• HOME HOME
  • pc PCView
  • MyPage MyPage
  • cart Cart
  • CategoeyMenu Category
  • MainMenu Menu

結婚式のエンドロールに最適な名簿の順番を考えます

近年結婚式の演出の一つとしてよく取り入れられるようになったのが、新郎新婦が会場を出る時に流すエンドロールです。式の最後の締めくくりであり、重要な存在です。友人や同僚、親戚などお世話になっているゲストの名前と映像を流すことが定番ですが、その際に頭を悩ませることになるのが、ゲストの名前の順番ではないでしょうか。

おすすめのフリーダウンロード素材

エンドロールの順番の選択肢

順番としては以下のような選択肢があります。

  • 席次表の順番と同じように、主賓から順に紹介していく方法
  • 五十音で紹介する方法
  • 席次表と五十音順の両方を取り入れる方法

新郎と新婦を別々に紹介する方法と、新郎新婦を合わせて紹介する方法がありますが、別々に紹介する時には、どの場合でも基本としてまずは、新郎側のゲストから流し、その後に新婦側のゲストを流すようにしましょう。席次表の順番と同じようにするのが、昔ながらの方法といえます。

グループ毎に区切って考える

ゲストのトータル人数に関わらず、席次表を決めた時のようにグループを分けをすることで、順を決めやすくなります。グループとしては、来賓グループと職場関係グループ、友人グループと親戚グループ、そして家族グループに分けるのが基本です。来賓から始まり会社関係、その後は友人、そして親戚にし、最後に家族というグループ順にしましょう。

来賓職場関係グループ

来賓は当然ですが主賓を最初に並べるようにしましょう。祝辞をいただいた人や恩師などもここにいれます。カジュアルな結婚式以外では、主賓に関しては肩書を記載して流すことも忘れてはいけません。来賓の次には職場関係の人を紹介しましょう。立場が良く分かる書き方で、目上の人から順に並べることになります。このとき気をつけなくてはならないのが、ゲストに取引先の人など自分の会社以外の人がいる場合です。この時には、会社の上司ではなく取引先から紹介するようにしておくようにしなければなりません。

友人関係グループ

次に紹介するのは友人関係です。友人関係は、特に順に決まりがあるわけではありません。しかし友人関係に序列をつけられていると感じさせてしまうと、後々の関係にヒビが入るので、大学や高校、中学校の同級生など各グループに分けて、五十音順に紹介する方法が無難といえます。

親戚家族グループ

次に親族の紹介で、最後に自分たちの家族を紹介しましょう。席次表の順と同じようにするというこの方法は、きちんとした印象を与えることができ、しっかりとした式にしたいという人におすすめの方法ともいえます。

五十音順でもOK

近年主流になりつつあるのは、五十音でゲストに差をつけず紹介するパターンです。最近の結婚式エンドロールで増えてきており、参列してくれたゲストを平等に分かりやすく紹介することができます。この方法ならば、順で頭を悩ませることもありません。取引先や遠縁の親戚が多数参加する場合などでも、この方法なら悩む必要がなくなります。どの方法で紹介していく場合にも、名前の漢字間違えをしたり役職の間違えなどのミスがないように、しっかり確認しておくようにしましょう。

人気の無料お試しテンプレートをダウンロード

関連するページ

Comments are closed.

Post Navigation