• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のプロフィールムービーはいつ上映するのが良いのか、上映タイミングについて悩んでおられるという新郎新婦様も多くおられます。結婚式全体の流れやテーマはそれぞれの結婚式で違いもあるため、自分たちの結婚式の中ではどのタイミングがもっとも良いのか、考えてしまいますね。一般的には中座中にプロフィールムービーを上映することが多いとされていますが、そのタイミング以外でも上映できる時があります。このぺーじではプロフィールムービーはいつ流すのが最適なのか、上映するタイミングについてご紹介しています。

プロフィールムービー制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsがおすすめなのは、プロフィールムービーで利用できるテンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させればとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • プロフィールムービー用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

結婚披露宴の大まかな流れ

プロフィールムービーの中でプロフィールムービーを上映できるタイミングにはいくつかありますが、結婚式全体の流れを無視することは出来ません。それぞれの結婚式と披露宴で微妙な流れの違いはありますが、概ね以下のようなプログラムになっています。プロフィールムービー以外にもオープニングムービーを上映するのか、エンドロールは上映するのか?なども影響してきますので、目安として考えてください。

  1. 挙式
  2. 挙式と披露宴の待ち時間
  3. 披露宴新郎新婦入場
  4. 主賓挨拶
  5. 乾杯
  6. 歓談
  7. ウェディングケーキ入刀
  8. 中座:標準的な上映タイミング
  9. 歓談
  10. 再入場:再入場の直前も人気の上映タイミング
  11. 余興
  12. 友人スピーチ
  13. 花嫁の手紙:花嫁の手紙の直前は感動させやすい上映タイミング
  14. 両親への花束贈呈
  15. 新郎新婦の退場
  16. ゲストのお見送り

中座中にプロフィールムービーを上映する場合

新婦もしくは新郎と新婦がセットで衣装チェンジ(お色直し)に一度退席するタイミングが中座と呼ばれています。

この新郎新婦が会場からいなくなる時間というのが一般的に15-20分程度はあるので、この新郎新婦が不在の間にプロフィールムービーを上映してしまうというのも、一般的によく選択されるタイミングです。

新郎新婦が不在になったことで会場全体が退屈してしまわないか、間延びしていないかなどを考慮しつつこのタイミングを選ばれる新郎新婦様も少なくないようです。

この中座中での上映の場合新郎新婦がゲストと一緒にプロフィールムービーを見ることが出来ない為、ゲストの反応も見たい、一緒に楽しみたいという新郎新婦様の場合にはこの前後などに少しタイミングをずらす方法もあります。

中座中に上映するメリット
  • 新郎新婦が不在の間の身代わりとして会場を盛り上げてくれます
中座中の上映でのデメリット
  • 新郎新婦がプロフィールムービーをゲストと一緒に見れません
  • 中座の時間はたばこを吸いに会場から出たいゲストや、一時的にトイレに行ったりなどで会場の外に出たい方にとっては貴重な休憩時間でもあります。ゲストの休憩時間というのも配慮が必要です。

再入場の直前に上映が人気のタイミング

新婦だけ、もしくは新郎新婦二人が中座している時間は20分程度ありますが、プロフィールムービー自体の上映時間はおよそ5-8分程度となっています。そのためさらに細かく考えていくと、中座中のどの時間帯に上映するのかというのも1つの考える要素になります。

一般的には中座中の最も最後、つまり再入場の直前にプロフィールムービーを上映することがとても多くなっています。中座時間の前半10-15分程度をゲストのトイレタイムやたばこ休憩に充てることが出来て、ゲストがひとしきり会場に戻ってきている頃でもあるのでゲストにとっても優しい上映タイミングといえるでしょう。

プロフィールムービーを上映するために会場全体が暗転して、ムービーを上映、そのままスポットライトが扉に当たって新郎新婦が再入場してくるという流れが一般的で、披露宴会場の照明演出とのバランスの点でもとても良い流れが完成します。

ゲストと一緒にプロフィールムービーを見たいという新郎新婦様の場合には、先に再入場をしてしまって着席してから司会者にムービー上映を振ってもらってプロフィールムービーをスタートさせるというのも自然な流れでおススメです。

再入場後の余興の一環としてプロフィールムービーを上映するのも人気です。

中座と再入場の近辺は標準的かつバランスの良いタイミングなので、自分たちの結婚式の流れと照らし合わせつつ良いタイミングを見つけてください。

花嫁の手紙の直前にプロフィールムービーを上映する場合

もしプロフィールムービーを使って感動的な演出をしたり、両親への心からの感謝を伝えたいと考えておられるなら、最後の方までプロフィールムービーを温存しておいて花嫁の手紙朗読の直前に上映するというのも1つの選択肢になります。

新婦から両親への感謝の手紙の朗読だけでもかなり感動的な雰囲気に会場が包み込まれますが、プロフィールムービーの上映と組み合わせるとより一層感動的な雰囲気が増すためこのタイミングも人気のタイミングです。

花嫁の手紙朗読は結婚式の終盤部分で行われる演出ですが、このタイミングではゲストもかなりお酒が入っていてさらに余興などでも盛り上がっていることもしばしばです。楽しい雰囲気の所に急に花嫁の手紙朗読をされても、楽しい雰囲気から急変して感動的な雰囲気になることに会場のゲストが付いていけないという事もあります。

プロフィールムービーの5-8分という時間と会場の暗さ、感動的なBGMなどが相まって、花嫁の手紙を読むときにふさわしい感動的な雰囲気を会場に作り出してくれます。

感動的な演出を作り上げたいのであれば、この花嫁の手紙の朗読とタイミングを合わせて上映するのもおススメです。

新婦の手紙朗読の直前での上映のメリット
  • 会場の雰囲気を感動的な雰囲気に替えてくれる
  • 新婦の手紙朗読と合わせて感動的な演出が出来る
新婦の手紙朗読の直前での上映のデメリット
  • プロフィールムービーそのものを余興の時間に余興演出として使うことが出来ない為、ムービー以外の余興をしっかり考えておく(お願いしておく)必要がある

上映のタイミングはテーマ次第

プロフィールムービーの上映タイミングには大きく分けて2つ、中座のタイミングと花嫁の手紙朗読の直前がありました。これら2つの大きな違いは、感動的な演出としたいのかポップで楽しい余興の一環としてのムービーにしたいのかという点です。

  • 感動的な演出にしたい場合には、結婚披露宴終盤の感動演出と合わせてプロフィールムービーを上映するのがおススメです。
  • 余興の一環として他のゲストと一緒にムービーを楽しみたいという場合には中座中や再入場直後の余興の時間にプロフィールムービーを持ってきてもよいでしょう。

自分たちが結婚式そのものやプロフィールムービーをどのようなテーマで見せたいのかでも最適な上映タイミングは変わってきます。是非自分たちらしい結婚式になるように最適なタイミングを見つけてください。

素敵な結婚式になるといいですね・・・。

今月の人気トップ4

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation