• HOME HOME
  • pc PCView
  • MyPage MyPage
  • cart Cart
  • CategoeyMenu Category
  • MainMenu Menu

このページではモザイク画を使ったオープニングムービーの自作についてご紹介しています

このページでは結婚式のオープニングムービー内でモザイク画を作成することの出来るテンプレートを中心に、実際の編集方法や差し替え方法についてご紹介しています。人とは違った個性的なモザイク画の表現を使って、オープニングムービーを自分で作りたいと検討中の方にお役立ていただけるかもしれません。

blog_mosaic_3

おすすめのフリーダウンロード素材

¥0 / 本体価格

映画マトリックスのコードのような動画素材。画面を滑り落ちるコードが映画のような雰囲気を作り出します。オープニングムービーの雰囲気作りとして使いやすい素材です。

>>ダウンロードする

モザイク画のオープニングムービーとは?

モザイク画とは、小さなオブジェクトの集合体で大きな絵柄を作成する絵画技法の事です。結婚式のオープニングムービーなどでは、新郎新婦の写真やゲストの写真を小さなオブジェクトとして利用して、大きな一枚の写真を作成するといった表現技法として用いられます。

このモザイク画を動画として作成するためには、大量の写真と合成の処理が必要となるため、残念ながらムービーメーカーやiMovieなどの初心者向けのソフトウェアでは作成することが出来ません。このページでは、より高度な編集が出来るAfter Effectsを用いてテンプレートを使った簡単な編集方法について後生かいさせいて頂きます。

モザイク画を作成できるおすすめのテンプレート

プロフィールビデオ自作素材

モザイク画と3Dオープニングムービー – 3dspace – AE版

3D空間を漂う写真を美しく紹介するオープニングムービー用テンプレート。写真を使ってモザイク画を作成し、驚きと共に披露宴のスタートを演出します。

モザイク画を自動で簡単に作成できるオープニング用のテンプレートです。10枚の写真差し替え用スペースが用意されており、各写真1枚1枚にコメントも添えることが出来ます。ただ単にモザイク画を作成するだけではなく、新郎新婦二人の人柄や結婚式までの準備風景、ゲストの紹介なども柔軟に盛り込むことの出来る構成となっているため、結婚式のオープニングムービーとしての役割をしっかりと果たすことが出来ます。

モザイク画オープニングムービーの編集方法

テンプレートを利用すると、既にモザイク画の合成処理や動画としてのアニメーション処理は全て予め完了しています。そのため基本的には写真やコメントを差し替えるだけで編集は完了です。具体的な操作手順についてみて行きましょう。

写真の差し替え

こちらのテンプレートは3次元空間内でのスライドショーと、それらの写真を組み合わせて作成するモザイク画の部分とで構成されています。編集している空間としては比較的高度な処理が行われていますが、写真の差し替えは他のテンプレート同様に単純に差し替えるだけで、特別な編集処理は必要ありません。

差し替えたい写真を選択し、実際に利用したいお好みの写真に差し替えるだけです。このモザイク画を作成するテンプレートでは、各写真をそのまま利用して大きな1枚の写真を作成するため、1枚1枚の写真の色も最終的なモザイク画の仕上がり具合に影響を与えます。とはいっても、全ての写真を差し替えて見ないと最終的なモザイク画の見た目が決まらないため、基本的には差し替えたい写真を自由に選択して置き換えて頂くだけで結構です。最終的なモザイク画の出来を見てから、写真の変更をするべきかどうかを判断されればよいかと思います。

blog_mosaic_1

コメントの差し替え

コメントノの差し替えは、コメントをダブルクリックしてお好みの文字を入力するのみです。モザイク画のオープニングムービーを作成するためのこのテンプレート内部には、予め様々な箇所にコメント挿入用の領域が確保されています。元々コメントが既に挿入されて合成やタイミングの処理が完了している状態となりますので、単純にテキストを入力するだけで編集作業は完了です。

blog_mosaic_2

BGMの追加

BGMファイルはお好みのものを選択して、After Effects 内の画面左側にある、プロジェクトパネルという箇所に放り込むことでまずAfter Effectsの内部に取り込みます。その後さらにドラッグして、出力用のコンポジションに挿入するだけでBGMの挿入が出来ます。終了時間のタイミングを合わせたら、NONNOFILMで公開されているBGMのフェードアウト処理用のプリセットファイルをドラッグして適用するだけで、BGMファイルのフェードアウト処理は完了です。

書き出し

After Effects そのものではDVDのディスクまで作成することは出来ません。これらはテンプレートの利用の有無に限らず、After Effects の機能としてDVDオーサリングの機能が搭載されていないためです。DVD Flick やDVD styler など、フリーで使うことの出来るDVD 作成用のソフトウェアは数々存在していますので、それらの中から環境や好みに合ったものを選択してDVD化を行われてください。

まとめ

モザイク画を作成できるオープニングムービー用のテンプレートでも、写真とコメントの差し替えのみの簡単な編集だけで作成することが出来ます。モザイク画を動画として作成するための合成技法と言うのは、実際にやってみると色々と複雑かつ繊細で、ゼロから作成するのにはかなりの時間とハイレベルな技術が要求されます。編集時間の短縮にも役立つテンプレートを是非お役立て頂ければ幸いです。

人気の無料お試しテンプレートをダウンロード

関連するページ

Comments are closed.

Post Navigation