• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のプロフィールムービーをイラスト風のタッチで作るというのも人気の表現の1つです。イラストを使ったプロフィールムービーの場合、イラストを実際に描いてアニメーションさせるという方法や、イラスト風に写真を加工してスケッチされているかのような雰囲気で書くアイデア、さらには写真は普通に見せておいて手書きのイラストだけをデザインとして入れ込むといったいくつかのアイデアがあります。このページではイラストを用いたプロフィールムービーの作例を作り方の参考アイデアとしてご紹介しています。

プロフィールムービー制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsがおすすめなのは、プロフィールムービーで利用できるテンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させればとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • プロフィールムービー用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

イラスト風のプロフィールムービーを作るアイデア

プロフィールムービーをイラスト風の質感で作りたいというご要望をお持ちの新郎新婦様も多くおられます。ただ単に写真をスライドショーとして見せていくよりも、イラストをアニメーションさせて見せる手法はデザインや構成もとても個性的でユニークな表現になります。しかしなかなか初心者の方がイラストとアニメーションを使ったプロフィールムービーをゼロから作るとなると敷居が高いために躊躇されてしまう方もおられるかもしれません。実際に、通常のスライドショーに比べて難易度はかなり上がります。

しかし工夫をすると出来るだけ少ない手間で実現可能なイラスト風のプロフィールムービーの表現がありますので、いくつかのイラストを使うアイデアを見ていきましょう。

写真をイラスト風に加工する方法

イラストを活用するプロフィールムービーを作るためのアイデアはいくつかありますが、写真そのものをイラスト風の質感に変換してしまうというエフェクトを活用する作り方もあります。

元々ある写真の輪郭線を抽出して、ペンで描いたような筆跡風の表現を多用することで写真をイラストのような質感に変換することも出来ます。

通常の写真をイラスト風の写真に変換することが出来るアプリやソフトもありますので、それらを用いて写真をイラスト風に先に変換しておいてからプロフィールムービーの中で利用するというのも、一つのアイデアです。

しかし単純にイラスト風のタッチになった写真だけではムービーとしての面白さが欠けているので、写真が徐々にイラスト風に変わっていったり、もしくはイラストを描いた後にそれが写真に変わったりと、元々ある原版の写真とイラスト風の写真をうまくミックスさせた見せ方を編集で行うと、自然な形でイラストをプロフィールムービーに取り込むことが出来ます。

写真を読み込んで置き換えるだけで自動的に写真をイラスト風の質感に変換してくれるプロフィールムービーのファイルもありますので、それらを活用するというのも1つの簡単な作り方です。

手書きのアニメーションイラストを追加する方法

手書きのイラストをスマホやタブレットで描いて、もしくは編集ソフト上で描いてプロフィールムービーの中に入れ込むというのもアイデアの1つです。

写真そのものをイラストタッチしてしまうというのは手間とそれなりの技術が必要になるため、写真は一切加工せずにそのまわりに自然な形でイラストで作ったデザインを入れこむことも出来ます。黒板にイラストを描くなど、イラストをそのままデザインとして活用するのも良いアイデアです。

最近はスマホやタブレットに手書きでもイラストを描くことが出来、さらにそれらをアニメーションさせて動画データとしてパソコンでさらに活用することも出来ます。プロフィールムービーを作っている動画編集ソフト内に動くイラストを取り込んで重ねることで、イラストを多用したプロフィールムービーのデザインを作ることも出来ます。

バスケットボール部であったことを紹介する写真のシーンにバスケットボールの簡単なイラストを添えてみたり、手書きのハートマークや感情を表すようなビックリマークなどは、自分で簡単にイラストを描くことが出来ます。プリクラやスマホの写真にペンでイラストを描くような形でイラストをたくさん追加することで、より自分たちらしいプロフィールムービーを作ることも出来ます。

イラストを描いた後に簡単にアニメーションさせることが出来るファイルなどもあるので、是非活用してみてください。

イラストを実際に書いてアニメーションさせる方法

イラストを実際に描いてアニメーションさせるという作り方も出来ます。しかしこの方法は最も難易度が高く、ある程度上手なイラストを何枚も描くことが出来るか、描いたイラストをアニメーションさせることが出来るスキルと手間が必要になります。

アニメーションはパラパラ漫画と原理は同じですので、動くイラストアニメーションでプロフィールムービーを構成したい場合には、動いているように見えるようにたくさんのイラストを1コマ1コマ描いていく必要があります。

この辺りの作業は最近ではipadなどのタブレット端末で扱いやすいアプリが色々と出てきていますので、見本となる写真を背景に置きながらタブレットに手書きでイラストを描いていくという作り方でも、作ることが出来ます。タブレット端末が既に手元にあって、イラストをある程度描けるようであれば、手書きで1コマずつイラストを描いていくという手法も1つの選択肢になります。

このほかに、1枚のイラストを動かしてアニメーションさせるという方法もあります。

イラストを描いた後に、手足や首といったパーツ単位で動かせるようにリグとよばれる骨格のような仕組みを作ることが出来れば、イラストを自由に動かすことが出来るようになります。ご興味のある方はパペットやリギングというキーワードで調べてみると実際の作り方を調べることも出来ます。

ただ、リグを組んで動かすアニメーション手法が自分で作れるレベルというと映像関係の仕事も少しこなせる程度のレベルで、技術者としてのレベルもある程度高いものが求められます。自分で本当に作るべきなのか、勉強時間と作業時間についてしっかり考慮する必要があると思います。

イラストを使ったプロフィールムービーで個性豊かな表現を

プロフィールムービーにイラストを利用すれば、個性的でとてもユニークな表現を作ることが出来ます。ただ、一言にイラストと言っても、このページでいくつかご紹介したように写真そのものを加工するのか、イラストを実際に描いてアニメーションさせるのか、アニメーションさせるとしてもどのような手法を用いてアニメーションを作るのかなどで実際の作り方は色々と変わってきます。

自分たちのプロフィールムービーでイラストを使いたい場合には、どのようなイラストの使い方をしたいのかで自分である程度チャレンジしてみるべきなのか、業者に依頼するべきなのかなどを判断されるとよいと思います。

何はともあれ、イラストを使った素敵なプロフィールムービーが作れるといいですね。

素敵な結婚式をお迎えください。

今月の人気トップ4

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation