• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のオープニングムービーではどのような写真を使うと良いでしょうか?結婚式では定番となったプロフィールムービーとは違って、オープニングムービーには定番となった形式や構成というものがまだありません。自由度が高いために構成もバラバラで、その為利用する写真も完全に自由です。自由過ぎて決まらないという方の為に、このページではオープニングムービーで利用する写真選びのポイントについていくつかご紹介しています。

オープニングムービー制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsが結婚式のオープニングムービー制作にもおすすめなのは、オープニングムービー専用のテンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させればとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • オープニングムービーのテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

オープニングビデオに使う写真選びで悩む

結婚式を盛り上げる演出の一つとして、近年取り入れる人が増えているのがオープニングムービーです。今や結婚式の定番の演出といっても良いのではないでしょうか。新郎新婦が入場する際に流すものであり、式を盛り上げることができるかを左右する重要なものとなります。

写真を決めてしまえば、全体の構成が出来てくる

いざ作る際に悩むのは、どんな写真を選べば良いのかという点ではないでしょうか。二人の数ある思い出の写真の中から選ぶのが大変というのはもちろんのこと、二人だけではなく家族や友人の写真も入れるとなれば、さらに悩むのは当然のことです。オープニングムービーには、構成などの決まりがなく、自由度が高いので好きな内容にできるという点は、魅力でありながら頭を悩ませる点でもあります。

しかし先に写真だけでも決めてしまうと、内容を作りやすくなります。写真の決め方について考えてみたいと思います。

オープニングムービーの写真選びの基本

写真選び

生い立ちムービーでは新郎新婦の幼少期の写真をメインで利用していきますが、オープニングムービーでは昔のものではなく最近の新郎新婦の写真を利用されるカップルの方の方が多いです。

大人時代の写真には顔がしっかりと大きく写っているものをまず選ぶようにしましょう。面影がある昔のものも何枚か組み込んでおくと、より会場を盛り上がることができます。できる限り一人ではっきりと写っているものにしましょう。自分だけの写真でも、友人や家族と一緒に写っている写真でも全く問題ありません。

結婚式に参加しているゲストの趣味や趣向を念頭に置きながら、使いたい写真を選んでいきましょう。

オープニングムービーの参考例

以下オープニングムービーの参考例です。子供のころの写真や大人のころの写真、キメの写真などなど織り交ぜながらオープニングムービーの編集が行われています。

写真選びのワンポイント

前撮り写真は絶対おススメ

前撮り写真や結婚披露宴とは別のタイミングで海外ウェディングなどをしてきた方は、その際の写真のストックがあるはずです。それらプロに撮影してもらった写真もオープニングムービーととても相性が良いです。実際によく利用されています。結婚披露宴を開始するにあたって上映されるムービーなので、結婚式”らしさ”が漂うとても華やかなムービーになります。オープニングムービーの終わりを飾るラストのキメのカットなどでバシーンと前撮りのかっこいい写真を使ってあげると、オープニングムービーの締めもバッチリ決まります。

もし前撮り写真や海外ウェディングの写真があるようであれば、それらは是非オープニングムービーに組み込んで華やかで結婚式らしいムービーにしましょう。

写りが悪くても個性が伝わる写真選び

選ぶ時には、写りが良いものを選んでしまいがちですが、写りが良いかどうかを基準にしすぎて選ばないようにすることもポイントです。写りが良いものとなれば、どれも似たようなアングルや表情になってしまいがちなので、見ている人は飽きてきてしまいます。どちらかというと決め過ぎた(かっこつけすぎ)な写真よりも、人柄がにじみ出ているような日常の風景の方が親しみの感情を与えやすくなります。これはオープニングムービーだけではなく生い立ち紹介のムービーなどでも同じです。表情が豊かで個性が出ている、見ているゲストが楽しめる写真がおススメです。

もちろん海外ウェディングや前撮り写真など、ここぞというキメの写真は是非使いましょう。

髪型やメイクなどもあまり変わっていないという人も多いですが、できるかぎり違いがあるものを選んでおく方が見ているゲストは飽きにくくなります。今の時代では、プリクラや画像加工で美しくなれますが、あんまり美しさを気にしすぎると逆に見栄っ張りな印象も与えてしまいます。オープニングムービーは新郎新婦のことを簡単に知ってもらうためのもので、メインはあくまでもそのあとに続く入場です。可愛く美しい写真を見てもらう事だけが目的ではないということを頭に置いておきましょう。

友人が写った写真もたくさん選ぶ

友人などが写っているものを選ぶ時には、当たり前のことですが式に当日参加してくれるゲストが映ったものを選ぶようにしましょう。ゲストとして結婚式に出席して自分の写真が映し出されたりオープニングムービーの中で紹介されたりすると、ゲストは恥ずかしがりながらもとても喜びます。オープニングムービーもゲストを楽しませる気持ちをもって作ると、比較的印象の良いものが出来上がります。

写真は厳選して選ぶ

選ぶために見ていると、みんなに見てもらいたいものがたくさん出てきて、少しでも多くをと考えてしまうのは当然のことです。しかし、あまり枚数を増やしてしまうのも良くありません。詰め込みすぎてしまうと、どうしても一枚に使える時間も短くなるので、ゲストがゆっくりと見る間もなく次に変わってしまいます。オープニングムービーの全体の時間はおおよそ1:30から3:00程度に収められることが多いです。

写真の表示時間はコメントの有り無しやトランジションの有り無しによっても微妙に変わってくるので一概には言えませんが、しっかりコメントと写真を見せようとすると8秒前後、写真だけをテンポよく見せるとしても4秒前後は必要になります。

もちろん写真の表示以外にもオープニングムービーとして成立させるためにはコメントやタイトルの表示も必要になりますので、その点も考慮する必要が出てきます。最適な枚数と全体の時間数になるように、写真は出来るだけ厳選して使っていくように心がけましょう。生い立ち紹介で使うとか、エンドロールで使うとか、別のムービーに回してバランスをとることも出来ます。

オープニングムービーでは写真選びも大切

オープニングムービーを作るにあたって、そのデザインテーマに気持ちが行きすぎなケースもしばしばあります。映画風、コマ撮り風、パラパラ漫画風、アメコミ風などなど色々なオープニングムービーのテーマに気持ちが行きすぎてしまって、最も大切な二人らしさが伝わる写真選びがおろそかになってしまってはもったいないでしょう。

前撮り写真や海外ウェディングの写真など華やかな写真を是非たくさん使って、結婚式の開始を彩る素敵なオープニングムービーを作ってみてください。

すばらしいオープニングムービーが作れるといいですね。

無料素材&テンプレート

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation