• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のオープニングムービーを自作される新郎新婦様の多くがオープニングムービーの中で利用する言葉選びに頭を悩ませておられます。生い立ちを紹介していくプロフィールムービーの場合であればそれぞれの写真を紹介するようなコメントを考えていく事で比較的スムーズに言葉選びが出来ますが、オープニングムービーのように構成がとても自由だと言葉選びも迷いがちです。このページではそんなオープニングムービーでよく利用される言葉に的を絞って、コメントや挨拶を考えていくためのコツと例文をご紹介しています。

オープニングムービー制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsが結婚式のオープニングムービー制作にもおすすめなのは、オープニングムービー専用のテンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させればとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • オープニングムービーのテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

オープニングムービーで使える言葉を考える

結婚式のオープニングムービーではコメントや挨拶の言葉を考える点で多くの新郎新婦様が悩んでおられます。生い立ちを紹介するプロフィールムービーでは基本的な構成が皆だいたい同じですが、オープニングムービーは自由度が高いことで構成がそれぞれバラバラです。最適な言葉選びも様々なパターンで変わってくる点も、頭を悩ます大きな要因かもしれません。まずはオープニングムービー全体で使える言葉選びに役立つポイントやコツを押さえていきましょう。

オープニングムービーの冒頭に使える言葉

冒頭のシーンでは出席への感謝を言葉で伝えたり、タイトル形式で結婚披露宴の開始を演出するようなタイトル形式の言葉がよく利用されます。コメントに内容は似たようなものでも、新郎新婦様の目指す結婚式の雰囲気に合わせて言葉のスタイルを丁寧にしたりフランクにしたり、微調整を行います。

コメントや挨拶形式の言葉
  • 本日はお忙しい中ご出席くださり誠にありがとうございます
  • 今日という日を迎えられたこと 一重に皆様のおかげです
  • 今日は是非一緒に 楽しみましょう
タイトル形式の言葉
  • Welcom to our wedding
  • Happy wedding
  • 〇〇&〇〇 Wedding Party

オープニングムービーの写真紹介や中盤で使える言葉

オープニングムービーの中盤・本編部分は写真を使った新郎新婦やゲストの紹介が行われるのが最も一般的です。写真を紹介するときにも利用しやすいコメントの例をご紹介していきます。

写真を紹介しながら使いやすい言葉
  • 本日は〇〇と〇〇の結婚式にご出席いただき 誠にありがとうございます
  • 今日で出会ってから〇年がたちます
  • 今日はふたりとって最高の日です
  • 今日を迎えるまでにたくさんの思い出を作ってきました
  • 〇〇年〇月〇日に入籍しました
  • プロポーズは〇〇で
  • 短い時間ではありますが今日はどうぞお楽しみください
  • 今日の結婚式を迎えるまでにたくさんの準備をしてきました
パートの区切りなどでも使いやすい言葉
  • 新郎新婦は今入場の準備中です
  • とても緊張していますが今日はどうぞ宜しくお願い致します
  • 本日はお集まりいただき ありがとうございます
  • まもなくスタートです
  • 入場が待ちきれません
  • 今日の為にたくさん準備をしてきました

オープニングムービーの最後に使いやすい言葉

オープニングムービーの最後の部分は、つまり結婚式の開始です。オープニングムービーの次に新郎新婦が入場してくるパターンが最も多いパターンですので、一般的人は新郎新婦の入場をアナウンスするコメントや、これから結婚式を開始する宣言のようなものが表示されます。

  • 新郎新婦がまもなく入場します
  • 新郎新婦の入場まであと〇秒(カウントダウン)
  • カメラをご用意ください まもなく入場です
  • 今日は一緒に楽しみましょう
  • とても緊張していますが今日は宜しくお願い致します

オープニングムービーの言葉選びのコツとポイント

言葉選びのコツ:簡潔に短くする

オープニングムービーで言葉を考える時には、その長さはとても重要です。なぜなら動画の中で見る言葉というのは常に秒単位の短い時間の中で読んでいく必要が生じます。映画翻訳の世界でも単純に意味が分かるかだけではなく、時間に対する文字数にも大きく気を使って字幕が挿入されていきます。意味が正しくても読めなければ全く何も伝わらないからです。

オープニングムービーでも同様で、言葉を考える時にはその長さにも十分に気を付ける必要があります。しっかり言葉の表示が読める長さにするというのもとても大切なコツとポイントんお1つです。

言葉選びのコツ:タイトル形式で表示するのもあり

オープニングムービーで利用される言葉の中にはコメントや挨拶形式のもの以外にもタイトル表示の形式で使われるパターンもとても多いです。オープニングムービーの冒頭シーンで「HAPPE WEDDING」「Let’s Party」などといった言葉をタイトルらしいデザインにして表示するという編集方法もよくとられます。

長いしっかりとした挨拶の言葉選びだけではなく、冒頭やラストのシーンではタイトル形式の言葉も考えて表示してあげると、スタートの雰囲気や終止感がしっかりあるオープニングムービーを作ることが出来ます。

言葉を見せるためのコツ:言葉の表示方法を工夫する

オープニングムービーで利用する言葉を考えることが出来たら、その見せ方にも工夫してみるとオリジナリティのあるオープニングムービーにすることが出来ます。例えば挨拶やコメントの言葉をただ動画編集ソフトからテキストレイヤーとして挿入するだけではなく、コメントをオシャレなメモ用紙や付箋に書いたものをオシャレな場所に配置して撮影するという見せ方も出来ます。

光あふれる新緑の木々に写真やコメントを書いた付箋を括りつけたり、黒板にコメントを書いてみたり、コルクボードやかわいい布といったモチーフも活用することが出来ます。オープニングムービーで使える言葉が決まったら、その見せ方も工夫してみましょう。

オープニングムービーでは言葉選びも大切

オープニングムービーでは全体の構成やテーマをよく考えることも大切ですが、1つ1つの言葉もよく考えてあげることで目的をしっかりもったオープニングムービーを作り上げることが出来ます。オープニングムービーの雰囲気作りは結婚式の入場シーンの雰囲気作りにも大きく影響しますので、新郎新婦様おふたりが目指したい入場シーンの雰囲気に合わせてオープニングムービーの言葉選びも考えていくようにしましょう。

オープニングムービーの言葉選びも考え始めると頭を悩ませてしまうポイントですが、考え過ぎると長くなりがちなのも確かなので繊細さと大胆さをもってコメントや挨拶を考えていくと良いかもしれません。

時間がかかって大変な点ですが是非頑張ってコメントを決定しましょう。素晴らしいオープニングムービーが作れるといいですね。

今月の人気トップ4

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation