• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のプロフィールムービーを作るときには文字の色や大きさにも注意する必要があります。結婚式で上映するプロフィールムービーは披露宴会場のスクリーンに投影して上映するムービーのため、会場の広さとスクリーンまでの距離に応じて文字が読めなかったり見えなかったりするケースがあります。しかし文字の色や大きさにしっかりとこだわってプロフィールムービーを作ると、披露宴会場でも見やすい文字にすることが出来ます。

このページではプロフィールムービーを作るときに注意するべき文字のサイズや色に関してポイントをまとめてご紹介しています。

プロフィールムービー制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsがおすすめなのは、プロフィールムービーで利用できるテンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させればとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • プロフィールムービー用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

プロフィールムービーは文字サイズと色に注意する

結婚式で上映するプロフィールムービーでは、スライドショーに合わせてコメントを挿入して表示するのが一般的です。しかしこのコメントの表示が結婚披露宴会場で見たときに小さすぎて読めなかったり、背景の色と重なってしまって識別しにくくて読めないという事が、実際に良くあります。

プロではなく自分たちで自作したというケースで、文字のサイズと色が原因で読めないという問題がよく起きています。自分たちのプロフィールムービーでは文字のサイズと色の設定が大丈夫か、今一度考えてみましょう。

文字は見えないと意味がない

プロフィールムービーの文字に関して新郎新婦様にとって最も大きな関心がある点は、やはりコメントの内容かもしれません。どんなコメントを考えてそれぞれの写真い添えるべきか色々と考えておられることと思います。

しかしプロとして数千組の映像をチェックさせて頂いた立場から申し上げると、コメントの内容だけでは不十分で大きさや色といった視認性に関係する要素もとても大切です。

大きさや色の設定がおかしくて視認できないケースが自作の場合には本当に多く、披露宴会場で見たときには読めない事が予想されるムービーも多々あります。

どんなに良いコメントでも読めなければ意味はありませんので、多少コメントの文字数を減らしてでも披露宴会場の中でも読めることを意識したコメントの方が優れているといえるかもしれません。

コメントが長くなりすぎるとサイズ的にも時間的にも読めない可能性が高くなりますので、短く簡潔にコメントをまとめるというのは本当に大切な点になります。

文字の大きさと会場での見え方

文字の大きさがどのくらいだと会場でも見やすい文字といえるでしょうか?

会場の広さも、スクリーンの大きさも、画面比率もそれぞれのケースで違いますので、このサイズであれば確実に読めるというサイズの定義は残念ながらありません。

動画編集ソフト内でフォントのサイズをどのサイズに指定するべきかという疑問に関しても、フォントによって見た目のサイズも変わるため、何ピクセル以上のフォントサイズを選べばよいという話も残念ながら出来ません。

しかしおおよその定義として、コメントの文字数を25文字以内程度でまとめつつ、セーフゾーンギリギリまでいっぱいにスペースを使い切るように配置してあげれば、大抵の会場である程度文字を識別することが出来ます。
文字数が30文字を超えてくると、1文字単位のサイズを小さくしなくてはコメントのスペースに入りきらなくなるので、披露宴会場では読めないという問題につながりやすいです。

文字数は少なければ少ないほど1文字を大きく表示できるので20文字程度のコメントを目指して考えていき、多くても30文字以内で収まりきるようにコメントを考えていくと良いでしょう。

文字の色を変える編集

文字が見づらい時、文字の色を変えるというのも文字を見やすくする1つの有効なアイデアです。

文字を読みやすくするために調整できる色に関連した調整には以下のようなパターンがあります。

  • 文字の色を背景の色と大きく変えて見やすくする(背景が黒なら対極の白が最も見やすい)
  • 文字の輪郭線に別の色を加えて2色を使った文字にする
  • 文字の影として色を加えて、文字を浮き立たせるようにして目立たせる
  • 文字の背景にザブトン(帯)を加えて、背景の写真と色を分離させてコメントを見やすくする

これらは文字の色に関連した編集上のテクニックですが、ポップな印象になったり、帯を入れる場合などにはコメント以外の写真の領域が少し隠れてしまうなど、それぞれにデザイン的な特徴があります。

自分が利用する動画編集ソフトではどの編集が出来るのか、という点も関係してくるので、文字の背景に帯を入れることが出来ないという事も編集ソフト次第でよくあります。

文字を単色でそのままポンと配置するだけでは、写真の色と重なって読めなくなる問題に遭遇する可能性が高まりますので、その点は注意しましょう。

披露宴会場で見ることを意識して編集する

家のテレビやパソコンの画面で読むコメントと、プロフィールムービーを上映する披露宴会場のスクリーンでよむコメントとでは、見え方がかなり異なります。

パソコンのモニターやテレビ画面は、画面そのものが発光して表示されているので文字の輪郭もとてもくっきりしていてはっきりと識別できます。
しかし結婚披露宴会場では、プロジェクターを使って数メートルから数十メートル離れた位置からスクリーンに映像を投影する為、テレビやモニターでみるほどくっきりとした見え方にはなりません。

若干ぼやけた印象になる会場もありますので、テレビやモニターで文字をしっかり読めるからといっても、決して安心しないでください。

文字の見え方も含めて、プロフィールムービーの上映を成功させるための最も有効な手段は、披露宴会場で実際に試写してみる事です。

大抵の結婚式でプロフィールムービーはどんなに遅くても挙式の1週間前までの会場に届けるように言われますが、それは試写からの修正の時間を確保する為でもあります。

特に自作の方は、会場で試写しようと思ったらDVDが正しく作れていなくてDVDプレーヤーで再生が出来なかったり、セーフゾーンに関する理解が欠けていたためにスクリーンで見たら文字や写真の1部分が切れてしまっていたりと、(素人にとっては予想外に思える)問題に遭遇することがよくあります。

プロフィールムービーの文字の大きさや色に関する問題も、会場での実際の上映チェックで見定めることが出来ますので、是非とも本番の会場での試写は欠かさずに行われることをお勧めいたします。

プロフィールムービーの文字のサイズと色をよく確認しましょう

プロフィールムービーは文字のサイズと色の関係を間違うと、披露宴会場でコメントが読めない・読みづらいという問題にもつながります。

最近のプロジェクターは解像度や光の量もとても強くなっていて性能が上がっているので、上映機材に関連したトラブルは少なくなってきている傾向がありますが、編集上の文字の問題に関しては編集される方が最後まで責任を持たなくてはいけません。

文字に関する問題を出来るだけ回避するためにも、会場での試写は欠かさずに行うように注意しましょう。

テレビやパソコンでの見え方と、披露宴会場でのスクリーンに投影した時の見え方は少し違うという点は覚えておきましょう。

結婚披露宴会場でも文字がしっかり読める、伝わるプロフィールムービーが完成するといいですね。

素敵な結婚式当日をお迎えください。

今月の人気トップ4

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation