• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のプロフィールムービーを作る時、基本形はスライドショーが基本です。しかしスライドショーと一言でいってもデザインテーマや表現方法には色々な種類があります。たてオバ、黒い背景画面に写真を表示していくだけでもスライドショーですが、アルバムをめくりながら写真を紹介していったり、古いフィルムのような質感を加えたり、3次元空間を使って立体的なスライドショーを作ったりと、様々な形があります。

このページではプロフィールムービーで作ることができるスライドショーの基本形と、さらに標準的なスライドショーをグレードアップさせてデザイン要素を入れ込んでいくコツなどをご紹介しています。

プロフィールムービー制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsがおすすめなのは、プロフィールムービーで利用できるテンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させればとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • プロフィールムービー用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

プロフィールムービーのスライドショーサンプル色々

結婚式で上映するプロフィールムービーはスライドショーにして新郎新婦の生い立ちや二人の馴れ初めにしていくというスタイルが最も一般的です。多くの新郎新婦様がプロフィール紹介としてスライドショーを作っていくわけですが、いざ作ってみるとスライドショー全体のデザインや構成にもいろいろな種類があることに気づかれたはずです。

プロフィールムービーでよくあるスライドショーのサンプル例を見ていきましょう。

黒い背景と写真が最も標準的

最も標準的なプロフィールムービー用のスライドショーは、黒い背景の上に写真を表示するというスタイルです。

細かく見ると、全画面で写真を大きく表示したり、写真の輪郭を縁取ったり少しボケを加えるなどして見せる色々なバリエーションがありますが、基本的には黒い背景の上にシンプルに写真を載せていくという点ではほとんど同じです。

単純に全画面で写真を表示するだけなので、作る手間もそれほど多くなく比較的簡単に作ることが出来ます。

しかし写真の輪郭を少しだけぼかしたり、輪郭線を加えたり、写真に影を加えたりといった機能が、編集ソフト側についていないこともしばしばあるので、この黒い背景の上に写真を載せるというシンプルな編集が本当にできるのか、自分が利用するソフトの機能的な限界についても考慮しておく必要がります。

写真を画面全体に表示するというスライドショーの最も基本的なスタイルは、シンプルなプロフィールムービーをお探しの方に今も人気があります。内容がしっかり伝わる点も人気の秘密です。

古いフィルム風に加工したスライドショー

シンプルに写真を表示するだけのスライドショーは避けたいけれども、あまり個性の強いデザインにはしたくないという新郎新婦様には、古いフィルム風のデザインを施したスライドショーも人気があります。

古いフィルム風の質感を加えることで時代を感じさせるデザインに変更できるので、生い立ちを紹介するプロフィールムービーともとても相性がよく人気があります。

黒い画面に写真だけというプロフィールムービーがシンプル過ぎるように感じられる場合には、こういった古いフィルム風のデザインもおススメです。

アルバムの表現を使ったスライドショー

さらにステップアップしていくと、アルバムが開くアニメーションに合わせて写真を紹介していくスタイルのスライドショーも作ることが出来ます。

アルバムスタイルのスライドショーは、アルバムの構造を立体的な空間内で実際にデータとして作ってからそこに動きを合成する形でスライドショーを作っていくので、意外と高度な技術が必要です。

一般的に広く利用されているiMovieやfilmora、ムービーメーカーなどの機能が少な目のソフトではそもそも機能的な限界として作ることが出来ないデザインなので、アルバム風のスライドショーを作りたい場合には立体的な空間を扱ったり、奥行き方向でのアニメーション作成が出来る編集ソフトを選ぶようにしましょう。

タイトル部分だけなど、局所的にアルバムの表現が用いられているテンプレートが動画編集ソフト内部に組み込まれているというケースもあります。タイトル部分だけなら、初心者の方でもテンプレートや動画素材を上手に活用することで、アルバムの表現も作れるかもしれません。

大人かわいいデザインのスライドショー

プロフィールムービーのスライドショーは大人かわいく、デザインをある程度使って表現したい、というご要望をお持ちの新郎新婦様もとても多いです。

プロフィールムービーには色々なデザインを施すことが出来るので、イラストを使ったり、油絵や絵の具などといった質感を取り入れながら全体のデザインを自由に作っていく事も出来ます。

大人かわいいスタイルというのも人気の高いデザインで、派手過ぎず可愛すぎず、さりげない可愛さを取り入れたシンプル目なスライドショーデザインもよく上映されています。

デザイン要素が強くなってくると、新郎様と新婦様との間でも意見が色々と別れてくる点ですのでよく話し合ってコンセプトやデザインテーマを決めておくと良いでしょう。

空間的な表現を使ったスライドショー

空間的で立体的な表現を使ったスライドショーをプロフィールムービーに使いたいというご要望をお持ちの新郎新婦様も多いです。

立体的な表現を使ってスライドショーを作る場合、編集ソフト側に立体的な3次元空間を実際に使って編集できる機能が搭載されているか、疑似的な構造で合っても奥行き方向のデザインに関して調整できる機能が最低限必要になります。

立体的な表現を使うことで空間内に散らばった大量の写真をまとめて見せたりといった、立体空間ならではのダイナミックな表現も作成できるようになります。

フリーソフトではAviutlという動画編集ソフトのカメラ制御機能を使うことで立体表現を作成できますが、カメラ制御の機能は比較的難しい編集に分類されていますので、ソフトを使えばだれでも作れるという訳でもありません。

立体表現の作成はスライドショー作成の中でも比較的難しい部類のジャンルなので、これから立体的なスライドショーを作成することをご検討中という新郎新婦様は、テンプレートの利用を真剣に考えた方が良いかと思います。ゼロからある程度のクオリティのものを作れるようになるまで早くても数か月はかかるかもしれません。

プロフィールムービーはスライドショーが基本系

このページでは色々なスライドショーの形をご紹介させて頂きましたが、お気に入りの参考にできそうなスライドショーは見つかりましたか?

スライドショーのデザインは色々と考えることが出来ますが、それを実現できるソフトウェアが限られてくるという点と、さらにソフトがあったら誰でも作れる訳ではなくある程度の熟練した技術も必要になります。

特に立体的な表現に入っていく場合には、立体空間特有の考え方や見え方に関する理解が必要になるので、結構難しいという点は覚えておくと良いと思います。

このページでご紹介したスライドショーのデザインは全てテンプレート化されて公開されていますので、ご興味のある方は実際にファイルを使って編集してみて内部の構造を見てみると、よりスライドショー作成に関する理解が深まるかと思います。

プロフィールムービーに素敵なスライドショーを作成して、当日の上映が成功するといいですね。

素敵な結婚式をお迎えくださいね。

今月の人気トップ4

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation