結婚式プロフィールムービーに使う写真をデータ化する方法 | 結婚式自作ムービーのNONNOFILM
  • MainMenu Menu

写真のデータ化を忘れていませんか?

結婚式の事前準備というと式場の手配や、招待客の情報をまとめる方面にばかり目をかけてしまいがちです。
生い立ちを紹介するムービーに使う写真をデータ化するのにも、機材が無いと意外と手間がかかりますが、準備は大丈夫ですか?こちらのページではプロフィールビデオに使う写真をデータ化する方法を3つ御紹介しています。

おすすめのフリーダウンロード素材

スポンサーリンク

写真のデータ化は必須

  • 写真をまずデータ化しないとプロフィールビデオが作れません

式の際に利用したい音源の用意の他に、自分たちでデータ管理をしなくてはいけないことの一つが、結婚式プロフィールムービーに使う写真をデータとして用意しておくことです。プロにプロフィールムービーの作成を全て任せるとしても、子供の時から大人になるまでの写真データは自分たちで全て選んで用意する必要があるので、納得のいく仕上がりにしたいと思っている方は写真探しを念入りに行う他に、自宅で写真を取り込んでデータ化する時間をとっておく必要があるのです。

自宅で簡単!複合プリンタを使う

  • プリンタにスキャナ機能がついていればラッキー
  • スキャナ単体でも所有していればラッキー

自宅で写真をデータ化する方法として挙げられるのが、写真を自宅のプリンターを利用してスキャンする方法です。プリンターといってもスキャナー機能がついている複合機タイプを利用する必要がありますが、最近ではスリムな複合機なども登場しているので、比較的多くの家庭で利用されている特徴があります。複合機を利用する場合は、A4サイズまでの写真をスキャナーしてパソコンを利用してデータ管理をするか、複合機に直接メモリーカードを指すことでデータ化する方法の二種類を選ぶことができます。卒業アルバムなど冊子の一部分の写真を取り出したいという部分的な利用をする場合は、スキャナーからパソコンに取り込んでトリミング加工ソフトを利用して、欲しい写真だけ切り出す方法が必要です。ただパソコンを所持していないご家庭の場合は、トリミングができない可能性がありますが最近ではスマートフォンの加工アプリを利用すれば簡単に写真の切り出しを行うことができます。

無ければコンビニでも出来ます

  • コンビニでも出来ます

自宅の複合機を利用する方法以外には、コンビニのマルチコピー機を使う方法があります。用意するのは取り込みをする写真と、取り込んだ写真データを保存する専用のUSBメモリーを別途で用意しておく必要があります。マルチコピー機で読み取った写真データを保存する先にUSBメモリーを指定するだけで簡単にデータ取り込みを行えます。USBメモリーが手元にない場合は、コンビニチェーンによっては専用のアプリをインストールしておけばスマートフォンにデータを保存することも可能です。価格はA3サイズまで一枚30円で利用できるので、自宅に複合機がない場合はコストを抑えてデータ化させることが可能です。家庭用のスキャナーの多くがA4サイズとなっているので、大きめの写真も取り込むことが出来る点は大きなメリットになっています。

スポンサーリンク

写真やさんでもスキャンサービスがあります

  • 写真屋さんでもやってくれます
  • ネットサービスもあります

最後は写真屋に依頼する方法です。大型の家電量販店や街の写真屋さんにて、スキャンサービスを行っている場合が多いので、プロに全て任せたいという方は利用することをおすすめします。一般的な費用は枚数とサイズによって異なり、基本料金+1枚あたりの料金×枚数になります。

この他にも、ネットで写真を送るとスキャンされたデータが帰ってくるといったサービスもあります。自分たちの時間と予算とを考慮して、都合にあったサービスを選びましょう。

人気の無料お試しテンプレートをダウンロード

関連するページ

Comments are closed.

Post Navigation