• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のオープニングムービーは必要なのかどうか迷っておられる新郎新婦様も少なくありません。結婚式の中で上映できるムービーにはオープニングムービー以外に生い立ちを紹介するプロフィールムービーや感謝を伝えるエンドロールなど他にも種類がいくつかあるため、オープニングムービーは必要ないと判断される新郎新婦様もおられます。またオープニングムービーで入場をあおるような演出が少し苦手というケースも珍しくはなく、オープニングムービーは必要ないので生い立ち紹介のムービーだけにされるという方もおられます。このページではそもそもオープニングムービーは必要なのかどうか、オープニングムービーが無い場合にはどんな入場が出来るのかといった点についてまとめてご紹介しています。

オープニングムービー制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsが結婚式のオープニングムービー制作にもおすすめなのは、オープニングムービー専用のテンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させればとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • オープニングムービーのテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

オープニングムービーは必要ない?

結婚式の中で上映されるムービーには新郎新婦の生い立ちを紹介するプロフィールムービーやゲストへの感謝の思いを込めて上映するエンドロール、余興でみんなで楽しく見るムービーなど色々な種類のものがあります。オープニングムービーは新郎新婦の入場の直前に上映されるパターンがもっとも多いビデオですが、新郎新婦の入場をあおるように盛り上げる演出が少し苦手という新郎新婦様も少なくありません。入場時の演出が苦手な新郎新婦様はそもそもオープニングムービーって必要なのかな?という疑問をお持ちです。

オープニングムービーは必ずしも必要ではない

新郎新婦の入場シーンを映像を使って演出することが一般的になってきたのは比較的ここ数年の事です。オープニングムービーというビデオが定着しきる前までは映像を使わずに、光や照明とBGMだけを使って新郎新婦の入場シーンを演出するというのが標準的な入場演出でした。

結婚式の中で上映できるムービーには新郎新婦の生い立ちを紹介するプロフィールムービーやゲストへの感謝を伝えるエンドロールなどがあります。他にも余興でクイズやダンスミュージックビデオ系の動画を上映したり、手紙の用に誰かへの感謝を伝える感動的なムービーなども上映されることがあります。スクリーンに映像を上映してしまうとゲスト同士の歓談の時間が減ってしまうことを考えてあえて映像演出を一切しないという新郎新婦様もおられます。

最低限1本くらいはムービー演出を行われる新郎新婦様の大半がオープニングムービーではなく、生い立ちを紹介するプロフィールムービーを採用しています。全く映像演出がないことも少し間延びや退屈を引き起こす可能性がありますが、映像演出が過剰になってしまってもゲストが会食や歓談を楽しむ時間が少なくなります。自分たちの結婚式ではどの程度の余興や催し物があるのかを考慮してみるとオープニングムービーは本当に必要なのかどうかが見えてきます。

オープニングムービーを使わない入場の演出

オープニングムービーを使った新郎新婦の入場シーンが一般的にはなってきていますが、オープニングムービーを使わない入場もかつてはもっともスタンダードな入場方法でした。映像を使わないというだけで基本的な入場の雰囲気やムードは同じです。

オープニングムービーを使わない場合の入場では、披露宴会場全体の照明をしっかり落として暗くし、スポットライトやLED、間接照明の色合い、レーザーやキャンドルといった光の設備を駆使して会場全体の雰囲気を作ります。BGMを大きめに会場全体に流して光と音でムードが作られます。今はプロジェクションマッピングの設備がある会場もあるので、会場の壁全体に雰囲気のあるムービーが投影されて演出が行われるということも珍しくはなくなってきました。

スクリーンに視線をくぎ付けにさせるオープニングムービーとは異なり、会場全体を一体感のある演出で1つのテーマに作りこむというのがオープニングムービーを使わない場合の入場方法です。会場の設備によって出来ることは限られてきますので、会場の設備がどの程度あるのかやどんな入場方法がとれるのかをプランナーさんとよく話し合ってみると良いでしょう。

オープニングムービーは必要?必要ない?

結婚式ではオープニングムービーを使った入場が一般的になってきていますので、必要かどうかをあまり考えずにそういうものとしてオープニングムービーを上映される新郎新婦様も珍しくはありません。厳密に必要かどうかは各々の挙式の内容や規模によるところが大きいので、みんなが同様に必要かそれとも必要ではないかをここで明言することは出来ません。

考慮するべきはオープニングムービーそのものというよりかは新郎新婦の入場シーンをどのような雰囲気で行いたいのかというご要望の部分です。静かで幻想的な雰囲気の中での入場を行いたい場合には、むしろキャンドルだけの演出にした方が雰囲気に合い皆の印象にもしっかり残るかもしれません。

なんとなく作ったオープニングムービーは残念ながら無難で面白みがない構成となるケースが多いので、必要性を考えるのであればオープニングムービーを上映する目的をはっきりと明確化すると良いかもしれません。

オープニングムービーは必ずしも必要ではなく、使わなくても違った演出方法はあります。新郎新婦様の入場シーンが皆の思い出にしっかりと刻まれるものになるのであれば、オープニングムービーは必ず使わないといけないという事にはならないでしょう。

オープニングムービーを使っても使わなくても、新郎新婦様の入場シーンが素晴らしいものになるといいですね。

幸せいっぱいの結婚式になりますように・・・。

今月の人気トップ4

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation