結婚式のオープニングムービー、それは新郎新婦の物語を伝える一つの手段。そのムービーで使う曲選びに悩んでいませんか?本記事では、特に「短めのオープニングムービー」に最適な曲の選び方について、詳しく解説します。

新郎新婦吹き出し左側用アイコン

オープニングムービーに使う短めの曲を探しています。長さと共に大切な点なども学びたいです。

先生の見解

大切なのは、その曲があなたたちのストーリーをよく表現しているかどうかですね。また、ゲストが聞きなじみのある曲や、ムービーの雰囲気に合った曲を選ぶことも重要ですよ。おすすめの楽曲もたくさん紹介していますので、詳しくみていきましょう。

この記事に関連するおすすめ記事

「短めのオープニングムービー」への新郎新婦の傾向

結婚式、その一生に一度の特別な日。その序章となるのが「オープニングムービー」。近年、新郎新婦の皆様から短めのオープニングムービーに注目が集まっているという話を耳にします。では、なぜ短めのものが求められるのでしょうか。

結婚式での「オープニングムービー」の重要性

オープニングムービーは、新郎新婦の皆様がゲストに自身のストーリーを伝える大切な機会です。映像に込められた想いがゲストの心に届けば、結婚式は更に思い出深いものとなるでしょう。

「短め」のオープニングムービーを選ぶ新郎新婦の理由

では、なぜ「短め」のオープニングムービーが注目されているのでしょう。それは、ゲストに対して長すぎるムービーは退屈させてしまう恐れがあるからです。短めのムービーであれば、集中力を保つことができ、新郎新婦のメッセージをしっかり伝えることが可能となります。さらにメインとなる新郎新婦の入場シーンに間延びせずに引き継ぐことができるので、温まった空気のままに会場に入場することができますよ。

おすすめの結婚式オープニングムービー

短めのオープニングムービーを作成したいときにも活用できるテンプレートがあります。

インスタ風オープニングムービーテンプレート - weddingram

先生の見解

写真やコメントを差し替えるだけで誰でも作れるオープニングムービーです。

ジャンル別「短めの曲」の紹介

ここで、ジャンル別に「短めの曲」を紹介します。クラシック音楽、ポップス、ジャズといったジャンルから、オープニングムービーにおすすめの曲をピックアップしました。

先生の見解

ジャンルによってもムービーの雰囲気は変わります。自分たちの好きなジャンルの曲を選びましょう。

ポップスの短めの曲

ポップスは明るく楽しい雰囲気を作り出し、多くの人に親しまれています。Bruno Marsの「Marry You」やThe Beatlesの「All You Need Is Love」などは短めで、結婚式にぴったりの曲です。

  1. “All Star” – Smash Mouth (3:20)
    • YouTubeリンク: All Star
    • 明るいメロディとポジティブな歌詞が特徴の曲。結婚式のパーティーやダンスフロアでの盛り上がりに最適です。
  2. “Walking on Sunshine” – Katrina and The Waves (3:58)
    • YouTubeリンク: Walking on Sunshine
    • 明るく陽気な曲で、結婚式の雰囲気を一層明るくします。キャッチーなメロディと歌詞が特徴です。
  3. “Don’t Stop Believin'” – Journey (4:09)
    • YouTubeリンク: Don’t Stop Believin’
    • クラシックなポップロック曲で、結婚式のパーティーやダンスフロアでの盛り上がりを演出します。
  4. “I Will Always Love You” – Whitney Houston (4:32)
    • YouTubeリンク: I Will Always Love You
    • ホイットニー・ヒューストンの感動的なバラード。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間にふさわしい曲です。
  5. “Hey Jude” – The Beatles (7:11)
    • YouTubeリンク: Hey Jude
    • ビートルズのクラシックナンバー。キャッチーなメロディと共感を呼ぶ歌詞が、結婚式のパーティーや感動的な瞬間にぴったりです。
  6. “Sweet Caroline” – Neil Diamond (3:23)
    • YouTubeリンク: Sweet Caroline
    • ニール・ダイヤモンドの人気曲。親しみやすいメロディとサビのコールアンドレスポンスが、結婚式のパーティーでの一体感を生み出します。
  7. “Don’t Worry, Be Happy” – Bobby McFerrin (4:50)
    • YouTubeリンク: Don’t Worry, Be Happy
    • 明るいメロディと楽観的な歌詞が特徴の曲。結婚式のパーティーやレセプションで心地よい雰囲気を作り出します。
  8. “Brown Eyed Girl” – Van Morrison (3:03)
    • YouTubeリンク: Brown Eyed Girl
    • ヴァン・モリソンの人気曲。明るいメロディと軽快なリズムが、結婚式のパーティーでの楽しさを演出します。
  9. “Hey Soul Sister” – Train (3:37)
    • YouTubeリンク: Hey Soul Sister
    • Trainのポップな曲。キャッチーなメロディと前向きな歌詞が、結婚式のパーティーやダンスフロアを盛り上げます。
  10. “Wonderwall” – Oasis (4:19)
    • YouTubeリンク: Wonderwall
    • Oasisの名曲で、メロディックなサウンドと共感を呼ぶ歌詞が特徴です。結婚式のパーティーやレセプションで幸せな雰囲気を作り出します。
先生の見解

ポップスは、明るく楽しい雰囲気を作り出しますね。

邦楽曲の短めの曲

日本の楽曲から短めの楽曲を探してみましょう。

  1. “Best Friend” – Kiroro (4:47)
    • YouTubeリンク: Best Friend
    • キロロの名曲で、友情や絆をテーマにしたバラードです。結婚式のセレモニーや友人への感謝の気持ちを表現する場面にぴったりです。
  2. “Happiness” – AI (4:35)
    • YouTubeリンク: Happiness
    • AIの明るくエネルギッシュな楽曲で、結婚式のパーティーやレセプションでの盛り上がりを演出します。
  3. “Sukiyaki” – Kyu Sakamoto (3:09)
    • YouTubeリンク: Sukiyaki
    • 坂本九の名曲で、懐かしいメロディと穏やかな歌声が結婚式の雰囲気にマッチします。
  4. “Love Love Love” – Dreams Come True (5:22)
    • YouTubeリンク: Love Love Love
    • Dreams Come Trueの楽曲で、愛や幸せを歌ったバラードです。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間にふさわしい曲です。
  5. “Koi” – Gen Hoshino (3:32)
    • YouTubeリンク: Koi
    • 星野源のポップな楽曲で、恋愛の喜びや幸せを歌った曲です。結婚式のパーティーやダンスフロアでの雰囲気を盛り上げます。
  6. “First Love” – Utada Hikaru (4:18)
    • YouTubeリンク: First Love
    • 宇多田ヒカルのバラードで、初恋や切ない思い出を歌った曲です。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間にふさわしい曲です。
  7. “Lemon” – Kenshi Yonezu (4:15)
    • YouTubeリンク: Lemon
    • 米津玄師のヒット曲で、切ないメロディと感情的な歌詞が特徴です。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間にしっくりと馴染む曲です。
  8. “Kokoro no Tomo” – Mayumi Itsuwa (4:42)
    • YouTubeリンク: Kokoro no Tomo
    • 五輪真弓の名曲で、心の支えや寄り添う存在を歌ったバラードです。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間にふさわしい曲です。
  9. “Mirai e” – Kiroro (4:20)
    • YouTubeリンク: Mirai e
    • キロロの楽曲で、未来への希望や前向きな気持ちを歌ったバラードです。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間にぴったりです。
  10. “YELL” – Ikimono Gakari (3:56)
    • YouTubeリンク: YELL
    • いきものがかりの楽曲で、勇気や応援の気持ちを歌った曲です。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間での演出に適しています。
先生の見解

日本人に馴染みの深い楽曲は使いやすいですね。

クラシック音楽の短めの曲

クラシック音楽は、華やかで優雅な雰囲気を作り出します。例えば、Pachelbelの「カノン」やBachの「アリア」などは、短めのバージョンも多く存在し、結婚式のムービーによく使われます。

  1. “Canon in D” – Johann Pachelbel (5:21)
    • YouTubeリンク: Canon in D
    • パッヘルベルの「カノン」は、結婚式のセレモニーでよく使われるクラシック曲です。穏やかなメロディと美しいハーモニーが、感動的な瞬間を演出します。
  2. “Air on the G String” – Johann Sebastian Bach (4:40)
    • YouTubeリンク: Air on the G String
    • バッハの「G線上のアリア」は、優雅で穏やかな雰囲気が特徴です。結婚式のセレモニーや瞑想的な瞬間にふさわしい曲です。
  3. “Wedding March” – Felix Mendelssohn (2:24)
    • YouTubeリンク: Wedding March
    • メンデルスゾーンの「結婚行進曲」は、結婚式のセレモニーで新郎新婦の入場や退場時によく使われる曲です。喜びと華やかさを表現します。
  4. “Ave Maria” – Franz Schubert (4:56)
    • YouTubeリンク: Ave Maria
    • シューベルトの「アヴェ・マリア」は、神聖で感動的なバラードです。結婚式のセレモニーや感謝の気持ちを伝える場面にふさわしい曲です。
  5. “Jesu, Joy of Man’s Desiring” – Johann Sebastian Bach (3:32)
    • YouTubeリンク: Jesu, Joy of Man’s Desiring
    • バッハの「人々の喜び、イエスよ」は、喜びに満ちた楽曲で結婚式のセレモニーや祝福の瞬間にふさわしい曲です。
  6. “The Swan” – Camille Saint-Saëns (3:08)
    • YouTubeリンク: The Swan
    • サン=サーンスの「白鳥」は、美しい旋律が印象的な曲です。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間にふさわしい穏やかな曲です。
  7. “Pavane” – Gabriel Fauré (5:50)
    • YouTubeリンク: Pavane
    • フォーレの「パヴァーヌ」は、優雅でメロディアスな楽曲です。結婚式のセレモニーやリラックスした雰囲気を作り出す場面にぴったりです。
  8. “Ode to Joy” – Ludwig van Beethoven (9:25)
    • YouTubeリンク: Ode to Joy
    • ベートーヴェンの「喜びの歌」は、壮大で喜びに満ちた楽曲です。結婚式のセレモニーや祝福の瞬間にふさわしい曲です。
  9. “Clair de Lune” – Claude Debussy (5:23)
    • YouTubeリンク: Clair de Lune
    • ドビュッシーの「月の光」は、優美で幻想的な雰囲気が特徴です。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間にふさわしい曲です。
  10. “Waltz of the Flowers” – Pyotr Ilyich Tchaikovsky (6:57)
    • YouTubeリンク: Waltz of the Flowers
    • チャイコフスキーの「花のワルツ」は、華麗で陽気な雰囲気が特徴です。結婚式のセレモニーや華やかな場面にふさわしい曲です。
先生の見解

クラシック音楽は華やかさと優雅さを引き立てますね。

ジャズの短めの曲

ジャズは洗練された大人の雰囲気を醸し出します。Louis Armstrongの「What A Wonderful World」やElla Fitzgeraldの「Cheek to Cheek」などは、短めでありながら深みのある曲として知られています。

 

先生の見解

ジャズは、洗練された雰囲気を醸し出しますね。

おすすめの「短めの曲」ランキング

さて、ここで結婚式で人気の「短めの曲」ベスト5と個性的な選曲の「短めの曲」ベスト5をご紹介します。

先生の見解

ランキング形式での紹介は、曲選びの参考になりますね。

結婚式で人気の「短めの曲」ベスト5

  1. Bruno Mars – “Marry You”
    • YouTubeリンク: Marry You
    • “Marry You”は、ブルーノ・マーズの楽曲で、陽気でポップな曲です。結婚式のパーティーやダンスフロアでの盛り上がりに最適です。歌詞は愛と冒険心をテーマにしており、結婚式の喜びや幸せな気持ちを表現しています。
  2. The Beatles – “All You Need Is Love”
    • YouTubeリンク: All You Need Is Love
    • “All You Need Is Love”は、ザ・ビートルズの代表曲で、愛と結束を讃えるメッセージが込められています。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間での演出に最適です。明るくキャッチーなメロディが特徴で、ゲスト全員が一緒に歌いたくなる曲です。
  3. Pachelbel – “Canon”
    • YouTubeリンク: Canon
    • パッヘルベルの「カノン」は、結婚式のセレモニーでよく使われるクラシック曲です。美しい旋律と穏やかなハーモニーが感動的な雰囲気を醸し出し、結婚式のセレモニーや感謝の気持ちを表現する場面にぴったりです。
  4. Ed Sheeran – “Thinking Out Loud”
    • YouTubeリンク: Thinking Out Loud
    • “Thinking Out Loud”は、エド・シーランのロマンチックなバラードです。結婚式のファーストダンスや感動的な瞬間にふさわしい曲です。愛の長続きと永遠の誓いをテーマにしており、温かな雰囲気を演出します。
  5. Louis Armstrong – “What A Wonderful World”
    • YouTubeリンク: What A Wonderful World
    • “What A Wonderful World”は、ルイ・アームストロングの名曲で、美しいメッセージを持つ楽曲です。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間での演出に最適です。心温まる歌声と希望に満ちた歌詞が、結婚の奇跡を称えます。
先生の見解

これらの曲は、結婚式でよく使われる定番の曲ですね。

個性的な選曲の「短めの曲」ベスト5

  1. Coldplay – “Viva la Vida”
    • YouTubeリンク: Viva la Vida
    • “Viva la Vida”は、コールドプレイの楽曲で、壮大なサウンドと感情的な歌詞が特徴です。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間での演出に最適です。力強くエネルギッシュなメロディが、ゲストの心を揺さぶります。
  2. Lana Del Rey – “Young and Beautiful”
    • YouTubeリンク: Young and Beautiful
    • “Young and Beautiful”は、ラナ・デル・レイのバラードで、切ないメロディと美しい歌声が魅力です。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間にふさわしい曲です。愛と永遠の美しさをテーマにしています。
  3. Yiruma – “River Flows In You”
    • YouTubeリンク: River Flows In You
    • ユーリマの「River Flows In You」は、幻想的で優美なピアノ曲です。結婚式のセレモニーやリラックスした雰囲気を作り出す場面にぴったりです。感動的な旋律が心に響きます。
  4. Radiohead – “Creep” (Acoustic version)
    • YouTubeリンク: Creep (Acoustic version)
    • “Creep”は、レディオヘッドの名曲で、アコースティックバージョンでは感情的なアレンジがされています。結婚式のセレモニーや感動的な瞬間にふさわしい曲です。切ない歌詞と独特な雰囲気が特徴です。
  5. Bob Marley – “Is This Love”
    • YouTubeリンク: Is This Love
    • “Is This Love”は、ボブ・マーリーの楽曲で、陽気なリズムと愛に満ちた歌詞が特徴です。結婚式のパーティーやダンスフロアでの盛り上がりに最適です。ポジティブな雰囲気と魅力的なメロディがゲストを楽しませます。
先生の見解

これらの曲は、一風変わった選曲で個性を出すのにおすすめです。

短めのオープニングムービーを成功させるためのポイント

では、短めのオープニングムービーを成功させるためには何が必要なのでしょうか。そのポイントは、「曲選び」と「映像」のマッチングです。ムービーに合った曲を選び、映像と曲が一体となったムービーを作り上げることで、短時間でもゲストに強い印象を与えることができます。

先生の見解

曲と映像がマッチすると、短時間でもゲストに強い印象を与えることができますね。

「曲選び」の重要性

曲選びは、オープニングムービーの成功に大きく影響します。曲の雰囲気や歌詞が新郎新婦のストーリーに合っていれば、ゲストはより深く二人の物語に感じ入るでしょう。また、曲が短めであれば、ムービー全体のリズムも早く、ゲストが飽きることなく視聴できます。

先生の見解

曲の選び方一つで、ムービーの印象は大きく変わります。適切な曲を選ぶことが大切ですね。

「映像」の内容と「曲」のマッチング

次に、「映像」の内容と「曲」のマッチングについて考えてみましょう。ムービー作成時は、曲のリズムやメロディーに合わせて映像を編集します。これにより、ゲストは映像と音楽が一体となったムービーを楽しむことができ、感動を呼び起こします。

先生の見解

映像と曲が一体となっていると、ゲストは感動を感じ、新郎新婦のストーリーをより深く理解できるでしょう。

「短めの曲」を選ぶための基準

さて、ここで「短めの曲」を選ぶための基準について考えてみましょう。曲の長さについて、また、曲のテンポやムーディングがオープニングムービーにどのような影響を与えるのかを解説します。

先生の見解

曲の長さやテンポは、ムービーの雰囲気やテンポを決める大切な要素ですね。

曲の長さについて

短めのオープニングムービーを作るためには、曲の長さがポイントになります。一般的に、2〜3分程度の曲がオープニングムービーには最適です。それ以上長いとゲストの注意が散漫になり、短すぎるとストーリーを伝えきれない可能性があります。

先生の見解

2〜3分程度の曲は実はとっても少ない現実もあります。

曲のテンポとムーディング

また、曲のテンポとムーディングも重要です。明るくテンポの良い曲は、ムービー全体を明るく楽しい雰囲気にし、ゲストの期待感を高めます。一方、ゆったりとした曲は、新郎新婦の深い愛情を表現し、ゲストに感動を与えます。どちらを選ぶかは新郎新婦のストーリーや結婚式のコンセプトによります。

先生の見解

曲のテンポやムーディングにより、ムービーの雰囲気は大きく変わります。新郎新婦のストーリーや結婚式のコンセプトに合った曲を選びましょう。

曲選びの裏ワザ:「曲」を短めにアレンジする方法

あなたのお気に入りの曲が長すぎる場合、どうすればいいでしょうか。その場合は、「曲」を短めにアレンジすることで問題を解決することができます。ここでは、曲のカットとエディットの方法と、専門家による音楽編集サービスについて説明します。

先生の見解

長めのお気に入りの曲も、上手く編集することでムービーに活用できますね。

曲のカットとエディット

オーディオ編集ソフトウェアを使用すると、曲を短めにカットしたり、必要な部分だけをエディットしたりすることができます。これにより、お気に入りの曲を短めのオープニングムービーに適した形にアレンジできます。ただし、オーディオ編集は専門的な知識と技術を必要とするため、初心者には難しいかもしれません。

先生の見解

オーディオ編集ソフトウェアを使えば、自分で曲を短く編集することも可能です。

専門家による音楽編集サービス

自分で曲を編集するのが難しい場合、専門家による音楽編集サービスを利用すると良いでしょう。プロの音楽編集者は、曲をスムーズに短くするだけでなく、曲の雰囲気を壊さないようにするためのアドバイスもしてくれます。

先生の見解

専門家に依頼することで、自分たちの思い通りのオープニングムービーを作ることができますね。

短めのオープニングムービーで使う「曲」の著作権について

最後に、短めのオープニングムービーで使う「曲」の著作権について解説します。これは、結婚式のムービー作成において非常に重要な点なので、ぜひ理解しておきましょう。

先生の見解

著作権は、ムービー作成において無視できない大切なポイントですね。

著作権法の基本

著作権法は、音楽や映像などの創作物の利用に関する法律です。オリジナルの作品を作成した者(著作権者)は、その作品を複製したり、公に公開したりする権利を持っています。つまり、他人の著作物を無断で使用することは著作権侵害となり、法的な問題を引き起こす可能性があります。

先生の見解

無断で他人の著作物を使用することは、法的な問題に繋がります。

オープニングムービーで音楽を使う際の注意点

オープニングムービーで音楽を使う際には、著作権の問題が発生しないように注意が必要です。商用の音楽を使用する場合は、その曲の著作権者から許可を得るか、著作権フリーの音楽を使用することをお勧めします。また、著作権フリーの音楽でも、使用する際には一定のルールがあることが多いため、それらを遵守することも重要です。

先生の見解

曲を使用する際は、著作権者から許可を得るか、著作権フリーの音楽を使用しましょう。

「短めの曲」を最大限に活かす映像作成のポイント

ここで、「短めの曲」を最大限に活かす映像作成のポイントについて説明します。映像と音楽のシンクロや、映像の切り替えと曲のビートについて理解することで、より魅力的なオープニングムービーを作成できます。

先生の見解

映像と音楽のシンクロや、映像の切り替えと曲のビートは、映像の質を大きく左右しますね。

映像と音楽のシンクロ

映像と音楽がシンクロすることで、物語が一体化し、視覚と聴覚の両方から感動を引き出すことができます。特に、音楽のクライマックスや、曲の変わり目に合わせて映像を切り替えると、強い印象を残すことができます。

先生の見解

音楽と映像が一体化することで、より感動的なムービーになりますね。

映像の切り替えと曲のビート

映像の切り替えは、音楽のビートに合わせて行うと効果的です。これにより、視覚的なリズムと音楽のリズムが一致し、見る人を引き込むことができます。具体的には、ドラムのビートやメロディの変わり目などを利用すると良いでしょう。

先生の見解

映像の切り替えと曲のビートをうまく組み合わせることで、視覚と聴覚の両方から感動を引き出せますね。

結びの言葉:あなたの「短めのオープニングムービー」を最高の一日のスタートに

オープニングムービーは、あなたの結婚式のスタートを演出する大切な要素です。そのため、その準備と計画には十分な時間と労力を注ぐことが重要です。

先生の見解

オープニングムービーは、大切な一日のスタートを飾りますね。

準備と計画の大切さ

適切な曲の選択、映像の作成、曲と映像のマッチングなど、成功するためには多くの準備と計画が必要です。早めに始めて、十分な時間を確保することが成功の鍵となります。

先生の見解

準備と計画は、成功するための重要なステップですね。

「結婚式」を最高にする「オープニングムービー」の力

結婚式はあなたの人生の中でも特別な日です。短めのオープニングムービーは、その一日をスタートさせ、ゲストをあなたの物語へと引き込む力を持っています。選び抜かれた音楽と映像が融合することで、あなたの大切な日を、忘れられないものにするでしょう。

先生の見解

選び抜かれた音楽と映像が融合するオープニングムービーは、一生の思い出になりますね。

これまでの記事で、短めのオープニングムービーとそのための曲選びについて詳しくご紹介しました。オープニングムービーは結婚式の始まりを飾る大切な要素であり、その長さや曲選びには新郎新婦の個性や思いが反映されます。短めのオープニングムービーを成功させるためには、曲選びの重要性、映像の内容と曲のマッチング、曲を短めにアレンジする方法など、いくつかのポイントを抑えることが大切です。さらに、オープニングムービーで音楽を使う際の著作権についても忘れずに考慮しましょう。最後に、曲を最大限に活かす映像作成のポイントを押さえ、あなたの「短めのオープニングムービー」を最高の一日のスタートにしてください。

Q&A

Q1: なぜ短めのオープニングムービーが注目されているのですか?

短めのオープニングムービーは、時間を有効に使い、ゲストの注意を逸らさず、また結婚式の進行をスムーズにするというメリットがあります。また、必要なポイントを凝縮した内容は、新郎新婦のストーリーをより鮮明に伝えることができます。

Q2: 短めの曲選びで失敗しないためにはどうすればいいですか?

曲選びは、新郎新婦の個性や結婚式のテーマを反映する大切な要素です。選曲の際には、曲の長さやテンポ、ムーディングに気を付けるとともに、映像の内容と曲がマッチするかどうかを考慮することが大切です。

Q3: 曲の著作権について詳しく教えてください。

オープニングムービーで音楽を使用する際には、著作権法の基本を理解し、必要な許諾を得ることが必要です。具体的には、音楽のパブリックパフォーマンスライセンスを取得するか、著作権フリーの音楽を使用するか、専門の音楽編集サービスを利用するなどの対策があります。

関連する記事

Comments are closed.

Post Navigation