• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式に呼ばれてこれから出席する予定という男性ゲストの皆さんが抱える大きな悩みの1つが、服装です。スーツをとりあえず着ておけばOKと簡単に考えるなかれ。NGとされる服装もありますので服装選びには気を付けましょう。

このページでは結婚式に参加する男性が避けたいコーデをピックアップしてご紹介しています。

結婚式で避けたい男性側の服装NG集

友人の結婚式に参加するように招待状をもらった男性諸君の皆様は、きっとどんな服で行くべきか迷っているはずです。仕事で普段から使っているスーツがあるから安心!と考えているようでは、まだまだ甘いみたいですよ。結婚式特有のマナーやしきたりを考慮して、結婚式に相応しいスマートな着こなしをしましょう。

結婚式で避けたい服装NG集を5つピックアップしてご紹介しています。

まず基本のスタイルはこんなイメージ

結婚式で理想的な基本のスタイルの一つは写真のような服装です。

黒やグレー系のスーツに通常のネクタイや蝶ネクタイを合わせるスタイルが新郎新婦の身に着ける白色を引き立てる、結婚式に相応しい服装とされています。ポケットにハンカチなどをさりげなく飾るだけでも結婚式らしい印象を強めることが出来ます。

新郎と間違えられる白スーツはNG

白という色は結婚式の主役となる新郎と新婦がメインで身に着ける色なので、白を着て結婚式にゲストとして参加するのはもちろんNGです。

黒やグレーなどの暗めの色のタキシードを着る新郎様もおられますが、白を選ばれる場合も少なくありません。

主役を引き立てる役回り、主役たちを祝福するために出席しているという役回りであることをしっかりと認識して、新郎新婦と同じ色の白は避けるようにしましょう。

黒かグレーが基本です。

黒スーツに黒ネクタイはお葬式スタイル

黒スーツに黒ネクタイはお葬式のスタイルです。もちろんスーツのスタイルとして黒のスーツに黒っぽいネクタイを合わせるというスタイリングは、通常であればオシャレに着こなすことも出来ます。

しかし結婚式では縁起を重んじる方もとても多いので、お葬式を連想させるようなダークなカラーの組み合わせは出来るだけ避けるようにしましょう。

黒スーツ自体は結婚式で着られることの多い色なので、全く問題ありません。

黒スーツと黒ネクタイだけは避けておきましょう。

ネクタイの色を白とかピンクとか少し華やかでお祝いムードのある色に変えるだけなので、それほど難しくはないかもしれませんね。

派手な色や珍しい柄ものは避けたい

暗すぎるお葬式のようなコーデもあまり良くありませんが、逆に派手過ぎて目立ってしまうようなスーツスタイルもNGです。

派手に着飾って目立つ権利は、結婚式の当日くらいは新郎新婦だけの為に取っておきましょうよ。

ヒョウ柄とかカラーの目立つチェック柄などのスーツスタイルも目立ちすぎてNGです。

少し離れてみるとグレーや黒にしか見えないような、控えめなチェック柄やストライプなどは問題ではありませんので、柄の入ったスーツを選びたい時には出来るだけ控えめなカラーと柄を意識するようにしましょう。

会社から直行ビジネスマンスタイル

結婚式に参加する時は基本的にビジネススーツでの参加が多いかと思います。

ビジネススーツでの結婚式参加は全く悪いものではありませんが、その着こなし方が問題になることもしばしばあります。

会社通いで少しくたびれている普段から使っている靴、何度もハードに利用して少しほつれてきているカバンなど、会社で普段使っている小物を合わせてしまうと、いかにも会社から今直行しました、的な印象になりがちです。

会社で普段使っているネクタイや靴やバックを少しオシャレなものに変えるだけでも十分結婚式スタイルを作ることが出来ますよ。

カジュアルすぎるスタイル

結婚式ではフォーマルなスタイルが一般的ですが、もっとラフでカジュアルな楽なスタイルで参加したいというゲストさんもおられるはずです。

クールビズなどのノーネクタイスタイルに慣れているゲストさんであれば、ネクタイ無しのカジュアルスタイルでの参加でも良いのでは?とお考えかもしれません。

ボタンダウンシャツや太めのベルト、カギをぶら下げるチェーンなど、人によってはカジュアルなアイテムを取り入れているケースもありますが、これらも基本的にはフォーマルの枠からは外れるものです。

結婚式という場の格式や品位を保つのにふさわしい程度に、カジュアルすぎるスタイルは避けるようにしましょう。

まとめ

結婚式にお呼ばれすると、服装選びに本当に迷いますよね。

結婚式といえば白いタキシードだと連想して白いスーツを間違ってきてしまうというゲストさんはほとんどいないと思いますが、新郎より目立ってしまったり新郎と間違われてしまう最悪なパターンにならないように気を付けましょう。

黒スーツと黒ネクタイといったお葬式スタイルも、逆に派手派手で目立ってしまう奇抜なスタイルも、結婚式にはふさわしくありません。

キャラクターものの小物やくたびれた靴やカバンといった普段使いのものから少しグレードアップして、フォーマルで落ち着いた雰囲気を心がけるようにしましょう。

基本的には黒かグレーのスーツを結婚式らしくオシャレに着こなしていれば全く問題ありません。

NGな服装を避けて、カッコよく結婚式に参加したいですね。

今月の人気トップ4

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation