• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のプロフィールムービーを自作にするか業者への依頼にするか、迷っておられる方もとても多くおられます。自分で本当に最後まで作ることが出来るのか不安なかたも少なくない事でしょう。このページでは自作と注文のメリットデメリットを比較してご紹介しています。

プロフィールムービー制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsがおすすめなのは、プロフィールムービーで利用できるテンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させればとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • プロフィールムービー用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

料金がお得なのは?

無料~1-2万円程度値段だけで考えると、自作の圧勝でしょうか。
しかし
「ムービーメーカーだけで全くのゼロ円で!」となると、機能的な限界から「複数枚同時表示」や「キラキラの利用」は出来ません。
凝った飾り付けや動きを加えたい場合は、有料ソフトやテンプレートの利用を検討されたほうがおすすめです。
3~25万程度業者に注文する際の料金設定はピンきりです。
結婚式の費用と同様、最初の見積もりに加えて、種々のオプション別料金が加わる事もありますので、当初の予算よりも高くなる事がしばしばあります。事前によく確認を!特定商取引法のページもよく確認して、信頼できる業者かも見極めましょう。

自由度が高いのはどっち?

BGM、枚数自由、動画OK!BGMも枚数も動画も、自分の思い通りに作れるのは1つの大きなメリット!
後は費やせる時間や技術次第・・・?
披露宴で上映する映像の場合はBGMの個人利用の範囲外になりますので、BGMに関する権利許諾処理は個人であっても必要となります。  >>詳細

枚数、BGM、動画、制限あり要望を実現する技術があるのは確かですが、採算が合わなくなる可能性から、様々なアレンジを「出来ないこととしている」という場合もしばしばあります。また、BGMは著作権・原盤権の関係から、こちらも権利処理のために変更不可や別途追加料金となります。

 

簡単なのはどっち?

0から全て自作は難しい「キラキラを合成」「複数の写真を配置」といった比較的簡単な編集であっても、出来るソフトと出来ないソフトが存在し、さらにある程度の知識や技術が「意外と」必要になります。
「セーフゾーンやDVDの構造などの知識が無かった為に上映で失敗した」というケースもしばしば見受けられます。
任せるだけなのでダントツ簡単!写真とコメントを渡したら、後は待つのみ!
文句なしに簡単です。
編集に必要な知識や技術に関して、勉強する必要もありません。

おすすめの作り方は?

テンプレートがおすすめテンプレートなら、キラキラの作成・合成、素材の動き、全体の構成など、「面倒な」編集部分が既に終わっています。だから、簡単にできる「差替える」作業のみで、一定レベル以上の作品を無理なく自作できます。>>テンプレートの使い方はこちら!

ゼロからは大きな手間が手間と作品のクオリティはおおよそ比例関係にあります。短時間で初心者が作れる映像には、やはり限界があります。特にアンケート結果からも使用率が圧倒的に多かった「ムービーメーカー」では、機能的に不可能な面が多く存在します。

今月の人気トップ4

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation