• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式で上映するムービーには入場を演出するオープニングムービーや生い立ちを紹介するプロフィールムービー、余興として皆で見て楽しむ余興ムービーや感謝を伝えるエンドロールなど、色々な種類のムービーがあります。

中でもオープニングムービーとプロフィールムービーの違いがよく分からず、同じようなムービーとしてとらえておられる新郎新婦様も少なくないようです。

どちらも結婚式でよく上映されるムービーなので、これらの違いをはっきりさせておくとこれからムービーを作られる方はすっきり整理が出来るはずです。

このページでは、プロフィールムービーとオープニングムービーの違いについてご紹介しています。

プロフィールムービー制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsがおすすめなのは、プロフィールムービーで利用できるテンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させればとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • プロフィールムービー用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

プロフィールムービーとオープニングムービーの違いは?

結婚式で上映されるムービーとして人気があるオープニングムービーとプロフィールムービーですが、どちらも似たようなムービーととらえておられる新郎新婦様も多いかもしれません。どちらも写真とコメントをメインにして紹介していくスタイルなので、ぱっと見の見た目は確かにとてもよく似ていますね。

しかしプロフィールムービーとオープニングムービーの間には大きな違いがいくつかあります。整理しながら見ていきましょう。

プロフィールムービーとオープニングムービーの違うポイント

プロフィールムービーは結婚披露宴に参加してくださったゲストの方々に、新郎新婦お二人のお人柄を知ってもらう事をメインの目的として上映されます。

遠路はるばる結婚を祝福するために出席してくださるゲストの方々ですが、必ずしも新郎新婦のお二人の事を知っているという訳ではなく、むしろ知らない方の方が多いはずです。

「結婚式に参加してくださってありがとうございます。私たちはこんな二人です」というあいさつ代わりのような意味合いが強いムービーとなっているのが、プロフィールムービーです。(両親への感謝を伝えるなど、感謝の意味合いが強い構成もあります。)
これに対してオープニングムービーというのは、結婚披露宴の入場前に会場全体を盛り上げて、入場を演出するためのムービーです。

オープニングムービーの中ではこれから入場する新郎新婦の簡単なプロフィール紹介が行われたり、入場をアナウンスするメッセージの表示、そして入場までのカウントダウンといったあくまでも入場を意識した構成でムービーが作られていきます。

どちらも写真をメインにしたムービーであるという事には変わりないのですが、目的が異なるのでムービー全体の基本構成が変わっています。

オープニングムービーもプロフィールムービーもどちらも作るという新郎新婦様は、それぞれのムービーの違いをよく意識して作るとムービーを作りやすくなります。

プロフィールムービーとオープニングムービーどちらも上映する?

プロフィールムービーの目的は主にお二人の生い立ちを紹介する事。
そしてオープニングムービーの目的は主に披露宴の開始や入場シーンを演出することでした。

それぞれの特徴を上手に生かす構成で作ることで、2つのムービーを1つの披露宴内で上映することが出来ます。

結婚式の中で上映されるムービーには、オープニングムービーとプロフィールムービー、そして余興で楽しむタイプのムービー、手紙をムービーにしたようなプレゼントムービー、エンディングを演出するエンドロールなど、様々なタイプのムービーがあります。

全てのタイプのムービーを全部上映するという新郎新婦様はかなり稀なケースで、実際にはこれらの中から1-3本程度のムービーを選んで上映されるカップルがほとんどです。

1本だけ上映するケースではプロフィールムービーが選ばれることが多く、その次にオープニングムービーとエンドロールが人気です。プロフィールムービーと組み合わせてオープニングムービーも上映するのか、プロフィールムービーとエンドロールの組み合わせにするのか、ケースバイケースです。

オープニングムービーを使わなくても入場シーンは会場の照明や光と音楽で演出することは可能なので、オープニングムービーを上映しないで他のムービーを選択するというカップルも多いです。

結婚式で余興としてムービーの上映予定がある場合などには、新郎新婦で用意するムービーの本数を少なくする決定をされるケースもあるでしょう。

自分たちの結婚式ではどんなムービーを上映すると全体がうまくまとまるのか、自分たちなりの考えをもって決定されると良いと思います。

上映するタイミングや長さの違い

オープニングムービーは入場前の一コマで上映される為、上映時間は1-2分前後であることが多く、ムービーとしてはとても短い印象を受けます。

オープニングムービーはあくまでも入場や開宴の演出を担当するムービーなので、あくまでもサブ的な要素としての演出色が強いムービーです。

これに対してプロフィールムービーは生い立ちをゆっくり紹介していくムービーなので、6-8分程度のまずまずの長さです。

プロフィールムービーは中座中やその前後で上映されることが多いので、中座中の20分程度の時間内で収まり、尚且つゲストがトイレに立ったり歓談したりする時間を確保できる長さでまとめられます。

それぞれのムービーで目的が異なるので、長さや上映するタイミングにも違いがあります。違いを意識して上手に利用しましょう。

結婚式のムービーは自分たちのスタイルでピックアップする

結婚式で上映されるムービーには色々と種類がありますが、どのムービーを選択して上映するのかは結婚式を挙げられる新郎新婦様お二人の希望で好きに決めることが出来ます。

そもそもプロフィールムービーも含めたムービーの上映を1つもしないという新郎新婦様も数は少ないですが、実際におられますので、ムービーなしという選択であっても何も問題はありません。

プロフィールムービーとオープニングムービーではそれぞれの役割に違いがありましたが、結婚式の構成次第では入場前のタイミングでプロフィールムービーを先に上映してしまうというケースもあります。

上映するタイミングもそれぞれのムービーの使い方も本当にケースバイケースなので、自分たちの結婚式ではどんなムービーの使い方が良いのかをお二人と、そしてプランナーさんとよく相談して決めていきましょう。

ムービー演出はあくまでも演出でメインとなるのは結婚式や披露宴そのものであることを改めて意識してみると、ムービーにそこまでとらわれなくてもよい結婚式が作れるはずです。

素敵な結婚式を挙げてくださいね。

結婚式当日が素晴らしい一日となりますように・・・。

今月の人気トップ4

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation