• HOME HOME
  • pc PCView
  • MyPage MyPage
  • cart Cart
  • CategoeyMenu Category
  • MainMenu Menu

プロフィールムービーとは

プロフィールムービーとは、新郎新婦それぞれが幼少期から大人へと成長していく様子や、二人がどのように出会い結婚に至ったかなどを、スライドショーやムービーを使ってゲストに紹介する演出映像の事です。最近ではほとんどのカップルが結婚披露宴の中で上映しています。皆さんも一度は結婚式でプロフィールムービーを見たことがあるかもしれません。自分たちの好きな思い出にまつわるお気に入りのBGMを添えて、会場全体を感動のムービーで包み込む経験は、結婚式の時ぐらいしかなかなか経験できないかもしれません。上映を検討中の方には是非オススメしたいと思います。

おすすめのフリーダウンロード素材

スポンサーリンク

プロフィールムービーを自作する人が増えています

かつては動画編集というと、専門の高いハードウェアや大容量のメモリを搭載した高価な編集環境が必要でしたが、ここ10年程度でパソコンの性能が飛躍的に向上したため、家庭用のパソコンでも十分動画編集を楽しむことが出来るようになりました。そのため現在はプロフィールムービーを自分で作ってしまう方も非常に多くなっています。自分で作ると内容を自由に決めることが出来て、二人の良い思い出にもなります。テンプレートを活用すると、初心者でもプロ品質のプロフィールビデオが簡単に作ることが出来るようになっています。

プロフィールムービーの色々なバリエーション

プロフィールビデオには様々な雰囲気の作品が存在します。会場を感動の涙で包み込むことを目的としたプロフィールムービーや、笑いや元気をテーマとしたプロフィールムービーなどなど様々です。自分たちの結婚式らしいお気に入りの質感で作るのがおすすめです。いくつかの例を挙げてみたいと思います。

感動系

感動系のプロフィールムービーは、しっとりと落ち着いた雰囲気が特徴です。一番失敗しにくい演出方法なので、無難なプロフィールムービーを目指したいという方は、感動系のしっとりとした質感を目指すと良いかもしれません。背景もシンプルな方が逆に良いので、黒い画面の中にふわーっと写真が浮かんでくるといった静かなスライドショーを多用すると、それだけでかなり上手に作ることが出来ます。
キラキラした粒子(パーティクル)や、光の映りこみ(フレア)といった表現の動画素材をうまく活用すると、さらにぐっと雰囲気が高まりオススメです。

面白系

面白系のプロフィールムービーでは、笑いや元気、活発さといった雰囲気が特徴となります。明るく元気でポップな雰囲気のBGMを用いて、テンポ良く写真を紹介していくことがポイントです。明るくて楽しい結婚披露宴にしたいという方もとても多いので、こういった明るくて楽しい雰囲気のプロフィールムービーを作られる方も非常に多くおられます。一種の余興として楽しむためのムービーという位置づけです。

顔だけを切り抜いた写真をイラストと合成してダンスさせたり、新郎新婦二人の顔を合成して子供の顔を予想してみたりなどなど、色々な構成があります。映画やドラマのパロディを自分たちで作成するというのもとても楽しい演出方法です。笑いの方向は意外と難しく、狙いすぎて逆にすべりまくるという可能性もあるので、構成力・作家力にある程度の自信と技術が求められます。

驚き系

驚き系のプロフィールムービーでは、映像でしか出来ないようなマジックのような演出を取り入れてあげると、ゲストがおーっと歓声をあげてくれます。会場まで向かっている様子を事前に撮影・編集しておいたムービーなどと組み合わせて実際に会場に新郎新婦が登場するとか、有名人からの挨拶映像を取り入れてみるとか(正規の権利許諾契約を行いましょう)、モザイクアートを作ってみたり、VFXっぽい演出を取り入れてみたり・・・等々、映像で色々と遊んでみたい好奇心旺盛なカップルにはこういった表現もおすすめです。

プロフィールムービーの基本構成

プロフィールムービーには基本的というか、一般的によく利用される型のような構成が存在します。もちろんこれに限定する必要は全くありませんが、一つのガイドラインとしてプロフィールムービーの基本構成は頭に入れて置いたほうが良いでしょう。

  1. 新郎を紹介(写真は10-15枚で2分前後)
  2. 新婦を紹介(写真は10-15枚で2分前後)
  3. 二人の歩みを紹介(写真は10-15枚で2分前後)
  4. 全体の時間は6-8分程度

基本構成はこんな感じです。これらを基本の形として、二人の写真紹介の部分をもっと多くしたいといった場合には新郎新婦の写真枚数を減らすとか、自分たちなりに調整を加えていくと良いかもしれません。

スポンサーリンク

プロフィールムービーを作る方法

会場

会場との打ち合わせの中で、映像演出に関するプラン説明も受けるかもしれません。会場側が直接請け負っているケースはマレで、会場側が仲介者として実際には外部の業者に委託されます。ただ、いつも結婚式について細かく打ち合わせているプランナーさんがそのまま間に入ってくれることも多いので、色々と話が早く通せる点は魅力です。

会場側が仲介する形になるので、通常は専門業者などと比べるとかなり割高です。倍程度する場合もあります。

専門業者

NONNOFILMも含め、プロフィールムービーの作成を専門に請け負っている専門業者が多数存在します。技術レベルの高い業者に確実に依頼が出来れば良いですが、中には副業でやっている技術力の低い自営業者も結構いるというのが現実なので、どこの業者に依頼するのかはよく比較検討したほうが良いでしょう。格安や激安といった安さを売りにしている業者は特に注意して比較されることをオススメします。BGMの権利処理も行える業者なのか確認してみると良いかもしれません。

自分で作る

前述の項目でも触れましたが、自分で作るというのも今は立派な一つの選択肢になりつつあります。高度なテンプレートや動画素材、さらにはプロフィールムービーを作るのに特化したソフトウェア等も販売されていますのでそれらを比較検討しつつ、自分たちの作りたい表現が作れるものを選ぶと良いでしょう。数ある編集ソフトの中には、動画を扱えないとか、1つの画面の中に複数の写真を挿入できないとか、機能的に制約があるものが殆どです。自分が作りたいと思っている映像が実現できないソフトウェアにもたくさん出会うはずですので、事前に体験版などで操作方法や機能の確認を行っておいた方が良いかもしれません。

After Effectsというプロも利用するソフトを利用すると、プロフィールムービーでよく見るダンスするイラストの表現やコルクボードの表現、モザイクアートや飛び出す絵本といった複雑かつ高度な表現を作成できます。After Effectsには全ての機能を使える体験版も公開されていますので、まだ使ったことのない方はAfterEffectsもオススメしたいと思います。

人気の無料お試しテンプレートをダウンロード

関連するページ

Comments are closed.

Post Navigation