• HOME HOME
  • pc PCView
  • MyPage MyPage
  • cart Cart
  • CategoeyMenu Category
  • MainMenu Menu

旧ムービーメーカーでも、簡単なスライドショーを作成することができます。

プロフィールビデオの自作に使用するソフトの中で、ウィンドウズの方であれば真っ先に候補にあがるムービーメーカーですが、2017年まで公開されていたwindows Live ムービーメーカーと、windows XP 時代まで主流だった古いタイプのムービーメーカーの2種類が存在します。こちらのページではウィンドウズXP時代の旧ムービーメーカーを使ったプロフィールムービーの自作方法についてご紹介しています。
2017年にWindows Live ムービーメーカーのダウンロード提供が終了し、今はプロフィールビデオを自分で作るといえばムービーメーカーという根強い図式は無くなったかもしれません。しかし、ネットを色々と探してみると、非公式ながらダウンロードリンクは未だ点々とあるようです。旧ムービーメーカーをどうしても使いたいんだよね、というマニアックな方向けのページです。

  • windows Live ムービーメーカーとは別物ですのでご注意ください
  • windowsXP時代に利用されていたとっても古いソフトウェアに関するページです

おすすめのフリーダウンロード素材

¥0 / 本体価格

生い立ちビデオのスライドショーや動画を古いフィルム調に変換できる動画素材。重ねて描画モードを調整するだけの簡単素材です。

>>ダウンロードする

①プロフィールビデオ自作の方法 ~ムービーメーカーを起動し素材を取り込む~

必要な写真を読み込みます。
1.windowsムービーメーカーを起動します。
2.メニューの中から「画像の読み込み」を選択し、使用する画像を読み込みます。
3.動画の場合は「ビデオの読み込み」を選択し、必要な動画素材を読み込みます。

無料の自作に必要なムービーメーカーを立ち上げます。

4.必要な写真が入っている場所を探し、写真を選択。「読み込み」を押す。

②プロフィールビデオ自作の方法 ~取り込んだ素材をお好みの順番に配置~

読み込んだ中から好きな順番に写真を並べます。

1.読み込んだ素材の中から、お好みの順番で配置していきます。素材をドラッグ&ドロップし、下部の枠の中に放り込んでいきます。すると写真が下部の枠の中に表示されます。

③プロフィールビデオ自作の方法~トランジション設定~

ムービーメーカー内のメニュー画面です。

1.「2.ムービーの編集」内の「ビデオ切り替え効果の表示」を選択します。
※②素材と素材の切り替えの動き

トランジション(切り替わりの画像効果)を選択します。

2.すると、切り替えの効果となる動きのサンプルが表示されますので、.お好みに近い切り替わり方法(トランジション)を選択し、素材と素材の間の小さな四角のところに、ドラッグ&ドロップします。
すべての写真と写真の間を、トランジションでつないでいきます。

④プロフィールビデオ自作の方法 ~文字・タイトルを挿入します~

ムービーメーカーのメニュー画面から必要項目を選択します。

1.「2.ムービーの編集」内の「タイトルまたはクレジットの作成」を選択します。

ムービーの最初にタイトルを追加を選択します。

2.まずは最初のタイトル画面から作成していきますので、「ムービーの最初にタイトルを追加する」を選択します。
写真上では上のほうの赤丸です。「最初のタイトルはこちら」のほうを選択します。

お好みのタイトルを挿入します。

3.タイトルとしてお好みの文章を、枠内に打ち込みます。(今回の自作方法では、新郎新婦の名前として、「takehiko&asami」と入力しています。)
4.次にタイトル文字の出方を調整したいので、下画像内の下方2行上側「タイトルアニメーションを変更する」を選択します。写真上では赤文字で「文字の動きを調整する場合はこちら」となっている方です。

今回はロールタイトルを選択しました。

5.枠の中からイメージに近いタイトルのアニメーションを選択します。今回は「ロールタイトル」というアニメーションを選択しています。
6.次に文字の大きさ・色を変更しますので、下画像内の一番下にある「フォントと色を変更する」を選択します。

お好みの字体、大きさ、色を選択します。

7.お好みのフォント(字体)を選択し、色・大きさの調整を行います。

タイトルの完成です。

8.するとこのようなタイトルが出来上がります。
※タイトルのアニメーションは「ロールタイトル」、色の選択は「ピンク」、文字の大きさはタイトルが一行に収まる大きさに画面を見ながら調整しました。

⑤写真に解説文章・コメントを挿入します。

ムービーメーカーのメニュー画面です。

1.「2.ムービーの編集」内の「タイトルまたはクレジットの作成」を選択します。

「ストーリーボードで選択したクリップにタイトルを追加する」を選択します。

2.「ストーリーボードで選択したクリップにタイトルを追加する」を選択します。
写真上では下の方の赤丸です。

今回はニュースバナーを選択しました。

3.今回は、一例として「ニュースバナー」を使用して写真の説明文章をアニメーションさせます。
(色々見てお気に入りのものを探してください。)

コメントの表示時間を調整します。

4.写真と同じタイミングで文字が出るように、長さと時間帯の位置を調整します。
・端をマウスでつまむと動かせます。
通常、映画などの字幕は「1秒間に4文字まで」とされています。映像と共に見るためにそれ以上は読めないからです。タイミングが早すぎると文字と写真のどちらも見れずにストレスを感じます。逆に長すぎると観客は間延びから来るストレスを感じます。何度も再生してみて、ちょうどよい長さを探しましょう。

⑥プロフィールビデオ自作の方法 ~BGM・音楽ファイルを挿入します~

ムービーメーカーのメニュー画面です。

1.「オーディオまたは音楽の取り込み」を選択します。
一番上の「1.ビデオの取り込み」内に「オーディオまたは音楽の取り込み」があります。

お好みのBGMを選択します。

2.BGM音楽ファイルを読み込みます。

BGMの長さを調整します。

3.音楽のファイルが読み込まれたら、タイムライン上のオーディオの欄にドラッグ&ドロップで放り込みます。
4.このままでは、写真素材等との長さに違いがありますので、音楽ファイルの端をドラッグし(正しくドラッグできていると矢印に変わります)、長さを調整します。

BGMの長さ調整ができました。

5.長さが調整され、写真素材・BGM・文字のタイミングがそろいました。

フェードイン、フェードアウトの設定をお好みで設定します。

5.このままではBGMの音がブツッと切れてしまい違和感が生じますので、タイムライン上の音楽ファイルにマウスを合わせ、右クリックをします。すると、「フェードイン」「フェードアウト」という表示が出てきますので、曲の終りが徐々に消えていくように、フェードアウトを選択します。

⑦プロフィールビデオ自作の方法 ~完成した動画ファイルの書き出し~

ムービーメーカーのメニュー画面です。

1.ムービーの完了メニューの「コンピュータに保存」を選択
(写真中央からやや下のところに「コンピュータに保存」があります)

書き出す動画ファイルの設定をします。

3.次の画面は確認するだけで「次へ」を選択します。
・詳細の設定を行える方は「詳細選択肢の表示」から、サイズとビットレートのプリセットを選択できますので、お好みで選択します。

ビットレートとは、「1秒間にどれだけの情報を収めるのか」という値で、高ければ高いほど高画質な映像になります。ビットレート9.8MbpsがDVDの最大画質ですが、ムービーメーカーでは高画質で書き出す設定を細かくできないようです。
標準でそのまま進むとビットレート1.1Mbpsで進んでいきます。

プロフィールムービー完成まで待ちます。

4.プロフィールムービーの完成までしばらく待ちます。
・パソコンの性能や作成した作品の長さにもよりますが、自作したプロフィールムービー書き出すためのパソコン側の作業にしばらく待ち時間が発生します。(早ければ数分で終わりますが、待ち時間はパソコンの性能で差が出ます。)

⑧プロフィールビデオ自作の方法 ~出力した動画の確認~

プロフィールムービーの完成です。

1.動画を再生できるソフトで実際に確認し、写真の出るタイミングが速すぎないか、字が見にくくないかなどを確認します。
ムービーメーカーなどで作成できるシンプルなスライドショーほど、写真とコメントの表示時間のバランス調整が難しい部分となりますので、ストレスなく写真もコメントも見ることができつつ、かつ間延びしていない、ゲストにとってストレスの無いタイミングを確認します。
※シンプルなスライドショーであればあるほど、誤魔化しが効かない分、微妙な”間”の調整はシビアかもしれません。

~DVDへ焼き付ける作業へと移ります。~

作成した動画は、まだパソコン上でしか再生ができません。DVDプレーヤーで鑑賞するためには、DVDプレーヤーに対応したファイルに変換してDVDに焼き付ける必要があります。DVDの形式に変換し、焼き付けてくれるソフトが次にご紹介する「DVD Flick」という無料のソフトです。無料ですがDVDを自作するのに性能は十分ですので実際の再生にも十分対応できます。
DVD Flickの使い方へ

人気の無料お試しテンプレートをダウンロード

関連するページ

Comments are closed.

Post Navigation