• HOME HOME
  • pc PCView
  • MyPage MyPage
  • cart Cart
  • CategoeyMenu Category
  • MainMenu Menu

オープニングビデオに使う写真選びで悩む

結婚式を盛り上げる演出の一つとして、近年取り入れる人が増えているのがオープニングムービーです。今や結婚式の定番の演出といっても良いのではないでしょうか。新郎新婦が入場する際に流すものであり、式を盛り上げることができるかを左右する重要なものとなります。

おすすめのフリーダウンロード素材

¥0 / 本体価格

生い立ちビデオのスライドショーや動画を古いフィルム調に変換できる動画素材。重ねて描画モードを調整するだけの簡単素材です。

>>ダウンロードする

写真を決めてしまえば、全体の構成が出来てくる

いざ作る際に悩むのは、どんな写真を選べば良いのかという点ではないでしょうか。二人の数ある思い出の写真の中から選ぶのが大変というのはもちろんのこと、二人だけではなく家族や友人の写真も入れるとなれば、さらに悩むのは当然のことです。オープニングムービーには、構成などの決まりがなく、自由度が高いので好きな内容にできるという点は、魅力でありながら頭を悩ませる点でもあります。

しかし先に写真だけでも決めてしまうと、内容を作りやすくなります。写真の決め方について考えてみたいと思います。

メインは最近の大人の写真

メインは昔のものではなく最近の新郎新婦の写真ですが、その際には顔がしっかりと大きく写っているものをまず選ぶようにしましょう。面影がある昔のものも何枚か組み込んでおくと、より会場を盛り上がることができます。できる限り一人ではっきりと写っているものにしましょう。他の人が一緒に写っているもよしかない場合には、ソフトなどを使って切り取って使用しても問題はありません。

似たようなアングルや画面構成は避ける

選ぶ時には、写りが良いものを選んでしまいがちですが、写りが良いかを基準に選ばないようにすることもポイントです。写りが良いものとなれば、どれも似たようなアングルや表情になってしまいがちなので、見ている人は飽きてきてしまいます。表情が豊かで、見ているゲストが楽しめるものを選びましょう。髪型やメイクなどもあまり変わっていないという人も多いですが、できるかぎり違いがあるものを選んでおくべきです。今の時代では、プリクラや画像加工で美しくなれますが、プリクラはもちろん加工した画像のものもオープニングムービーには適しているとは言えません。新郎新婦のことを知ってもらうためのものであり、可愛く美しい写真を見てもらうものではないということを頭に置いておきましょう。

友人が写った写真も積極的に使う

友人などが写っているものを選ぶ時には、当たり前のことですが式に当日参加してくれるゲストが映ったものを選ぶようにしておくことが前提となります。もちろん各コミュニティごとにバランス良くしましょう。オープニングムービーはゲストを楽しませるためのものということを忘れてはいけません。

たくさん見せても結局伝わらない

選ぶために見ていると、みんなに見てもらいたいものがたくさん出てきて、少しでも多くをと考えてしまうのは当然のことです。しかし、あまり枚数を増やしてしまうのも良くありません。詰め込みすぎてしまうと、どうしても一枚に使える時間も短くなるので、ゲストがゆっくりと見る間もなく次に変わってしまいます。もちろん、だからといって枚数が多いにも関わらず一枚をゆっくりと流すと、オープニングムービーの時間そのものが長くなってしまうので、ゲストが見飽きてしまったり見ることに疲れてしまいます。程よい枚数と長さにしておくべきです。

人気の無料お試しテンプレートをダウンロード

関連するページ

Comments are closed.

Post Navigation