結婚式のプロフィールムービーを作ることは何とか出来たけど、DVD化が上手くいかないという新郎新婦様も少なくありません。
新郎新婦吹き出し左側用アイコン

完成したmp4データをDVDに書き込んでみたんですが、DVDプレーヤーで再生できないんです。

先生の見解

mp4の動画ファイルをそのままDVDに書き込む方法は間違いですよ。DVD Flickを使ってDVDプレーヤーで再生できるDVDを作成しましょう。

せっかく出力したプロフィールムービーをDVD化で失敗してしまうというのはとても残念ですが、もしかするとDVD Flickを使ってDVD化を行えばまだ間に合うかもしれませんよ?

DVD Flickは無料で利用でき、さらに日本語環境でも使えるとても便利なフリーソフトです。

このページではDVD Flickというフリーソフトを使って結婚式のプロフィールムービーをDVDに書き込んでいく方法についてご紹介しています。

この記事に関連するおすすめ記事

プロフィールムービーをDVD化

DVDを作成する為に必ず必要なのは、DVD作成を担当する専用のオーサリングソフトです。

初心者の方が勘違いしがちなポイントですが、プロフィールムービーとして出力したmp4やMOV、Aviといった動画ファイルをそのままDVD-Rに書き込んだとしても、DVDプレーヤーはDVDのディスクとして認識しません。

DVDディスク内の構造やファイル形式が厳密に決められており、正しい構造で作成したディスクだけをDVDプレーヤーで再生することが出来ます。

DVDの構造を正しく作成するためのソフトがDVDオーサリングソフトです。

プロフィールムービーをDVD化するためにオーサリングソフトは必須ですので、必ずソフトを用意するようにしましょう。

DVDオーサリングソフトが必ず必要

プロフィールムービーをDVDに書き込むためには、DVDオーサリングソフトが必ず必要です。

無料で利用できるオーサリングソフトは少ないのが実情ですが、そのなかでも無料で使えるDVDソフトを以下にいくつかご紹介します。

  • Windows DVD メーカー
    こちらはWindows7まではOSに元々含まれていたフリーで使えるDVD作成用ソフトです。Windows7までのOSを利用中の方はパソコン内を探してみましょう。すでにインストールされていますよ。
  • DVD Flick
    Windows10以降のOSを利用中の方はMicrosoft提供のWindows標準のDVD作成ソフトはありません。そのため、別のソフトを探す必要があります。DVD Flickは英語ですが、日本語訳も可能で比較的使いやすいソフトです。
    日本語化パッチを提供していたサイトから、日本語化されたバージョンのDVDflickも公開されています。インストールするだけですぐに日本語環境で使うこともできるのでおすすめです。https://dvdflick.popup.jp/download
    サイトに入って[Download]ボタンからデータのダウンロードが出来ます。
    blank
  • Burn(macOS)
    mac環境でDVD作成用のフリーソフトをお探しならburnと呼ばれるソフトがお勧めです。無料で結婚披露宴会場で上映できるDVDのディスクを完成させることができます。

DVD Flick でDVDを作成する方法

DVDFlickのインストールと起動が出来たら、出力してあるプロフィールムービーの動画データをDVD Flickに取り込み、DVDの作成を始めていきましょう。

映像ファイルの取り込み

右側にあるメニュー「タイトルを追加」から出力したプロフィールムービーの動画データを指定して取り込みます。

blank

映像ファイルのアスペクト比を設定

結婚式のプロフィールムービー作りではアスペクト比と呼ばれる画面の縦横比の設定もとても大切です。

DVDの画面アスペクト比には16:9と4:3の2つが存在します。

画面比率の設定は取り込んだ動画ファイルをダブルクリックすることで変更できます。

blank

すでに出力してあるプロフィールムービーにはすでに16:9か4:3かのどちらかのアスペクト比が指定されています

プロフィールムービーのアスペクト比と異なる設定にすると、画面が伸びたり縮む原因になります。

プロフィールムービーデータの画面比率と確実に合うように設定しておきましょう。

画面アスペクト比についてよくわからないという方は、以下の記事も参考にしてみましょう。

関連記事
blank 4:3・16:9とは? 画面比率(アスペクト比)の基礎 結婚式プロフィールムービーを自分で作ることにされた新郎新婦様は4:3や16:9といったキーワードを結婚式場やプランナーさんから既に聞いておられるかもしれません。 [huki

自分が作成したプロフィールムービーの画面アスペクト比を見分ける

16:9なのか4:3なのか、自分が作成したプロフィールムービーの画面比率が分からないという方もいるでしょう。

画面アスペクト比の必要性について今初めて知ったという方もおられるかもしれません。

画面アスペクト比は編集開始「前」の段階から事前にしっかり確認と設定が必要な項目で、後から自由自在に変更できるものではありません。

既に手遅れの方(作り直しや大幅な修正が必要となる方)もおられるかもしれませんが、自分の作成したプロフィールムービーが16:9、4:3どちらの比率なのか目安を以下に書いておきます。

  • 16:9は主にHD映像の比率です。1920*1080/1280*720/864*480などの解像度が16:9です
  • 4:3はかつてのアナログ放送時代の画面比率で、横方向が短くなります。
    結婚式会場のスクリーンには4:3のスクリーンも本当にとても多いので、よく確認する必要があります。

blank

メニューは無しが基本

プロフィールムービー用のDVDではメニューは無しが基本です。

メニュー設定から[none]を選択してメニューの無いDVDを作成します。

先生の見解

披露宴で上映するプロフィールムービー用の本番ディスクではメニューなしの設定を指定されることがほとんどですので、メニューは無しでDVDを作成しましょう。

披露宴会場でDVDのメニュー画面を操作していたら演出と進行上で問題になってしまいますよね。

メニュー無しの設定が出来ないDVDオーサリングソフトもありますが、DVD Flickではメニュー無しDVDの作成が可能です。

blank

保存先の指定

DVDデータを作成する為に必要な変換後の一連のデータが格納されるフォルダを指定しておきます。

デフォルトのままでも問題ありませんが後にこのページでもご紹介するISOイメージデータ等の保存先ともなりますので、DVDに焼き付ける関連のデータがどこにあるか保存場所の確認はしておいた方が良いでしょう。

blank

DVDの作成開始と完成

設定が一通りできたら「DVD作成」ボタンをおして変換処理を開始します。

動画データや音声データなどの変換が自動で行われ、DVDプレーヤーが認識できるファイル構造でDVD-Rにデータが書き込まれます。

blank

ISOイメージディスクを活用するとパソコン内で再生チェックが可能です

実際にDVD-Rをドライブに挿入してDVDデータの書き込み作業を行ってDVDプレーヤーで再生を確認するという方法もディスク枚数に余裕があればよい方法です。

しかしパソコン内でDVDの再生確認を行うことも出来ます。

仮想ドライブという言葉はあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、仮想ドライブとISOイメージファイルの組み合わせでDVDの再生チェックがパソコン内で可能です。

DVD-Rの節約の為に出力前にISOイメージでのチェックがおススメです。

ISOイメージでの出力設定

プロジェクト設定から「書込設定」を開き、[ISOイメージを作成する]にチェックを入れておきましょう。

ディスクへの実際の書き込みは行われず、保存場所を指定しておいたのと同じ場所にISOイメージデータが出力されます。

blank

ISOイメージディスクからの再生とディスク作成

ISOイメージデータは「マウント」することで、パソコンのDVDドライブにDVDを挿入したのと同じ意味を持ちます。

パソコン内のDVDプレーヤーでISOイメージディスクファイルからDVDの再生確認を行うことが出来ます。

blank

仮想ドライブを使ってDVDの動作チェックをして動作に問題が無ければ、このISOイメージファイルを「ディスクイメージの書き込み」メニューから書き込むことで、実際のDVDを作成することが出来ます。

blank

再生チェックは披露宴会場で確実に行う

会場での再生の事前確認を怠ると、本番ひどい目に合う可能性が高くなります。

特に安いDVD-Rを利用している方は再生プレーヤーとの相性で音や映像の乱れが生じる可能性が高いので、必ず全編を本番会場のDVDプレーヤーで再生確認されることをお勧めいたします。

初心者の方が見落としがちなセーフゾーンや画面アスペクト比などの設定や認識が間違っていると、会場の試写で画面の一部が切れていたり画面が伸びたり縮んだりという不具合が発生します。

先生の見解

プロフィールムービーの試写を一度行っておけば事故は防げるので、必ず日程に余裕をもってプロフィールムービーをDVDまで完成させておき、披露宴会場で試写を行っておくように注意しましょう。

DVD Flickを使えばプロフィールムービーのDVD化ができる

新郎新婦吹き出し左側用アイコン

結婚式のプロフィールムービーの動画部分が完成したのでもうばっちりです。DVD化も余裕でしょ。

とお考えの新郎新婦様で、ぎりぎりになってDVDの作成に手間取りあたふたとされているケースも実際に目にすることがあります。

DVDの作成段階ではパソコンのエラーやDVDドライブの不良、さらにはDVD-Rの不良やDVDプレーヤーとの相性問題などなど、予期していなかった様々な問題が起きる場合があります。

プロフィールムービーはDVD化と披露宴会場での試写まで確実に完了して初めて完成となるので、後は本番を待つだけという状態になるまで、確実にDVDの作成を完了させておきましょう。

DVD Flickというフリーソフトでプロフィールムービーの上映用DVDは作成できるので、DVDの作り方がわからないという新郎新婦様は、是非こちらの記事を参考にDVD化を成功させてください。

結婚式当日のプロフィールムービー上映が上手くいきますように。

素晴らしい結婚式当日をお迎えくださいね。

 

関連する記事

今月の人気トップ8

今すぐ編集できる結婚式ムービーテンプレート

写真やコメントを差し替えてお好みのBGMを加えれば、オリジナルのプロフィールムービーやオープニングムービー、エンドロールを簡単に自作できます。

Comments are closed.

Post Navigation