結婚式のプロフィールムービーは完成したけれど、DVDに書き込む方法が分からないという方も少なくありません。
特に動画編集の経験の少ない初心者の方の中にはmp4やMOV、aviといった動画ファイルをそのままDVD-Rに書き込めばDVDプレーヤーで再生が出来るものと勘違いしておられる方もたくさんおられますが、それは間違いです
新郎新婦吹き出し左側用アイコン

プロフィールムービーの完成したmp4データをそのままDVDにコピー済みです!DVD化はばっちり完了です!

先生の見解

DVDに直接mp4データを書き込む方法は間違いですよ。パソコンでは再生できても結婚披露宴会場のDVDプレーヤーでは再生できませんよ!

このページではせっかく自作したプロフィールムービーのDVD作成で失敗しないように、DVD作成の基本となる知識やその作りかたについてご紹介しています。

プロフィールムービーをDVDで上映するときに役立つ知識をまとめた記事です。

この記事に関連するおすすめ記事

プロフィールムービーをDVD化するための基礎知識

例えば以下のような結婚式プロフィールムービーを完成させたとしても、DVDの作成で失敗すると披露宴会場での上映ができません。

関連記事
blank インスタグラム風プロフィールムービー 結婚式で上映するプロフィールムービーをインスタグラム風の構成で作りたいとお考えの新郎新婦様も少なくありません。 インスタグラムは国内だけでも3300万人以上が利用し

先生の見解

このプロフィールムービーはデータでダウンロードして誰でも作ることができるので、動画データの書き出しからプロフィールムービーDVDの完成までの流れを確認することもできますよ。

自作のプロフィールムービーが完成した後は、DVDに焼き付けて本番の披露宴会場で上映される方がほとんどかも知れません。

しかし、このDVDへの書き込みを甘く見ていてDVDの作成に大きく手間取ってしまっている新郎新婦様も少なくありません。

単純にmp4やaviやmovといった動画データをDVDに書き込むだけではDVDプレーヤーで再生できるDVDの完成ではありません。

映像作りに時間が掛かり過ぎて上映用のDVDが作れず本番上映できなかった・・・という残念なケースもありますので、事前にしっかり確認しておいたほうが良いポイントです。

  • 完成したプロフィールムービーの動画ファイルを単純に書き込むだけではDVDプレーヤーで再生できません
  • 必要なDVDの規格と作り方が決められています

完成した動画ファイルとDVDは全くの別物です

完成した動画ファイルそのものと、それをどのような形で上映するか?は、別のお話になります。

それぞれの会場で許されている再生環境には、DVD/ブルーレイ/パソコンを直接つないで/スマートフォンからなど様々あります。

実際にはDVDで上映する場合が大半ですが、DVDを作成する場合、「完成した動画=DVD」ではなく、「DVDという媒体にDVDプレーヤーが認識できる形式に変換して記録する作業を経て」初めてDVDでの上映が可能になります。

blank

先生の見解

DVDプレーヤーが認識できるDVDへの書き込みルールがあるんです。

DVDに求められる規格とは?

完成した動画データを単純にDVDに書き込んでも、DVDプレーヤーはDVDのディスクとして認識できません。

求められるDVDの規格があります。(DVD-Video規格)

色々細かな点もありますが、基本的に動画は「MPEG2」、解像度は「720×480」にしなくてはなりません。

blank

さらに詳しく

他にもDVDの画質に関係してくるビットレートという用語に関する理解もあると、さらにプロフィールムービーDVD化を上手にできるかもしれません。

DVDの画質に関係してくるビットレートについては以下の記事で学ぶことができます。

関連記事
blank DVD画質を綺麗にする ビットレートの理解 DVDに書き込みを行ってみたけど思っていたほど画質が良くない、というか汚いとも感じるという方も少なくありません。 DVDでは解像度が固定なのでハイビジョン解像度のムー

どうやって変換?書き込む?

では単純に、MPEG2に変換した解像度720×480の動画ファイルをDVDに書き込めばよいのか?と言っても、そういうわけでもありません。

さらに細かく、再生プレーヤーが認識できるようにDVD内の構造も決められています
(フォルダ名、ファイル拡張子、DVD制御ファイルなど)

なんだかややこしい話ですが、これらの作業をいわゆる「オーサリングソフト」と呼ばれる、「DVD作成のためのソフトウェア」が全て勝手に処理してくれますので、披露宴での上映ディスクの場合、実際にはそこまで深く知識を得る必要はありません。

フリーのウィンドウズDVDメーカーや、DVDFlick、DVDStylerなどを使ってDVDを作成することで、変換作業は自動的に行われます。

DVD-Rを挿入したら、後はソフトの処理に任せましょう。

blank

DVD作成の流れ

基本的に、「動画編集ソフト」と「DVD作成ソフト」は別物です。

1.まずお好きな動画編集ソフトで動画部分を作り
2.パソコン内に一度動画ファイルを書き出す
3.その後DVD書き込みのためのソフトウェアを利用してDVDの作成を行う

というのがプロフィールムービー自作時のDVD作成の基本的な流れになります。

動画編集ソフトによっては、簡単な構造のDVD作成まで1つのソフトウェア内で出来るものもありますが、DVD作成の機能がついていない編集ソフトもとても多いです。

blank

DVD作成ソフトのおすすめ

DVDメーカーや、DVDFlick、DVDStylerなど無料で使えるフリーソフトも様々あります。

披露宴での上映に多く求められる「挿入したら自動再生」するだけの単純なDVD作成であれば、フリーソフトでも十分可能です。

「動画部分は作成できたのに、正しい構造のDVDが作れずギリギリまでかなり時間がかかってしまった」というケースもしばしばあるようですので、できるだけ早くDVD作成まで行ってみて、正常に変換・書き込み・再生ができるかどうかを確認されることをお勧めします。

DVDを作れるフリーソフトとDVDの作り方

  • WindowsDVDメーカー
  • DVDFlick
  • DVDStyler

この中から特に使いやすくてお勧めなのがDVD FlickというDVDオーサリングソフトです。

Windows環境の方しか利用できないので注意が必要ですが、使える環境の方は是非使ってみましょう。

関連記事
blank 結婚式プロフィールムービーをフリーソフトでDVD化 [DVD Flick] 結婚式のプロフィールムービーを作ることは何とか出来たけど、DVD化が上手くいかないという新郎新婦様も少なくありません。 [hukidashi_left content="完成したmp4データ

結婚式会場での試写は必須です

会場で実際に試写を行うとDVDの構造上問題が無いか(普通に再生できるか?)だけではなく、「文字が切れていたり」「会場のスクリーンで見ると文字が小くて読めなかったり」「BGMの音量バランスがおかしかったり」と色々と分かることがあります。

「色の具合も自宅のテレビと会場のプロジェクターではかなり違います」し、「表示される映像の範囲も家庭のテレビと会場のプロジェクターでは異なる」ので、残念な感じの上映になってしまわないように、事前によく確認されると良いかと思います。

会場での試写用に「1-2週間前までにはDVDを渡してください」と言われることが大半です。

お忙しい方には大変かもしれませんが、実際にDVD作成段階で問題が生じることはありえますので・・・、頑張りましょう!

blank

結婚式プロフィールムービーのDVDでよくある失敗例

結婚式プロフィールムービーを自分たちで作るという新郎新婦様の中には、プロフィールムービーの本編となるムービー部分が完成しただけで満足してしまわれている方も少なくありません。

DVD化も実は意外と面倒で、DVD作成段階でもいろいろと問題が発生します。

例えばDVDの作成段階で実際に以下のような失敗が発生します。

  • 書き込みに失敗したりエラーが起きる
    (DVD書き込みドライブとDVD-Rとの相性の問題なども実際に時々起こります)
  • 作成したDVDをDVDプレーヤーが認識してくれない
    (DVDプレーヤーとディスクの相性問題もある)
  • 音飛びやコマ落ちが発生する
  • 画面のゆがみや伸び
  • DVDを挿入しても再生が始まらない

等々、実際にプロフィールムービーのDVDに関連してこういった問題が実際に起こります。

なので、事前の試写と早めのDVD作成がとても大切なんですね。

プロフィールムービーのDVD化はとても大切

プロフィールムービーの動画部分が完成しただけではまだ結婚披露宴会場での上映が確実にできる訳ではありません。

披露宴会場でエラー無くDVDが再生出来て、初めて完成となります。

大半のケースで結婚式を担当してくださるプランナーさんから遅くとも挙式日の1-2週間前までにはDVDを届けてくれるように指示が出ますので、お忙しい中ではありますが是非時間に余裕をもってDVDの完成まで完遂させておきましょう。
新郎新婦吹き出し左側用アイコン

DVDが上手に作れません。ピンチです。

ということで挙式日の数日前に駆け込みで相談される新郎新婦様もおられますので、皆さんの結婚式ではそうならないようにしたいですね。

プロフィールムービーのDVD化を行っておられる新郎新婦様の大半が自分たちで自作されています。

プロフィールムービーの自作を成功させるためには以下の記事の内容をしっかり頭に入れておく必要があります。

関連記事
blank これで完璧!プロフィールムービー自作・作り方の全手順マニュアル 結婚式のプロフィールムービーは自分たちで自作するという方も最近はとても増えてきています。 データによればプロフィールムービーを上映される新郎新婦様の50%以上が自

時間に余裕をもってDVDの完成まで行って、素敵な結婚式を迎えたいですね。

素晴らしい挙式となりますように・・・。

関連する記事

今月の人気トップ8

今すぐ編集できる結婚式ムービーテンプレート

写真やコメントを差し替えてお好みのBGMを加えれば、オリジナルのプロフィールムービーやオープニングムービー、エンドロールを簡単に自作できます。

Comments are closed.

Post Navigation