結婚式の披露宴で一番盛り上がる瞬間のひとつ、それが新郎新婦のプロフィールムービー。でも、どんなコメントを選んだらゲストに喜んでもらえるのか、悩んでいませんか?この記事では、新郎新婦の幼少期から学生時代、職業に関するエピソード、出会いや交際・結婚生活のエピソードなど、さまざまなジャンルから面白くて楽しいコメントを紹介します。

失敗談やハプニング、個性的な趣味など、笑いや共感を誘うコメントを取り入れることで、ゲストも一緒に楽しむことができるプロフィールムービーが完成します。これらのコメントを参考に、自分たちのストーリーを伝える楽しいプロフィールムービーを作成し、最高の披露宴を演出しましょう。さあ、新郎新婦の素敵なエピソードでゲストを笑顔にするためのアイデアが詰まった記事を読み進めてください。

新郎新婦吹き出し左側用アイコン

どんなコメントを入れたら、ゲストに楽しんでもらえるのかな?

先生の見解

コメントは、失敗談やハプニング、個性的な趣味など、笑いや共感を誘うものを選ぶと笑いを取りやすいですよ!

この記事に関連するおすすめ記事

幼少期のエピソード

「新郎の初恋は幼稚園の先生だったらしい…先生好きは小さいころから!」

「新婦の幼稚園時代、プリンを食べるのが大好きで、おやつタイムにはいつもプリンを持ってきていたそう。」

「新郎が幼い頃、お姉さんのメイク道具で遊び、顔をピカピカにして登園してしまったエピソードがあります。」

「新婦が小学生の頃、好きな男の子にバレンタインチョコを渡すために、自分のポケットに入れて持っていたら、溶けてしまったらしい。」

「新郎が小学校の運動会でリレーのアンカーを任された時、全力で走り抜けたものの、ゴールテープを切るのを忘れてそのまま走り続けたことがある。」

「新婦は小学校の頃、どうしても欲しい絵本のためにお小遣いを貯める練習をしていたが、途中でお菓子に使ってしまったらしい。」

「新郎は幼少期、おもちゃの電車が大好きで、寝る時も一緒に持っていかないと泣いていたそうです。」

「新婦は幼いころ、お姫様になりたいと言って、毎日お城の絵を描いていたことがあるそうです。」

「新郎が小さい頃、家族旅行で迷子になり、泣きながら探し回った結果、お土産屋さんでお菓子をもらっていたことがある。」

「新婦は幼少期、知らないおじさんに間違われて「お母さん」と呼んでしまい、家族と一緒に大笑いしたことがあるそうです。」

「新郎が幼いころ、宇宙飛行士に憧れて、家族に「月に行ってきます」と言って、玄関先で宇宙飛行士ごっこをしていたそうです。」

「新婦は小学校の遠足で、自分のリュックを間違えて持って帰り、家に帰ってから気づいて大慌てしたことがあるそうです。」

「新郎は幼少期、動物園に行くといつもお猿さんに夢中になって、家族に引き離されるまでずっと見つめていたことがある。」

「新婦は子供の頃、遊園地のジェットコースターに乗るのが怖くて泣いていたが、結局勇気を出して乗ってみたら大好きになったそうです。」

学生時代のエピソード

「新郎が高校時代、先生に怒られるのを避けるために、無理やり自分の髪を黒く染め直したら、逆に怒られたそうです。」

「新婦は中学時代、一度だけ友達と学校をサボってカラオケに行ったが、結局罪悪感に耐えきれず、次の日に先生に自分で報告してしまったそうです。」

「新郎は高校の文化祭で、なんと男装して女子にしか出られないミスコンに応募し、入賞してしまったことがあるらしい。」

「新婦は高校時代、バレーボール部に所属していたが、練習中に鼻血が出るほどボールを顔に当てられた経験があるそうです。」

「新郎が学生時代、恋愛ドラマの影響で告白のシーンを再現しようとしたら、逆にフラれてしまったことがある。」

「新婦は大学時代、寝坊して試験に遅刻しそうになったとき、なんとバスの運転手さんに助けてもらって間に合わせたことがあるそうです。」

趣味・特技

「新郎は意外にも折り紙が得意で、一度お酒の席でほろ酔い状態でクレーンを折ってみせたことがある。」

「新婦はカラオケの十八番がアニメソングで、知らない人には意外な一面を持っているそうです。」

「新郎がダンスにハマっていた時期があり、友人たちとストリートダンスの練習に励んでいたことがある。」

「新婦は料理が得意で、一度だけ料理教室で先生に褒められて、周りからうらやましがられたことがあるそうです。」

「新郎は異国の料理に興味があり、一時期タイ料理にハマって自宅で作り続け、家族には「もうタイ料理はいい」と言われたことがあるそうです。」

「新婦は水泳が得意で、友達とプールに行くと必ず誰かに競泳対決を挑まれるのが恒例になっているそう。」

仕事・職業に関するエピソード

「新郎は仕事でプレゼンを行う際、緊張しすぎて一度だけ上司の名前を間違えて呼んでしまったことがある。」

「新婦が新人の頃、お客様からの電話対応中にうっかり寝言を言ってしまい、後日そのお客様から笑い話として話されたことがあるそうです。」

「新郎が会社の忘年会で、上司に無茶振りされて一発ギャグを披露したら、以降そのギャグをやらされることになってしまった。」

「新婦は会社の新年会で、初対面の同僚とカラオケ対決をして和気あいあいとした雰囲気を作り出したことがあるそうです。」

「新郎は仕事で海外出張に行った際、現地の言葉を覚えようとしたら、うっかり現地の人に間違った言葉を使ってしまい、笑われたことがある。」

「新婦は仕事で初めての大きなプロジェクトを任されたとき、緊張しすぎて一晩中眠れず、翌日は大量のコーヒーで乗り切ったそうです。」

出会い・交際・結婚生活のエピソード

「新郎新婦が初デートで行った映画館で、二人とも映画の内容を覚えていないほど緊張していたそうです。」

「新婦が新郎に告白されたとき、驚きすぎて逆に新郎に「本気?」と聞いてしまったことがあるそう。」

「新郎は新婦との初めてのクリスマスデートで、サプライズプレゼントのためにひたすらプレゼントを隠そうと奮闘したことがある。」

「新婦は新郎と初めて遠出デートをした際、電車で寝過ごし、二人で大笑いしながら降りた駅で観光を楽しんだそうです。」

「新郎が新婦にプロポーズするために、二人で行ったことのある思い出の場所にサプライズで連れて行き、プロポーズに成功した。」

「新婦は新郎と一緒に旅行に行った際、お土産に選んだ珍しいお菓子が実は二人とも苦手だったことが判明し、笑い話になったそうです。」

結婚生活

「新郎は新婦に料理を振る舞った際、うっかり塩を砂糖と間違えて使ってしまい、二人で大笑いしたことがある。」

「新婦が新郎のために用意したサプライズケーキが、うっかり逆さまになってしまい、二人で笑いながら食べたそうです。」

「新郎が新婦にプレゼントしたはずの指輪を、なんと自分の指にはめてしまって、二人で笑いながら外したことがある。」

「新婦は新郎と初めて一緒にお風呂に入ろうとした際、ドアを開けるタイミングを逃し、結局別々に入ってしまったそうです。」

「新郎が新婦に花束を贈ろうとしたが、花屋で迷いすぎて結局、新婦が選んだ花束をプレゼントしたことがある。」

「新婦が新郎と一緒に買い物に行った際、買い物カートを押すのを争って結局二人で押しながら歩いたことがあるそうです。」

まとめ

プロフィールムービーで新郎新婦の生い立ちや人柄を楽しく面白く伝えることが、披露宴の雰囲気を盛り上げるポイントです。幼少期から学生時代、職業に関するエピソード、そして出会いや交際・結婚生活のエピソードなど、さまざまなジャンルから面白いコメントをピックアップし、ゲストに笑顔を届けましょう。今回紹介したコメント例を参考に、自分たちのストーリーをゲストに伝える楽しいプロフィールムービーを作成して、最高の披露宴を演出してください。

Q&A

Q1: どのようなコメントが面白くて楽しいと感じられるのでしょうか?

A1: 面白くて楽しいコメントは、失敗談やハプニング、予想外の出来事など、聞いている人が笑ったり共感できるような内容が良いでしょう。また、新郎新婦の個性や人柄が伝わるエピソードも、ゲストに好感を持ってもらえます。

Q2: ムービーの長さはどの程度が適切ですか?

A2: プロフィールムービーの長さは、短すぎず長すぎない5分から10分程度が適切です。ゲストが飽きずに楽しめる程度の長さにし、エピソードを分かりやすく編集することが大切です。

Q3: 面白いコメントを入れすぎると、真面目さが足りなくなることはありますか?

A3: 面白いコメントを多く入れることで、全体の雰囲気が楽しくなりますが、適度なバランスが大切です。真面目なエピソードも織り交ぜることで、新郎新婦の人柄をより深く伝えることができます。

関連する記事

今月の人気トップ8

今すぐ編集できる結婚式ムービーテンプレート

写真やコメントを差し替えてお好みのBGMを加えれば、オリジナルのプロフィールムービーやオープニングムービー、エンドロールを簡単に自作できます。

Comments are closed.

Post Navigation