• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のプロフィールムービーを作るとなった場合、制作を依頼するための方法にはいくつか選択肢があります。結婚式会場にそのままオプションとして依頼したり、プロフィールムービーの専門業者に依頼するというのも1つの選択肢ですが、友人に頼むというのも1つの選択肢になります。このページでは結婚式で上映するプロフィールムービーを友人に頼む場合のポイントや注意点、専門業者に依頼する場合との違いについてご紹介しています。

プロフィールムービー制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsがおすすめなのは、プロフィールムービーで利用できるテンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させればとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • プロフィールムービー用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

プロフィールムービーを友人に頼むという選択肢

プロフィールムービーを依頼して作ってもらおうと考える時、専門業者に依頼したり結婚式会場にお願いしたりと、いくつかの選択肢が出てきます。さらに最近はココナラやメルカリといった個人間でモノや技術を売買できるフォーマットが出来てきているので、全く知らない他人の方にムービー制作を依頼するという事も出来る時代になりました。

プロフィールムービーの依頼先は主に4つあります。

  1. 結婚式会場に依頼する(結局は専門業者に外注となるため、中間マージンも入って最も高額)
  2. 専門業者に直接依頼する(1本3万から5万程度が相場。BGMの許諾申請も出来て確実)
  3. ココナラやメルカリなどで個人に依頼する(1万円前後と安価だが技術レベルにばらつきが大きく素人が多い)
  4. 信頼できる技術を持った友人に依頼する

このページでは4つめの友人に依頼するというケースでのポイントや注意点を見ていきます。

友人に依頼する場合のメリット

友人にプロフィールムービーの制作を依頼する場合にはメリットもいくつかありますが、最も大きいものが以下の3つでしょう。

  • 相談がしやすく色々と要望を伝えられる
  • 安い
  • 友人という立場ならではの視点で作ってもらえる
やはりご友人どうしという間柄なわけなので、なんでも要望を気軽に伝えられるというのは1つの大きなメリットになります。

結婚式会場への依頼や専門業者への依頼の場合だと、細かい要望を伝えづらいという方は友人の方が気軽にお願いできるかもしれません。

ただ、友人との関係があるわけなので、少し気に入らない点が多少あったとしてもクレームのような形の要望はむしろ言いづらいかもしれません。この点はその友人との関係性にもよるところなので、業者へ正式にお金を払って依頼した方が自由に要望を伝えることが出来て良いという方が専門業者への依頼を検討された方が良いかもしれません。

さらには友人への依頼の場合だとお金はいらないよとお祝いとしてプレゼントしてくれるケースも多いので、料金がその分浮くという事もあります。友人ならではの視点で新郎新婦の良いところを引き出したプロフィールムービーを作ってくれる可能性も高くなるので、友人への依頼というのもメリットがあります。

友人に依頼する場合の注意点

ご友人にプロフィールムービーの制作を依頼する場合には、素材やコメントは抜けなくしっかり揃えて渡すことを心がけましょう。

プロフィールムービーをゼロから作り上げていく作業は、積み木を下から順番に積み上げていく作業にとても似ています。積み木の途中の部分を入れ替えたり大きさを変えたりすると全体のバランスに大きく影響してバランスが取れなくなるのと同じで、後から素材が変わったり写真の枚数が変わったりすると、編集作業はとても大変になります。

写真素材とコメントの準備が出来ていなければプロフィールムービー全体が完成することはありませんので、編集を担当してくれる友人の負担を軽くするためにも出来るだけ写真やコメントはしっかりと早めに整理して渡してあげてください。

さらにお礼としてお金をしっかり渡してあげることも1つのポイントとさせてください。

というのも映像制作を本業としている私テンマも、友人からお友達価格や無料でムービー制作を依頼されることがしばしばあります。しかし、ムービー制作にかかる時間というのは素人の方が思っているよりもはるかに膨大なものでして、ゼロからCGやエフェクトをくみ上げていって本格的に作る場合、70時間とか100時間近い作業時間が発生する場合もあります。軽微なものでもプロフィールムービーの場合には細かいチェックが入るので最低でも10時間程度はかかります。

映像制作業務を本業にしている方で、フリーになって稼いでいる方の場合日当5-6万程度で報酬が発生することも珍しくありませんので、その点は多少なり考慮してあげてくださいね。

友人に依頼した場合のお礼の相場

プロフィールムービー制作の外注相場は1万から5万円程度と映像制作の仕事の中でもかなり安い部類の仕事なので、その相場観からするとお礼の金額は2-3万円でも高いと思われるかもしれません。しかしムービー制作を本当にゼロから行っていく時には、数十時間に及ぶ作業時間が発生することも珍しくはないので、もらう側からすると2-3万でも正直安い印象かもしれません。

しかしプロフィールムービー制作の外注のそもそもの相場が5万程度なので、多くても報酬が5万程度までしか行かない事は編集を請け負った方も理解しているはずです。

1万から5万円程度をお礼の範囲として、作業時間がどのくらいの日数だったのかなどを友人に聞いてあげつつ適切な金額を決めていきましょう。

本当に簡単な基本的なスライドショーであれば1-2日程度で終わります。しかし難しいCGや空間表現や合成が必要になってくると1-2週間必要にもなります。

フリーで映像制作を請け負う場合、数日で終わる程度の作業一件でも安くて15万とか、ある程度のボリュームの案件であれば1-2週間で80万とかもそれほど珍しくはない金額です。制作を依頼するその友人がどの程度の領域で働いている方なのかを考慮してあげて、適度なお礼を渡してあげると良いでしょう。

友人に依頼する場合もお互いにマナーを

プロフィールムービーを作ることを依頼するとき、依頼する側は写真選びやコメントの検討などが仕事になります。

プロフィールムービーを制作するご友人の方は編集作業が主な作業になりますが、この編集作業というのは写真やコメントが全てしっかり揃ってからでなければ本格的には着手できません。BGMの雰囲気やテンポに合わせて作っていくクリエイターの場合には、最初に決めていたBGMを後から変更されることでそれまでの作業が無駄になってしまうという事もあります。

なのでどうか友人にプロフィールムービーを依頼する場合には、それぞれが作業する内容についてお互いにしっかりと理解しあって、無駄が生じないようにお互いがするべき仕事をしっかりと果たすようにしましょう。

友人と協力して完成するプロフィールムービーは、きっと思い出に残る素晴らしいムービーになるはずです。

楽しくて思い出に残る良い結婚式が出来ますように・・・。

今月の人気トップ4

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation