結婚式、一生に一度の特別な日。その最初を飾る「オープニングムービー」は、その後の雰囲気を大きく左右します。そして、そのムービーを盛り上げる大切な要素が「楽曲」です。新郎新婦の思い出を彩る音楽、ゲストを感動へと誘う音色…。そんな音楽選びに迷っていませんか?この記事では、オープニングムービーを盛り上げてくれる楽曲をジャンル別にご紹介します。日本の曲から洋楽、クラシックからジャズまで、様々な楽曲を網羅。さらには、曲選びのポイントや著作権についても解説します。結婚式を一層輝かせる音楽選び、一緒に見つけていきましょう。

新郎新婦吹き出し左側用アイコン

オープニングムービーを盛り上げてくれる曲を探しています!楽しくて盛り上がる披露宴にしたいんです。

先生の見解

オープニングムービーだけでなく結婚式全体を盛り上げてくれる曲がたくさんありますよ!勢いのあるノリノリになれる曲や楽しくてアップテンポな曲など、いろいろな曲と盛り上げるためのポイントを見ていきましょう。

この記事に関連するおすすめ記事

イントロダクション:オープニングムービーとは

結婚式の一部として欠かせないオープニングムービー。これは新郎新婦の物語を映像と音楽で表現し、ゲストに二人の魅力や思い出を伝える大切な要素です。オープニングムービーの重要性から選曲のコツ、成功例までを見ていきましょう。

結婚式でのオープニングムービーの重要性

結婚式のオープニングムービーは、披露宴の始まりを告げるだけでなく、新郎新婦の物語をゲストに伝え、一体感や親近感を生む役割があります。また、オープニングムービーはゲストが二人のこれまでの道のりを理解し、これからの未来を一緒に祝うきっかけを作るのです。

オープニングムービーがもたらす印象の違い

オープニングムービーの内容や曲選びは、披露宴全体の雰囲気を左右します。ロマンチックなムービーは温かい雰囲気を作り出し、ユーモラスなムービーは楽しい雰囲気を作り出します。そのため、二人の個性や披露宴の雰囲気に合わせてムービーを作ることが重要です。

先生の見解

オープニングムービーは新郎新婦の個性や物語を伝えるため、自分たちらしさを大切にしましょう。

オープニングムービーを盛り上げる要素

オープニングムービーを盛り上げるためには、選曲、映像編集、ストーリーテリングなど、様々な要素が重要となります。また、新郎新婦のエピソードを上手く織り交ぜることで、より感動的なムービーに仕上がります。

おすすめの結婚式オープニングムービー

写真やコメントを入れるだけで簡単に作ることができるオープニングムービー用のテンプレートというのがあることはご存じでしたか?

和風オープニングムービーテンプレート - tagger

インスタ風オープニングムービーテンプレート - weddingram

先生の見解

写真やコメントを入れ替えるだけでオープニングムービーが完成です。

盛り上がるオープニングムービーで使いたい人気の曲リスト

オープニングムービーを盛り上げるためにおすすめ&人気の楽曲を早速見ていきましょう。いろいろなジャンルごとに分けて盛り上がる曲を中心にご紹介です。

日本の曲で盛り上がる選曲例

邦楽には感動的な歌詞とメロディが多く、結婚式のオープニングムービーにぴったりです。例えば、「瞳をとじて」や「明日へ」などが人気です。他にも見ていきましょう。

  1. 「明日があるさ」 – きただにひろし
  2. 「恋におちて -Fall in love-」 – 小林明子
  3. 「Happiness」 – サンボマスター
    • YouTubeリンク: Happiness – サンボマスター
    • 理由: ポジティブな歌詞とエネルギッシュなサウンドが、結婚式の参加者に笑顔と幸せな気持ちを与えます。
  4. 「ウェディング・ベル」 – クリスタルキング
  5. 「蛍」 – サザンオールスターズ
  6. 「明日への扉」 – I WiSH
    • YouTubeリンク: 明日への扉 – I WiSH
    • 理由: 前向きな歌詞と感動的なメロディが、新たなスタートを迎える結婚式にふさわしいです。
  7. 「瞳をとじて」 – 平井堅
    • YouTubeリンク: 瞳をとじて – 平井堅
    • 理由: 美しいバラードでありながら、しっかりと力強さを感じられる楽曲です。
  8. 「マリーゴールド」 – あいみょん
  9. 「ハッピー☆彡」 – 高橋洋子
  10. 「LOVE LOVE LOVE」 – DREAMS COME TRUE
    • YouTubeリンク: LOVE LOVE LOVE – DREAMS COME TRUE
    • 理由: 愛に溢れた歌詞とキャッチーなメロディが、結婚式のムードを一層盛り上げます。

洋楽で盛り上がる選曲例

洋楽から選曲する場合は、「A Thousand Years」や「Marry You」などの曲が一般的です。歌詞の内容も一緒に考えると、より一層の感動を呼び起こすことができます。

  1. “Marry You” – Bruno Mars
    • YouTubeリンク: Marry You – Bruno Mars
    • 理由: 楽しいメロディと陽気な歌詞が結婚式の雰囲気にぴったりで、みんなを笑顔にすること間違いなしです。
  2. “Happy” – Pharrell Williams
    • YouTubeリンク: Happy – Pharrell Williams
    • 理由: 明るくポジティブな雰囲気の楽曲で、幸せな結婚式のムードを盛り上げます。
  3. “I Wanna Dance with Somebody” – Whitney Houston
  4. “Can’t Stop the Feeling!” – Justin Timberlake
  5. “Uptown Funk” – Mark Ronson ft. Bruno Mars
  6. “I Gotta Feeling” – The Black Eyed Peas
  7. “Dancing Queen” – ABBA
    • YouTubeリンク: Dancing Queen – ABBA
    • 理由: 明るく陽気なディスコ調の楽曲で、クラシックながらも絶大な人気を持ち、踊りたくなる要素があります。
  8. “Hey Ya!” – OutKast
    • YouTubeリンク: Hey Ya! – OutKast
    • 理由: アップテンポなリズムと楽しいメロディが、会場に活気とエネルギーをもたらします。
  9. “I Wanna Dance with Somebody” – Whitney Houston
  10. “Shut Up and Dance” – Walk the Moon
    • YouTubeリンク: Shut Up and Dance – Walk the Moon
    • 理由: キャッチーなメロディとポジティブな歌詞が、結婚式の参加者を踊らせるパワフルな曲です。

アニメ曲で盛り上がるオープニングムービーにおすすめの曲

結婚式のオープニングムービーにアニメ曲を利用することもできます。日本の有名なアニメであれば知らないゲストがほとんどいないことが多いので、ゲスト全員に楽しんでもらうことができますよ。

  1. 「君の名は。」 – RADWIMPS
    • YouTubeリンク: 君の名は。- RADWIMPS
    • 理由: 映画「君の名は。」の主題歌であり、キャッチーなメロディと楽しいリズムが結婚式の雰囲気に活気と輝きをもたらします。
  2. 「紅蓮華」 – LiSA
    • YouTubeリンク: 紅蓮華 – LiSA
    • 理由: アニメ「鬼滅の刃」の主題歌であり、パワフルで情熱的な楽曲が結婚式の入場シーンに盛り上がりとエネルギーを与えます。
  3. 「シュガーソングとビターステップ」 – UNISON SQUARE GARDEN
  4. 「夢花火」 – 米津玄師
    • YouTubeリンク: 夢花火 – 米津玄師
    • 理由: 映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の主題歌であり、明るく陽気な楽曲が結婚式の瞬間に笑顔と幸せを届けます。
  5. 「光るなら」 – Goose house
    • YouTubeリンク: 光るなら – Goose house
    • 理由: アニメ「四月は君の嘘」の主題歌であり、明るく希望に満ちたメロディと楽しい歌詞が結婚式の雰囲気に軽快さと楽しさをもたらします。
  6. 「Butter-Fly」 – 和田光司
    • YouTubeリンク: Butter-Fly – 和田光司
    • 理由: アニメ「デジモンアドベンチャー」のオープニング曲であり、元気で爽快な楽曲が結婚式の入場シーンに活気と元気を与えます。
  7. 「魂のルフラン」 – 井上あずみ
    • YouTubeリンク: 魂のルフラン – 井上あずみ
    • 理由: アニメ「幽☆遊☆白書」のエンディング曲であり、ノリの良いメロディと楽しい歌詞が結婚式の雰囲気に楽しさと笑顔をもたらします。
  8. 「煌めく瞬間に捕われて」 – TrySail
    • YouTubeリンク: 煌めく瞬間に捕われて – TrySail
    • 理由: アニメ「エロマンガ先生」のオープニング曲であり、キャッチーなメロディと楽しいアレンジが結婚式の雰囲気に軽快さと楽しさをもたらします。
  9. 「ハレ晴レユカイ」 – 平野綾, 茅原実里, 後藤邑子
  10. 「君じゃなきゃダメみたい」 – 亜咲花
    • YouTubeリンク: 君じゃなきゃダメみたい – 亜咲花
    • 理由: アニメ「ようこそ実力至上主義の教室へ」のオープニング曲であり、アップテンポで楽しい曲が結婚式の雰囲気に活気と笑顔をもたらします。

クラシックで盛り上がるオープニングムービーにおすすめの曲

結婚式のオープニングムービーにクラシックを選ぶと、エレガントで高貴な雰囲気が広がります。クラシックは曲そのものが物語を持っており、二人の大切な一日に華を添えます。

伝統的なクラシック曲の選曲例

オープニングムービーでよく使われるクラシックには、「結婚行進曲」や「愛の喜び」などがあります。これらの曲は結婚式の雰囲気にぴったり合います。

  1. ワーグナー – 「婚礼の合唱」
  2. プロコフィエフ – 「ロメオとジュリエット 第13曲」
  3. パッヘルベル – 「カノン」
  4. モーツァルト – 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
  5. バッハ – 「G線上のアリア」
  6. ショパン – 「ノクターン Op. 9 No. 2」
  7. ヴィヴァルディ – 「四季」より「春」
  8. シューベルト – 「アヴェ・マリア」
  9. ベートーヴェン – 「交響曲第九番 第四楽章」
  10. プロコフィエフ – 「ピーターと狼」より「序曲」

映画音楽曲の選曲例

映画音楽の中には、クラシック風の美しいメロディが数多く存在します。「美女と野獣」や「タイタニック」のテーマソングなど、映画の名シーンを思い出させる曲は大変効果的です。

  1. 「愛のテーマ」 – 映画「ロミオとジュリエット」より
  2. 「勇敢な心」 – 映画「ブレイブハート」より
  3. 「美女と野獣」 – 映画「美女と野獣」より
  4. 「シンデレラ」 – 映画「シンデレラ」より
  5. 「愛に生きる」 – 映画「ラ・ヴィータ・エ・ベッラ」より
  6. 「華麗なるギャツビー」 – 映画「華麗なるギャツビー」より
  7. 「ハリー・ポッターと賢者の石」 – 映画「ハリー・ポッターシリーズ」より
  8. 「タイタニック」 – 映画「タイタニック」より
  9. 「千と千尋の神隠し」 – 映画「千と千尋の神隠し」より
  10. 「ロッキー・ファンファーレ」 – 映画「ロッキーシリーズ」より

ポップスで盛り上がるオープニングムービーにおすすめの曲

ポップスは幅広い年齢層に親しまれるジャンルで、元気なイメージが結婚式のムードにマッチします。また、歌詞が分かりやすいため、ストーリーを伝えやすいのも特徴です。

先生の見解

ポップスは親しみやすさが魅力です。新郎新婦のキラキラした未来をイメージさせてくれる曲を選びましょう。

日本のポップス曲の選曲例

日本のポップスには、二人の幸せな日々や未来を描いた素敵な曲がたくさんあります。「365日の紙飛行機」や「明日へ」などは、特に人気の選曲例として挙げられます。歌詞がシンプルで、共感を呼ぶものを選ぶとゲストにも感動を与えられるでしょう。

  1. 「プロポーズ」 – Mr.Children
    • YouTubeリンク: プロポーズ – Mr.Children
    • 理由: 素直でロマンティックな歌詞と美しいメロディが、結婚式の瞬間に感動と幸せを届けます。
  2. 「未来予想図II」 – DREAMS COME TRUE
    • YouTubeリンク: 未来予想図II – DREAMS COME TRUE
    • 理由: 明るく前向きな歌詞とキャッチーなメロディが、結婚式の雰囲気に希望と幸福感をもたらします。
  3. 「奏」 – スキマスイッチ
    • YouTubeリンク: 奏 – スキマスイッチ
    • 理由: 温かな歌声と心に響く歌詞が、結婚式の瞬間に感動と幸せをもたらします。
  4. 「幸せ」 – いきものがかり
    • YouTubeリンク: 幸せ – いきものがかり
    • 理由: 穏やかで幸福感に満ちた歌詞と優しいメロディが、結婚式の雰囲気に安らぎと喜びをもたらします。
  5. 「プラネタリウム」 – 大塚愛
    • YouTubeリンク: プラネタリウム – 大塚愛
    • 理由: 愛について歌った切ない歌詞と美しいメロディが、結婚式の瞬間に感動と幸福感を与えます。
  6. 「糸」 – 中島美嘉
    • YouTubeリンク: 糸 – 中島美嘉
    • 理由: 深い感情を描いた歌詞と力強いボーカルが、結婚式の瞬間に感動と絆をもたらします。
  7. 「明日も」 – AAA
    • YouTubeリンク: 明日も – AAA
    • 理由: 前向きな歌詞とアップテンポなサウンドが、結婚式の雰囲気に明るさと希望をもたらします。
  8. 「幸福」 – JUJU
    • YouTubeリンク: 幸福 – JUJU
    • 理由: 素直で温かな歌詞と美しい歌声が、結婚式の瞬間に幸福感と感動をもたらします。
  9. 「ありがとう」 – いきものがかり
  10. 「明日への手紙」 – 手嶌葵

洋楽のポップス曲の選曲例

洋楽ポップスも結婚式のオープニングムービーにはぴったりです。懐かしさを感じさせる「Can’t Help Falling In Love」や元気で楽しい「Happy」などは、大人から子供まで幅広い年齢層のゲストに喜ばれるでしょう。

  1. “All You Need Is Love” – The Beatles
    • YouTubeリンク: All You Need Is Love – The Beatles
    • 理由: クラシックながらも普遍的な愛のメッセージを歌った楽曲で、結婚式の雰囲気に温かさと幸せをもたらします。
  2. “Can’t Help Falling in Love” – Elvis Presley
  3. “I Will Always Love You” – Whitney Houston
  4. “Marry Me” – Train
    • YouTubeリンク: Marry Me – Train
    • 理由: 温かな歌詞とキャッチーなメロディが、結婚式の瞬間に愛と喜びを届けます。
  5. “I Just Called to Say I Love You” – Stevie Wonder
  6. “A Thousand Years” – Christina Perri
    • YouTubeリンク: A Thousand Years – Christina Perri
    • 理由: 永遠の愛を歌った感動的なバラードで、結婚式の瞬間に感動とロマンティックな雰囲気を演出します。
  7. “Love Story” – Taylor Swift
    • YouTubeリンク: Love Story – Taylor Swift
    • 理由: 現代的なラブストーリーを歌った楽曲であり、結婚式の雰囲気にロマンティックさと喜びをもたらします。
  8. “I Don’t Want to Miss a Thing” – Aerosmith
  9. “Unchained Melody” – The Righteous Brothers
  10. “You Are the Best Thing” – Ray LaMontagne

ジャズで盛り上がるオープニングムービーにおすすめの曲

ジャズは落ち着きのあるスタイリッシュな雰囲気を醸し出します。オープニングムービーにジャズを用いると、格調高い結婚式のムードを作ることができます。

先生の見解

ジャズはおしゃれで大人な雰囲気が魅力です。あなたらしいセンスを見せつけて、ゲストを驚かせてみませんか。

クラシックジャズの選曲例

「Fly Me To The Moon」や「L-O-V-E」など、定番のクラシックジャズは時間を経ても色褪せない魅力を持っています。特に歌詞が英語なので、映像と一緒に楽曲の雰囲気だけで物語を表現するのに最適です。

  1. “Fly Me to the Moon” – Frank Sinatra
    • YouTubeリンク: Fly Me to the Moon – Frank Sinatra
    • 理由: スタイリッシュでロマンティックな楽曲であり、結婚式の雰囲気に華やかさとロマンスをもたらします。
  2. “Summertime” – Ella Fitzgerald & Louis Armstrong
  3. “What a Wonderful World” – Louis Armstrong
  4. “Cheek to Cheek” – Ella Fitzgerald & Louis Armstrong
  5. “My Funny Valentine” – Chet Baker
    • YouTubeリンク: My Funny Valentine – Chet Baker
    • 理由: 愛らしいメロディと優雅なトランペット演奏が、結婚式の雰囲気にロマンスと感慨深さを演出します。
  6. “Take the “A” Train” – Duke Ellington
    • YouTubeリンク: Take the “A” Train – Duke Ellington
    • 理由: クラシックなジャズのスタンダード曲であり、結婚式の入場シーンに躍動感と洗練された雰囲気をもたらします。
  7. “The Way You Look Tonight” – Frank Sinatra
  8. “In a Sentimental Mood” – Duke Ellington & John Coltrane
  9. “Unforgettable” – Nat King Cole
    • YouTubeリンク: Unforgettable – Nat King Cole
    • 理由: 美しい歌声とジャズの響きが、結婚式の瞬間に感動と永遠の愛を演出します。
  10. “It Don’t Mean a Thing (If It Ain’t Got That Swing)” – Ella Fitzgerald & Duke Ellington

モダンジャズの選曲例

モダンジャズの曲は新鮮な印象を与えます。「Take Five」や「Blue Rondo à la Turk」などは、遊び心のある結婚式を演出したいカップルにおすすめです。

  1. “Spain” – Chick Corea
    • YouTubeリンク: Spain – Chick Corea
    • 理由: 熱狂的なリズムと洗練されたソロが、結婚式の雰囲気に躍動感とスタイリッシュさをもたらします。
  2. “Cantaloupe Island” – Herbie Hancock
    • YouTubeリンク: Cantaloupe Island – Herbie Hancock
    • 理由: 中毒性のあるリフとグルーヴ感が、結婚式の入場シーンに躍動感と楽しさを加えます。
  3. “Watermelon Man” – Mongo Santamaria
    • YouTubeリンク: Watermelon Man – Mongo Santamaria
    • 理由: ファンキーで陽気なリズムが、結婚式の雰囲気に躍動感と陽気さをもたらします。
  4. “So What” – Miles Davis
    • YouTubeリンク: So What – Miles Davis
    • 理由: クールでモダンな楽曲であり、結婚式の瞬間に洗練さと深みを演出します。
  5. “Take Five” – The Dave Brubeck Quartet
    • YouTubeリンク: Take Five – The Dave Brubeck Quartet
    • 理由: ジャズ史上最も有名な曲の一つであり、結婚式の入場シーンにクールさとエレガンスをもたらします。
  6. “Moanin'” – Charles Mingus
    • YouTubeリンク: Moanin’ – Charles Mingus
    • 理由: 力強いリズムと情熱的な演奏が、結婚式の雰囲気に力強さと感動を加えます。
  7. “Nardis” – Bill Evans
    • YouTubeリンク: Nardis – Bill Evans
    • 理由: 深い感情と繊細なピアノの演奏が、結婚式の瞬間に感慨深さとロマンティックさをもたらします。
  8. “Footprints” – Wayne Shorter
    • YouTubeリンク: Footprints – Wayne Shorter
    • 理由: モダンなリズムとクールなサウンドが、結婚式の雰囲気に洗練さと躍動感を演出します。
  9. “Maiden Voyage” – Herbie Hancock
    • YouTubeリンク: Maiden Voyage – Herbie Hancock
    • 理由: 穏やかな雰囲気と美しいメロディが、結婚式の瞬間にリラックス感と穏やかさをもたらします。
  10. “Blue in Green” – Miles Davis
    • YouTubeリンク: Blue in Green – Miles Davis
    • 理由: 静謐で美しい曲であり、結婚式の雰囲気に深みと感動を加えます。

オープニングムービーを盛り上げる曲選びのポイント

曲選びはムービーの雰囲気を決定づける重要な要素です。自分たちのお気に入りの曲、共有の思い出がある曲など、曲の選び方一つでゲストに伝えるメッセージが大きく変わることもあります。

曲選びにおける注意点

曲選びをする際には、自分たちの好きな曲だけでなく、全体の雰囲気に合う曲、またゲスト全体が楽しめる曲を選ぶことが大切です。また、著作権法にも注意が必要で、公的な場で使用するためには適切な許諾を得る必要があります。

先生の見解

曲選びはゲストが楽しむことを念頭に置きつつ、新郎新婦の思い出や感情を反映させることが大切です。

曲のテンポと雰囲気の選び方

ムービーの流れに合わせて曲のテンポや雰囲気を選びましょう。開始はゆっくりとした曲でムードを作り、クライマックスではテンポの良い曲で盛り上げるのが基本です。

新郎新婦の共通の思い出の曲の活用方法

新郎新婦の共通の思い出の曲を使用することで、ゲストに二人の絆を感じてもらえます。初デートの際の曲や、お互いに特別な意味を持つ曲など、選曲には工夫が求められます。

先生の見解

思い出の曲はゲストに二人のストーリーを伝え、より一層の感動を呼び起こします。

オープニングムービーでの曲の使用許諾について

オープニングムービーで曲を使用するには、著作権法に基づいた手続きが必要です。無許可で使用すると法的問題が生じる可能性があるため、事前に準備を整えましょう。

著作権法と結婚式での音楽使用

著作権法は、曲の作曲家や歌詞の作者など、作品の著作権者の利益を保護します。結婚式で音楽を流す場合、公共の場での演奏となるため、著作権法の対象となります。適切な手続きを踏まずに使用すると、法的なトラブルにつながる可能性があるので注意が必要です。

先生の見解

音楽を使用する際は、必ず著作権に配慮しましょう。無断で使用すると、後々法的なトラブルになることもあります。

使用許諾を得る手続き

音楽の使用許諾を得る手続きは、曲によって異なります。日本音楽著作権協会(JASRAC)に登録されている曲は、JASRACに申請することで使用許諾を得ることができます。一部の楽曲は別の団体に登録されている場合もあるため、事前に確認しておくことが大切です。

ゲストを感動させるオープニングムービーの作り方

ゲストが感動するオープニングムービーを作るには、曲と映像のマッチングやゲストに喜ばれる映像内容など、いくつかのポイントがあります。

先生の見解

オープニングムービーは、あなたたちの物語をゲストに伝える大切なツールです。映像と音楽が一体となって、ゲストの心に残る感動を与えましょう。

曲と映像のマッチングのコツ

曲と映像のマッチングはオープニングムービーの心地よさを左右します。選んだ曲のテンポや雰囲気に合わせて、映像の切り替えタイミングを調整することが大切です。また、歌詞と映像がリンクするように工夫すると、より一体感のあるムービーになりますよ。

先生の見解

曲と映像のマッチングが成功すると、一体感が生まれて感動的なムービーになります。一生に一度の大切な日だからこそ、細部までこだわりましょう。

ゲストに喜ばれる映像内容の工夫

ゲストに喜ばれる映像内容とは、新郎新婦の成長過程や二人の出会いからこれまでのエピソードを盛り込むことです。そして、特に重要なのはゲスト自身が出てくる映像です。予めゲストから写真や映像を集め、それを上手く織り込むことで、ゲスト一人ひとりが自分事として感じ、より感動的なムービーになるでしょう。

先生の見解

ゲストが主役になる瞬間を作ると、一層の盛り上がりを感じることができます。皆が楽しめるような工夫を忘れずに!

映像編集で大切なポイント

映像編集では、動きのある映像と静止画のバランス、画像の明るさや色合いの統一感、そして何よりもストーリーの流れを大切にしましょう。また、映像が長すぎるとゲストの興味が途切れてしまうので、適度な長さにまとめることも重要です。

先生の見解

映像編集は、ストーリーを伝えるための重要なステップです。自分たちの物語を一瞬でも伝えられるよう、バランスを保つことが大切です。

まとめ

結婚式のオープニングムービーは、ゲストを結婚式の雰囲気へと誘い、新郎新婦の物語を伝える素晴らしい手段です。選曲から映像作成、さらには法的な著作権に至るまで、その作成には様々な要素が絡み合います。しかし、それぞれのポイントを押さえ、自分たちらしいムービーを作ることで、一生の思い出に残る特別な時間を作ることができます。

Q&A

Q1: オープニングムービーの作成に必要な時間はどれくらいですか?

それは制作内容や使用する写真や映像の量、曲の選び方などによりますが、一般的には1ヶ月程度は見ておくと安心です。

Q2: 自分で作るとしたら、どのソフトを使うといいですか?

初心者でも扱いやすいソフトとしては、iMovieやAdobe Premiere Elementsなどがあります。

Q3: オープニングムービーの映像はどんなものがおすすめですか?

二人の出会いから結婚までのエピソードや、日常の楽しかった瞬間を切り取った写真や映像、友人や家族からのメッセージなどが良いでしょう。

関連する記事

Comments are closed.

Post Navigation