか?)だけではなく、「文字が切れていたり」「会場のスクリーンで見ると文字が小くて読めなかったり」「BGMの音量バランスがおかしかったり」と色々と分かることがあります。
「色の具合も自宅のテレビと会場のプロジェクターではかなり違います」し、「表示される映像の範囲も家庭のテレビと会場のプロジェクターでは異なる」ので、残念な感じの上映になってしまわないように、事前によく確認されると良いかと思います。

会場での試写用に「1-2週間前までにはDVDを渡してください」と言われることが大半です。
お忙しい方には大変かもしれませんが、実際にDVD作成段階で問題が生じることはありえますので・・・、頑張りましょう!

人気の無料お試しテンプレートをダウンロード

関連するページ

プロフィールビデオを自作した後には、DVDに書き込んでDVDプレーヤーで再生できる形にする必要があります。 DVD作成ソフトにも様々ありますので、それぞれのソフトでどのようなことが…

プロフィールビデオの自作が出来た後に、披露宴会場で正常に再生が出来るようにDVDに書き込む必要があります。 DVDプレーヤーがDVDとして読み込んでくれる形式で納めなくてはいけませ…

無料で動画が編集できるソフトというと、ムービーメーカーくらいしかないのかな?と思っておりましたが、VideoPadというソフトも無料で使用ができるようです。 ムービーメーカー以外の…

プロフィールビデオを自作する際にお勧めのソフトは何でしょう? 時々頂く御質問ですが、 動画も使って、さらにキラキラ素材も使って合成しながら自由に作りたいならビデオスタジオ 本当に簡…

Comments are closed.

Post Navigation