• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のプロフィールムービーを自作しておられる新郎新婦様の多くがふたりパートの構成やコメント選び、写真の選び方に迷っておられます。新郎新婦のそれぞれの生い立ちを紹介する序盤シーンの構成は、生い立ちを時系列で紹介していく事で無難な構成が可能です。しかしふたりのパートでは二人の出会いについて紹介するのか、ゲストの写真をたくさん使ってゲストも巻き込んだ構成にするのか?色々と悩んでしまいます。このページではプロフィールムービーの中でも特にふたりパートの構成や写真選び、コメントなどに的を絞ってご紹介しています。

プロフィールムービー制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsがおすすめなのは、プロフィールムービーで利用できるテンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させればとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • プロフィールムービー用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

プロフィールムービーふたりパートのコツとポイント

プロフィールムービーの中でも新郎新婦に続いてふたりを紹介するパートというのは構成やテーマ選びに少し頭を悩ませるポイントです。新郎と新婦の生い立ちを紹介するパートは時系列で生い立ちを紹介していくというスタンダードな構成が確立されていますが、ふたりのパートの構成については色々な例があり迷ってしまいます。しかしふたりのパートもある程度基本となるものがあるので、いくかのパターンを例に見ながらふたりパートのコツやポイントについてみていきましょう。

プロフィールムービーふたりパートの構成のコツとポイント

ふたりパートの構成にはいくかパターンがありますが、基本としては新郎新婦のふたりが出会ってから結婚に至るまでの経緯や歩みをデート風景の写真をメインにして紹介していくというパターンがもっともオーソドックスです。二人で出会ってから今日という結婚を迎えるまでの歩みをテーマとして写真が紹介されていきます。

二人の歩みに主眼をあてた構成がほとんどですがそれ以外にも、二人で経験できたこと、二人の共通点、二人の共通の趣味、二人の共通の友人やゲストたち、などなどさらに的を絞って細かいテーマでふたりパートを自作される方もおられます。しかし共通しているのは「二人についての紹介」をメインテーマとしてふたりパートを利用しているという点です。具体的なふたりパートのパターンには以下のようなものがあります。

  • 出会いから現在までを淡々と紹介
  • 相手の好きなところを紹介
  • 共通の趣味から紹介
  • 共通の友人やゲストをベースに紹介
  • ひたすらにデート風景
  • ひたすらに食事風景
  • 結納や顔合わせ等で家族も紹介

中には「二人を紹介するためのパート」として利用せずに、家族や兄弟を紹介するパートとしたり、友人やゲスト、恩師を紹介するためのパートとして活用される新郎新婦様もおられます。最後のパートはふたりの紹介だけにせずとも良いので、色々な写真を盛り込みながら自由に構成してみてください。

  • 家族の紹介
  • 兄弟の紹介
  • 友人やゲストを紹介する
  • 会社の上司や恩師などを紹介するパターン

プロフィールムービーふたりパートの写真選びのコツとポイント

プロフィールムービーのふたりパートでよく利用される写真のコツとポイントについてです。プロフィールムービーのふたりパートでは基本的にはふたりの出会いから結婚に至るまでの歩みを様々な写真を使いながら紹介していきます。二人パートの構成自体に自由の幅がかなりあるので以下に記す通りではありませんが、ふたりパートでよく利用される写真にはこのようなものがあります。

  1. 二人が出会ったきっかけや場所が伝わる写真
  2. ふたりがなぜ親しくなったのかを伝える写真
  3. プロポーズのエピソードが伝わる写真
  4. 結婚式までの準備写真
  5. 前撮りやドレスの試着風景の写真
  6. 顔合わせや結納などで両家と共に写っている写真
  7. 友人たちと交友する新郎新婦
  8. 恩師や上司との写真

ふたりパートの構成として二人の歩み以外にも様々なゲストを紹介するのか、何をテーマとして紹介していくのかで利用するべき写真も変わってきます。エピソードが伝わる写真や、表情や情景が伝わる写真を選ぶと良いでしょう。

プロフィールムービーふたりパートのコメント選びのコツとポイント

ふたりパートで利用されたことがあるコメントの一例をまとめてみました。ふたりのパートの構成やテーマだけではなく、プロフィールムービーそのものにどのようなターゲットが設定されていて、プロフィールムービー全体がどのようなテーマや目的で作られているのかでも最適なコメントは変わってきます。「両親に感謝を伝えて涙してもらいたい」等目的やターゲットがはっきりしているとふたりパートのコメントも考えやすくなります。ここではいくつかのテーマごとにふたりパートで利用されたことがあるコメントを例としてまとめています。

両親への感謝をつづったふたりパートのコメント
  • お父さんお母さんは 私達が目指す理想の夫婦です
  • 彼を連れて初めての挨拶 お父さんも緊張していました
  • 私たちを産んでくれて本当にありがとう
  • 私たちが出会えた幸せを本当に感謝しています
結婚式までの準備期間を題材にしたコメント
  • ドレスの試着 色々着てみました
  • 手作りのブーケ 今日身に着けています
  • 初めての顔合わせ 緊張しました
  • 結婚式上選びも たくさん足を運びました
どこでも使えるコメント
  • これから二人で 幸せな家庭を築いていきます
  • 今日の良き日を迎えられたこと 心から感謝しています
  • 絶対幸せになります

プロフィールムービーのふたりパートは自由度が高い

プロフィールムービーのふたりのパートについては基本となる形はある程度ありますがとりわけ自由度が高く、様々な新郎新婦様でアイデアのあるふたりパートを作成しておられます。二人のパートの基本的な構成やテーマはやはり「二人が出会ってから今までの二人の歩み」になります。しかしこの基本の形にとらわれることなく、自由に構成を考えてみてください。

ふたりパートの構成やテーマがなかなか決まらない新郎新婦様は、「二人が出会ってから今までの二人の歩み」という二人パートの基本をベースにしつつ、友人や家族の紹介を盛り込むのか、恩師や上司といったゲストを交えた紹介をするのかなどを足したり引いたりしながら考えていくと良いかもしれません。

プロフィールムービー全体の流れやテーマが決まっていると、ふたりぱーとの構成やテーマだけではなくより具体的なコメントや写真選びにも大きく影響してきます。新郎新婦様それぞれで意見が割れてしまうときには特に大変ですが、最後には必ずよいプロフィールムービーが完成するはずですので、ふたりパートも頑張って編集しましょう。

素晴らしい結婚式になりますように・・・。

無料素材&テンプレート

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation