プロフィールムービーに使うBGM選びはとても楽しい反面、決めきれずによく迷うポイントの一つです。特に結婚式の主役とも言える花嫁、新婦さんの方がこのプロフィールムービーの曲に関してはよく時間をかけて考える方が多いように経験上感じています。このページでは新婦パートでよく使われる、または利用しやすい曲をいくつかピックアップしてまとめてご紹介しています。結婚というテーマによく合い、尚且つプロフィールムービーの新婦のパートをより一層引き立ててくれる理想的な曲が見つかるといいですね。

西野カナ トリセツ

私の取扱説明書というテーマで可愛らしい歌詞が印象的な西野カナさんの「トリセツ」もお勧めです。女の子らしい考え方や性格を綴ったストレートで正直な歌なので、女性は特に共感がしやすい歌詞です。こちらの曲をプロフィールムービーの新婦パートで利用するとなると、歌詞が結構はっきりと頭に入ってくる楽曲ではあるので、歌詞と新婦さん自身の生い立ちや性格がごちゃごちゃになってしまわないように、ある程度「トリセツ」の歌詞と性格が似ている方が使いやすいかもしれません。歌詞なしやオルゴールといった選択肢もあります。

ここでちょっとだけ!NONNOFILMのおすすめコンテンツをご紹介させてください。

写真とコメントやBGMを自由に差し替えてオリジナル作品を作ることが出来ます。利用する編集ソフトは無料体験版だけでもムービーを最後まで制限なく完成させることができます。結婚式のムービーを作るためだけに利用するならとても賢い選択肢です。まだ試していないならもったいないかも。

AI ママへ

ママへの感謝を「産んでくれてありがとう」「本当に感謝しているよ」とストレートな歌詞で歌った曲です。AIの力強く伸びやかな歌声がプロフィールムービーの新婦パートとマッチすると、本当に鳥肌が立つような作品に仕上がります。お母さんに心からの感謝を伝えるビデオにしたい新婦さんにはとてもオススメです。

あの・・・パパは?って寂しい気持ちに父親がならないように配慮する必要がありそうなら、少し考えましょうかね・・・。

にじいろ / 絢香

これから始まる二人の人生の幸せな物語を感じさせる絢香のにじいろです。 絢香の透き通って繊細だけどるけど力強いという本当に魅力的な歌声は、ゲストの心を引き込むこと間違いなしです。プロフィールムービーの新婦パートだけでなく二人を紹介するパートでも使いやすい楽曲です。

笑顔 / いきものがかり

相手の事を思う優しい気持ちが歌われる幸せであたたかな気持ちになれる楽曲です。新婦パートではあるけど、新郎の事を想いながらみることが出来る暖かい愛を感じるプロフィールムービーに仕上がりそうです。新郎パートでも新婦への愛や感謝をテーマとして合わせれば、相思相愛な関係性みたいなものを楽曲でも表現できそうですね。

明日への扉 / I WiSH

これから始まる二人の明るい未来をテーマにしたプロフィールムービーなら、この曲がとてもお勧めです。新郎という一人の男性に出会って、決意をして、誓いの言葉をたててこれから共に歩んでいく。そんな新婦の新しい人生のスタートに歌詞がぴったり合います。とてもヒットした楽曲で、結婚式においてはプロフィールムービー以外の部分でもよく利用される定番曲です。

輝く月のように / Superfly

人を愛することで本当に私たちは成長して輝いていくんですよねきっと。とても前向きで強い決意を感じさせる楽曲です。「輝く月のように」は愛を知って成長して輝いていくぞという決意を感じさせてくれて、プロフィールムービーの新婦のパートをより確信的にしてくれます。

Superfly / 愛を込めて花束を

こちらもSuperflyの楽曲で「愛を込めて花束を」です。ゲストへの感謝とか、家族への感謝、新郎やそのご家族への感謝などなど色々な方への感謝をテーマにした新婦のパートにしたいという方にはとてもオススメです。もちろん感謝推しのテーマではなくても、オーソドックスな生い立ち紹介にもとてもよく合います。こちらもオススメです。

関連するページ

結婚式のプロフィールムービーでは新郎・新婦・二人、と3つのパートに区切ってスライドショーを作成していくのが王道のスタイルとしてよく利用されています。プロフィールムービー全体を1曲で…

明るく面白い結婚式におすすめしたいBGM 結婚式のプロフィールムービーは面白いものを作りたいと考えている人はたくさんいます。ふたりの生い立ちから出会い、そして結婚にいたるまでを描い…

プロフィールビデオでおすすめの感動的なBGM 結婚式の時にはさまざまな曲が流れます。その中でも新郎新婦たちの生い立ちをプロフィールムービーで流す時にかかるBGM選びはすごく慎重にな…

結婚式で上映するプロフィールムービーでは曲選びもとても大切です。同じ映像表現でもどのような曲を添えるかによって印象がガラリと変わってきます。時代時代の流行ものから、時代を超えてずー…

Comments are closed.

Post Navigation