• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

プロフィールムービーを作るとき、全体の時間はだいたい何分程度にするのが最適でしょうか?おおよその目安として5-8分程度の時間が一般的であるとされていますが、5分から8分という長さの中にも3分間の幅がありますよね。さらに掘り下げてみると何分ぐらいが最も多く、見やすい時間といえるのでしょうか?

このページではプロフィールムービーの全体の長さとして人気がある6分程度の長さをテーマにして、構成や流れについてをまとめています。

プロフィールムービー制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsがおすすめなのは、プロフィールムービーで利用できるテンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させればとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • プロフィールムービー用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

プロフィールムービーは6分前後がベスト?

プロフィールムービーを自分たちで作られる新郎新婦様は特に全体の時間の長さをどの程度にしたら良いのか迷っておられるかもしれません。プロフィールムービーの長さを決める時には、使用する写真の枚数、写真を表示している秒数、コメントの長さ、BGMの長さや曲数、など色々な要素が大きく関係してきます。6分という時間の長さについて掘り下げてみていきましょう。

プロフィールムービーの平均的な上映時間

プロフィールムービーの平均的な上映時間は5-8分程度もしくは6-8分程度などとされています。専門業者や結婚式会場でも若干の差がありますが、概ね6-7分程度であることが多いです。

6分という上映時間はド平均といったところで、とても標準的で多くの方に支持されている平均的な長さといえるかもしれません。

プロフィールムービーでは新郎と新婦そして二人という3つのパートに区切って写真を紹介していきますが、それぞれのパートで写真を15枚前後使用する場合、1つのパートで2分前後の時間は必要になってきます。

さらに冒頭や締めの部分であいさつの文章を表示したり、各パートが切り替わるときにもタイトルを表示したりといった、文字だけを表示している時間も1分程度あるので、それらとのバランスも考える必要があります。

プロフィールムービーの基本構成

プロフィールムービーでは新郎と新婦そして2人という3つのパートに区切って生い立ちや馴れ初めを紹介していきます。

それぞれの各パート毎に写真は10-20枚程度使用して全体で30-60枚程度の写真枚数になるというのが一般的で、同じ上映時間でも写真の枚数には結構幅があります。

新郎と新婦の生い立ちを紹介する部分では「赤ちゃん>2-3歳の時期>保育園や幼稚園>小学校>中学校>高校>大学>社会人>現在」などの人生の節目となる時期ごとに分けて写真を複数枚ずつ紹介していく流れがもっとも標準的です。

しかし特定の時期の写真が無いという事は実際によく起きる話なので、写真紹介の流れはこの通りには行かない事の方が多いです。特定の時期の写真がないといったケースでは大人になってからの写真を多めにするなどで対応します。

各パート毎に紹介できる写真が10-20枚程度になることが多いので、それぞれの時期の写真を少しずつピックアップしてまとめながら全体のストーリーをくみ上げていきましょう。

6分で紹介できる写真の枚数

6分というごくごく標準的な長さで使える写真の枚数はどのくらいになるでしょうか?

6分という長さの中でも1分弱は冒頭と締めのコメント表示や各パートのタイトル表示などで使われてしまうので、実質スライドショーに割り振れる時間は5分前後です。

5分という時間を3つのパートで区切るとそれぞれのパートが1分40秒程度になります。

この1分40秒から2分程度の時間の中だと、紹介できる写真の枚数はだいたい12-14枚程度が目安です。

しかし写真1枚当たりの表示時間を変更したり、同時に複数枚の写真を表示するなど編集で調整を行う場合には、もっとたくさんの枚数を紹介することも可能です。1つのコメントに対して似たような時期の写真を立て続けにフェードで切り替えて表示するといった表示方法も出来るので、6分のプロフィールムービーで100枚の写真を使うことも出来ます。

表示方法を模索しながら写真の表示枚数を調整していきましょう。

6分の場合BGMは何曲にするか?

6分でプロフィールムービーを作る場合、多くのケースでBGMを何曲で作るべきかという問題が発生します。

というのも日本でリリースされている楽曲の多くが5分前後の長さであることが多いので、6分以上の長さの曲で尚且つプロフィールムービーのBGMとして使いたい曲となると、選択肢がかなり限られてくるためです。

6分構成でプロフィールムービーを作る場合には、新郎新婦と馴れ初めパートなど2つの構成に区切ってBGMを切り替えるなどすると、BGMの長さにそれほど影響されずにプロフィールムービー全体を構成することが出来ます。

プロフィールムービーでは3つのパートから出来ているという構成上、最大で3曲まで曲を利用する事が出来ますが、2曲で構成するというのもとても人気があります。

6分台のプロフィールムービーでBGMの長さが問題になる場合には、曲数を2曲に増やして対応しましょう。

6分台はとても平均的な長さ

プロフィールムービーの長さとして6分という時間はとても平均的で、多くの方に指示されている安定した長さです。

専門業者が作るプロフィールムービーの多くもこの6分程度の長さであることが多くなっていますので、これからプロフィールムービーを作るという新郎新婦様はこの6分という時間を1つの目安にしてみると良いかもしれません。

一般的には5-8分程度の長さであればOKと言われていますので、ひとまず6分を目指して作ると自然と平均的な長さのムービーが作れるはずです。

時間の配分や写真枚数を決めていくのは少し面倒な作業にはなりますが、是非頑張って素敵なプロフィールムービーを完成させてくださいね。

素敵な結婚式当日をお迎えください。

今月の人気トップ4

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation