• HOME HOME
  • pc PCView
  • MyPage MyPage
  • cart Cart
  • CategoeyMenu Category
  • MainMenu Menu

自作したプロフィールムービーをDVD Flick でDVD化します

プロフィールビデオを自作した後はDVDの作成が必要です。DVDプレーヤーで再生できるようにするためには、ただ単にDVDディスクにプロフィールムービーのデータを放り込んで書き込めばよいという訳ではありません。DVDプレーヤーが認識できるDVDの規格は細かく規定されており、ファイル形式やフォルダ名、階層を正しく作成しないとDVDプレーヤーはDVDのディスクとして認識できず再生が出来ません。

このページではDVDFLICKという無料のフリーソフトを使用して、DVDプレーヤーが認識できる形式でプロフィールムービーをDVDに書き込みます。結婚披露宴の本番当日に、再生用のDVDディスクとして必要な、自動再生と自動停止、かつメニューなしの設定方法についてもご紹介しています。

  • 単純にmp4などの動画データをDVDに書き込むだけでは再生できません
  • DVD規格への変換処理が必ず必要です
  • DVD FLICKというフリーソフトでDVDを作成します

おすすめのフリーダウンロード素材

DVD Flickのダウンロード

1.ダウンロードのページを開きます。
http://www.dvdflick.net/

DVDFlickダウンロードサイトへアクセス

2.このあと日本語化のファイルをダウンロードするときにバージョンを合わせる必要がありますので、バージョンをメモしておきます。その後、ダウンロードに進みます。

バージョンを確認しダウンロード

dvd Flickの日本語化

結婚式のプロフィールムービー1本程度のために、わざわざ日本語化をする必要はそもそもないかもしれません。英語表記のままでDVD FlickでDVDを作成するとしてもそれほど手間はかかりませんので、日本語化のステップは飛ばしていただいても問題ありません。日本語表記で使いたい方のみDVD Flickを日本語化して使われてください。

日本語化パッチのダウンロード

http://dvdflick.popup.jp/

日本語変換ダウンロードサイトへ

2.ダウンロードのページを開き、先ほどダウンロードしたDVDflickとバージョンが一致するものをダウンロードします。

バージョンを確認してダウンロード

dvdflickのインストール

ダウンロードしたファイルを起動します

1.ダウンロードしたdvdflickのファイルを開くと、このようなセットアップウィザードが立ち上がりますので、指示に従いながらインストールを進めます。
「OK」「NEXT」を選択するだけでインストールされます。詳細は省きます。

DVDFlickのインストール

DVD Flickを日本語化します。

1.ダウンロードした日本語化パッチをダブルクリックします。
※日本語化する必要の無い方は飛ばして頂いて問題ありません。

日本語化ファイルを起動させます

2.アップデートを押します。

アップデートを押します。

3.「アップデートのインストールが完了しました」の表示が出たら完了です。

日本語化の完了です。

DVD flickの起動

デスクトップ画面に出てきたショートカットアイコン化から起動します。

ショートカットから起動してみましょう。

日本語化パッチを当てられた方は日本語表記になっているかと思います。これで正常に使える準備が整いました。

日本語化されたか確認します。

自作したプロフィールビデオの取り込み

自作したプロフィールビデオが入っているフォルダを開き、dvdflick上にドラッグ&ドロップで放り込みます。少し読み込みまで時間がかかります。

プロフィールビデオを取り込みます

すると動画ファイルがdvdflick内に取り込まれます

ビデオが取り込まれました。

dvdの設定

DVD ディスクそのもののパソコン内での認識上の名前や画面比率の設定を行います。

画面比率の変更

ご自身で作成されたプロフィールムービーの画面比率は4:3か16:9どちらの比率でしょうか?出力した映像の比率に合わせてDVD Flick側でもDVD再生時の画面比率を指定しますので、作成した映像の画面比率を自分で分かっている必要があります。

画面右側の[Edit Title]から進み[Target aspect ratio]のメニューから、4:3/16:9のどちらかを選択します。

ae_dvd1_1000_602

画面比率の見極め方のポイント

2018年現在のYouTubeの再生画面が16:9の比率です。ハイビジョンのテレビ画面も16:9の画面比率です。

パソコン内で再生した映像をYouTubeの画面上に重ねてみたり、テレビにパソコンの映像を出力して画面いっぱいに広げてみたりすると、自作したプロフィールムービーがどちらの画面比率かが判別しやすいかもしれません。4:3の比率であった場合は、左右の20%-30程度が黒い画面になります。

名前の変更

DVDディスクに記念に名前をつけたいといった場合は、名前を変更することも出来ます。その場合は「プロジェクト設定」から進みます。
DVDディスクをパソコンに挿入した際に、ドライブ名のところにDVDに命名した名前が表記されます。ただそれだけといってしまえばそうなのですが、結婚式の記念になるディスクなので名前をつけるのもよいかと思います。

プロジェクト設定を選択

メニュー画面を後ほど作成する場合は以下に入力したタイトルが、そのままDVDメニュー画面のタイトルにもなります。しかし結婚式本番での上映用のディスクを作成すると言う場合は、メニューはむしろ無いほうが好ましいので、特別こだわる必要はありません。

DVDのタイトルをつけます。

「再生設定」メニューから自動停止設定に変更します

プロフィールムービーの上映用ディスクを作成する場合、会場での上映が終了したと同時に自動的に停止する設定が望ましいです。自動停止しないと勝手にループ再生されてしまったりで、結婚披露宴の演出上好ましくありません。

上映用のディスクの場合ほとんどが通常1枚のDVDディスクに対して1つのプロフィールもしくはオープニングムービーだけを格納します。複数のムービーを同じDVDに格納してしまうと、再生するチャプターを間違えたり再生まで時間がかかったりと、演出上のリスクが伴うからです。恐らく会場の演出担当者からも細かい指示があるかと思いますが、再生終了後に自動停止するディスクを作成するよう指示があった場合は以下の項目から設定します。

自動停止するDVDの作成手順

  • ビデオが終わったら停止させる場合は「stop playing」
  • 「最後まで再生したら、最初からループ再生する」のチェックも外す

これで、DVDのディスクを再生プレーヤーに入れたら、自動的に本編が開始されて、本編再生が終了と同時に自動的に停止するという、披露宴の演出上とても安全なDVDディスクが出来上がります。

再生終了時のアクションを設定します。

DVDの書き込み設定

「書込設定」を選択し、赤丸部分にチェックを入れます。「プロジェクトをディスクに書き込む」を選択しておくことで、一連の流れとしてDVD書き込みまで終了することができます。
「書き込み完了後にディスクをベリファイする」というのは、書き込みエラー等を自動で確認してくれるものです。時間が少し長くなりますし、後ほど実際にDVDプレーヤーで再生の確認を行われると思いますので、チェックは入れても入れなくてもOKです。

「ISOイメージを作成する」を選択すると、DVDのイメージファイルを自作することができます。このイメージファイルはDVDの複製をする際に使用します。また、仮想ドライブなどと合わせて、実際にDVDを作成しなくてもPC内で再生のテストを行うことも可能です。仮想ドライブの知識がある方は、isoイメージを作成してテストする方法もDVDを使わなくてよいのでオススメです。

書き込み設定を行います。

メニューを設定しましょう。

結婚披露での上映用ディスクの場合は、基本的にメニューは必要ありません。むしろメニューが無いディスクを作成するように指示される場合がほとんどですので、披露宴での上映用DVDを作成される方は読み飛ばしてください。

自宅での保管用にメニュー画面も挿入したい、という場合は以下の手順でメニュー画面の挿入が可能です。

「メニュー設定」を選択します。

メニュー画面の設定を行います。

メニューを選択します

標準で6つのメニューが用意されています。好みに合うものがあれば項目からメニュー画面を選択し、プレビューを押します。実際にDVDプレーヤーで再生したときのように、ボタンを押して確認できます。この画面から元に戻るときはキーボードの「Esc」を押します。良ければ「適用」を押して確定します。

DVD Flick ではメニュー画面を細かく設定できないので、オリジナルのメニュー画面を作成したい場合は、別途DVDStylerというフリーソフトを使用されるのがオススメです。

良いものがあれば選びましょう。

メニュー画面は無いほうがベター

繰り返しになりますが、披露宴会場での上映用DVDの場合はメニュー画面が無い方が好ましいです。実際の結婚式の披露宴会場でゲストが注視している中、メニュー画面をいちいち操作していたら演出上さむいですよね・・・。

メニュー画面をなし(None)に設定すると、DVDを挿入したらすぐに本編が再生されますので、メニュー画面操作の必要が無くなり、披露宴会場全体の感動演出を妨げることはなくなります。

DVD に書き込みを行います。

「DVD作成」を選択します。

DVD作成を選択します

DVD-RをDVD書き込み可能なDVDドライブに挿入し、「OK」を押します。

OKを選択します。

自動的に画面が進んでいきますので、しばらく待ちます。DVD Flick内に読み込んだプロフィールムービーのデータを、DVDに対応したMPEG2規格に変換が行われます。

DVDへの書き込みがスタートします。

しばらくすると、「img burn」という、書き込み専用のソフトが立ち上がります。DVD Flickインストール時に一緒にインストールされています。このimgBurnが、DVD FlickがDVD規格に変換したプロフィールムービーのデータを、実際にDVDに書き込みを行います。

DVD-Rを挿入していなかった方は、この段階で挿入しないと書き込みが進みませんので、DVDドライブに空のDVD-Rを挿入しましょう。

img burnというソフトが立ち上がり、書き込みを始めます。

そのまま、自動処理を完了まで、しばらく待つことになります。パソコンの性能、DVDドライブの書き込み速度、DVDディスクの書き込み可能な速度、プロフィールビデオの長さ等で、待ち時間は異なります。待ち時間は数分から数十分といったところでしょうか・・・。

パソコンが自動的に処理を終えるのを待ちます。

書き込みが完了すると、「完了」の画面が出てきます。「閉じる」押して、終了です。

完了しました

実際に試写を行ってテストします

完成したDVDは、必ず再生チェックを行いましょう。会場での試写は別途さらに必要となりますが、自宅のDVDプレーヤーやパソコンのDVDドライブでも正常に認識が出来るのかどうか、予めテストしておく必要があります。

正しく操作できるでしょうか?パソコン以外の普通のDVDプレーヤーでも再生できるでしょうか?結婚式披露宴会場で、実際に使用するDVDプレーヤーでも再生テストをさせてもらいましょう。DVD-RとDVDプレーヤーの相性で、再生不良になる場合もあります。
実際に当日会場でプロフィールビデオを再生したら、画面が飛んで、音が途切れて・・・、途中で停止・・・・。といったハプニングが起こらないとも限りませんので、日程に余裕のある方は事前に会場でもテストされることをお勧めいたします。

本番にばっちり上映が出来るといいですね。

人気の無料お試しテンプレートをダウンロード

関連するページ

Comments are closed.

Post Navigation