結婚式は一生に一度の特別な日。その中でも特に注目されるのが新郎新婦の入場シーン。そのシーンを盛り上げる「オープニングムービー」。あなたはどんな「オープニングムービー」を想像しますか? 映像だけでなく、背景に流れる音楽もその印象を大きく左右します。でも、どんな曲を選んだらいいの?どんな演出をすればいいの?そんな疑問を持つ新郎新婦の皆さんへ、この記事では2023年にも使えるオープニングムービーにおすすめの曲と曲選びのポイントをご紹介します。

新郎新婦吹き出し左側用アイコン

2023年に人気の楽曲にはどんなものがあるでしょうか?

先生の見解

結婚式オープニングムービーで使われる楽曲にもある程度の流行はありますが、やっぱりずーっと変わらない定番曲も人気が高いですよ。詳しく見ていきましょう。

この記事に関連するおすすめ記事

はじめに

結婚式は一生に一度の大切な日。そんな日のハイライトとなるのが新郎新婦の入場シーン。そしてそのシーンを盛り上げるのが「オープニングムービー」です。

結婚式での「オープニングムービー」の意義とは?

「オープニングムービー」は新郎新婦の愛の物語をゲストに伝え、一層感動的な雰囲気を作り出します。映像とともに流れる音楽も、その感動を高める重要な役割を果たします。

先生の見解

映像だけではなく、音楽も大切な演出の一部なのですよ。

「オープニングムービー」による新郎新婦の入場シーン演出の例

例えば、2人が出会った日から今日までの歩みを映像として繋げ、背景には2人のテーマソングを流す。あるいは、2人が一緒に過ごした思い出の場所を映像にして、その場所にまつわる音楽をBGMにするなど、工夫次第で色々な演出が可能です。

おすすめの結婚式オープニングムービー

ここではおすすめの「オープニングムービー」をいくつかご紹介します。

インスタ風オープニングムービーテンプレート - weddingram

先生の見解

写真やコメントを差し替えるだけで誰でも作れるオープニングムービーです

2023年版!結婚式のオープニングムービーで人気の曲20選

結婚式のオープニングムービーの曲選びは難しいかもしれません。特に2023年は新しい音楽のトレンドがたくさんあります。ここでは2023年に人気の曲ついて紹介します。

「115万キロのフィルム」 – Official髭男dism

「115万キロのフィルム」 – Official髭男dism この曲は、Official髭男dismの代表曲で、美しいメロディーと感動的な歌詞が特徴です。結婚式のムービーでよく使用される理由は、その歌詞にあります。人生の旅路を描いた詩的な歌詞は、新郎新婦のこれまでの道のりとこれからの旅を象徴しています。

「Million Films」 – コブクロ

「Million Films」 – コブクロ コブクロの「Million Films」は、人生の価値と愛について歌った曲です。二人の歩んできた人生を「100万枚撮りのカメラでも取り切れないほどの思い出」として描写している点が、結婚式のムービーにピッタリで人気があります。その感動的なメッセージと美しいメロディーは、結婚式のムービーに深い感動をもたらします。

「にじいろ」 – 絢香

「にじいろ」 – 絢香 絢香の「にじいろ」は、人生の困難を乗り越えてきた人々へのエールとして広く知られています。その力強いメッセージと美しいメロディーは、新郎新婦のこれまでの道のりとこれからの旅を象徴しています。

「The Gift」 – Blue

「The Gift」 – Blue 「The Gift」は、愛と感謝のメッセージを伝える美しい曲です。その感動的な歌詞とメロディーは、結婚式のムービーにぴったりの選択です。

「ハルノヒ」 – あいみょん

「ハルノヒ」 – あいみょん この曲はあいみょんが作詞・作曲を手掛けた楽曲で、春の日を象徴するような穏やかなメロディーと歌詞が特徴です。歌詞には家族愛がテーマとして込められており、特に「クレヨンしんちゃん」の両親である野原ひろしとみさえの愛情を描いています。そのため、結婚式のムービーで使用すると、新郎新婦のこれまでの生活や家族への感謝の気持ちを表現するのに適しています。また、あいみょんの独特な歌唱力と感情表現が、映像と相まってより一層の感動を呼び起こします。

「Lovers」 – sumika

「Lovers」 – sumika この曲は、バンドsumikaが手掛けた楽曲で、恋人たちの切ない思いを描いた歌詞が特徴です。そのメロディーは心地よく、また歌詞は恋人たちの深い絆と愛情を表現しています。結婚式のムービーで使用すると、新郎新婦の愛の深さや絆を視覚的に表現することができます。また、sumikaの独特な歌唱力と感情表現が、映像と相まってより一層の感動を呼び起こします。

「君とつくる未来」 – ケツメイシ

君とつくる未来」 – ケツメイシ ケツメイシの「君とつくる未来」は、これから2人で共に未来へ向かって歩もうとしている前向きな歌で、ウエディングソングとしても人気です。その歌詞は、新郎新婦がこれから共に歩んでいく未来への期待と希望を描いています。また、ケツメイシの軽快なラップとポジティブなメッセージが、新郎新婦のこれからの人生を祝福するムードを高めます。

「虹」 – 菅田将暉

「虹」 – 菅田将暉 菅田将暉の「虹」は、映画「STAND BY ME ドラえもん2」の主題歌としても知られています。この曲の歌詞は、恋人や家族や友達への感謝の気持ちを表現しています。日々の生活の中で、当たり前に過ごしている時間の中で、忘れがちな「ありがとう」という言葉を、いつもそばにいてくれる大切な人たちへ伝える歌です。結婚式のムービーで使用すると、新郎新婦がこれまで支えてくれた家族や友人への感謝の気持ちを表現するのに適しています。

「Photograph」 – Ed Sheeran

「Photograph」 – Ed Sheeran この曲は、イギリスのシンガーソングライター、エド・シーランが手掛けた楽曲で、遠距離恋愛中の恋人へ向けたメッセージが込められています。歌詞は、恋人への深い愛情と、遠く離れていても心はいつも一緒にいるというメッセージを伝えています。そのため、結婚式のムービーで使用すると、新郎新婦の愛の深さや絆を視覚的に表現することができます。また、エド・シーランの感情豊かな歌唱力が、映像と相まってより一層の感動を呼び起こします。

「ロマンチシズム」 – Mrs. GREEN APPLE

「ロマンチシズム」 – Mrs. GREEN APPLE Mrs. GREEN APPLEの「ロマンチシズム」は、人間の愛情や恋愛についての深いメッセージが込められた楽曲です。歌詞は、恋愛を通じて自分自身の醜さや困難に直面しながらも、それを乗り越えて成長していく人間の姿を描いています。また、恋愛をすることで人間が大きく成長するというメッセージも込められています。結婚式のムービーで使用すると、新郎新婦がこれまでの恋愛を通じてどのように成長してきたかを雰囲気のある形で伝えることができます。

「ハルカ」 – YOASOBI

「ハルカ」 – YOASOBI YOASOBIの「ハルカ」は、自分自身や周りの人と過ごした思い出や涙が、今の自分やたくさんの愛につながっていることについて歌われている楽曲です。感謝の気持ちが歌詞に込められており、いつまでも幸せであり、愛しているという気持ちが表現されています。結婚式のムービーで使用すると、新郎新婦がこれまでの経験や感情を通じてどのように成長し、愛情を深めてきたかを視覚的に表現することができます。

「Stand by me, Stand by you.」 – 平井大

「Stand by me, Stand by you.」 – 平井大 この曲は、平井大が手掛けた楽曲で、「僕のそばに居て、あなたのそばに居る」という直訳のタイトルが示す通り、特別な人への真っ直ぐな愛情を歌ったラブソングです。歌詞は、出会って恋に落ちて、愛し合う2人を”ありきたりな話”として描いています。結婚式のムービーで使用すると、新郎新婦がこれまでの恋愛を通じてどのように愛情を深めてきたかを視覚的に表現することができます。

「Family Song」 – 星野源

「Family Song」 – 星野源 この曲は、星野源が手掛けた楽曲で、家族とは何かというテーマを探求しています。歌詞は、家族とは血のつながりだけではなく、心から相手の幸せを願える関係性を指すというメッセージが込められています。結婚式のムービーで使用すると、新郎新婦がこれまでの家族や友人との関係性や、これから築いていく新たな家族との絆を視覚的に表現することができます。

「ありがとうの輪」 – 絢香

「ありがとうの輪」 – 絢香 この曲は、絢香が手掛けた楽曲で、身近な人たちへの感謝の気持ちが綴られています。歌詞は、母親への感謝の気持ちをストレートに伝えており、その感謝の気持ちが一つの輪となって広がっていく様子を描いています。結婚式のムービーで使用すると、新郎新婦がこれまで支えてくれた家族や友人への感謝の気持ちを表現するのに適しています。

「Love so sweet」 – 嵐

「Love so sweet」 – 嵐 この曲は、嵐が手掛けた楽曲で、遠距離恋愛中の恋人へ向けたメッセージが込められています。歌詞は、「思い出ずっとずっと忘れない空 二人が離れていっても こんな好きな人に出会う季節二度とない」、「信じることが全て」、「伝え切れぬ愛しさは花になって街に降って どこにいても君をここに感じてる」等、離れた場所にいる相手に向けてのメッセージが多くかかれています。結婚式のムービーで使用すると、新郎新婦がこれまでの恋愛を通じてどのように愛情を深めてきたかを視覚的に表現することができます。

「ただ、ありがとう」 – MONKEY MAJIK

「ただ、ありがとう」 – MONKEY MAJIK この曲は、MONKEY MAJIKが手掛けた楽曲で、感謝の気持ちをストレートに伝える歌詞が特徴です。歌詞は、「ただありがとうを 伝えたくて ただ キミの笑顔を 見たくてもう振り向かないよ 瞳の先へいま 幸せを伝えたくて 大切な人が誰かってね」と、感謝の気持ちと幸せを伝えたいというメッセージが込められています。結婚式のムービーで使用すると、新郎新婦がこれまで支えてくれた家族や友人への感謝の気持ちを表現するのに適しています。

「Buddy」 – 平井大

「Buddy」 – 平井大 この曲は、平井大が手掛けた楽曲で、パートナーへの深い愛情と感謝の気持ちを歌った楽曲です。歌詞は、「目の前の大切なパートナー = Buddyとの愛に溢れた日常を切り取ったハートウォーミングな楽曲」と評されています。結婚式のムービーで使用すると、新郎新婦がこれまでの恋愛を通じてどのように愛情を深めてきたかを視覚的に表現することができます。

「恋だろ」 – wacci

「恋だろ」 – wacci この曲は、wacciが手掛けた楽曲で、恋の魅力を思い出させてくれるようなラブソングです。歌詞は、「性別も年齢も家柄も国籍も外見も年収も過去も何もかも全部関係ないのが恋だろ」と、恋における全ての垣根を越える力を表現しています。結婚式のムービーで使用すると、新郎新婦がこれまでの恋愛を通じてどのように愛情を深めてきたかを視覚的に表現することができます。

「笑顔」 – いきものがかり

「笑顔」 – いきものがかり この曲は、いきものがかりが手掛けた楽曲で、笑顔を通じて人々に勇気を与えるメッセージが込められています。歌詞は、「だから僕は笑ってほしいんだ だから君と生きていたいんだかけがえのないひとよ 僕は君を守り続けたい君がそこにいてくれることが ただその小さな奇跡」と、笑顔を通じて人々に勇気を与えるメッセージが込められています。結婚式のムービーで使用すると、新郎新婦がこれまでの恋愛を通じてどのように愛情を深めてきたかを視覚的に表現することができます。

「気まぐれロマンティック」 – いきものがかり

「気まぐれロマンティック」 – いきものがかり この曲は、いきものがかりが手掛けた楽曲で、恋愛のアップテンポな曲です。歌詞は、「ロマンティック 恋のアンテナは 嵐で何処かへ飛んでいった嘘でしょう 冷たく遇ったこしゃくなエクボに ちょっと 心が揺れてるホントは 本気であたしを 叱って」と、恋愛の気まぐれさや楽しさを表現しています。結婚式のムービーで使用すると、新郎新婦がこれまでの恋愛を通じてどのように楽しみ、愛情を深めてきたかを視覚的に表現することができます。

自分たちの物語を演出する曲選びのポイント

曲選びの一つのポイントは「自分たちの物語をどう演出するか」です。二人の出会いや共に過ごした時間、これからの未来への願いなどを表現できる曲を選ぶと、より感動的なムービーになります。

「オープニングムービー」の曲選びで考えるべき「結婚式」のテーマ

結婚式のテーマによっても、オープニングムービーの曲選びは変わります。ここでは、ロマンティックなテーマとハッピー&ポップなテーマについて、それぞれの曲選びのポイントをご紹介します。

ロマンティックなテーマのための曲選び

ロマンティックな結婚式には、感動的で心に残るバラードを選ぶと良いでしょう。特に、歌詞が二人の愛を表現している曲は、ゲストにも感動を与えることができます。

ハッピー&ポップなテーマのための曲選び

一方、明るく楽しい雰囲気の結婚式には、アップテンポでポップな曲がおすすめです。ノリの良い曲は、場の雰囲気を盛り上げ、ゲストを楽しませることができます。

先生の見解

曲選びは、結婚式のテーマをより一層引き立てる大切な要素ですよ。

2023年の流行を取り入れた「オープニングムービー」BGMの選び方

次に、2023年の音楽トレンドを取り入れたオープニングムービーのBGM選びについて見てみましょう。音楽の流行を取り入れることで、より時代感のある結婚式になります。

2023年の音楽トレンドとは?

2023年の音楽トレンドとは、最新のポップ音楽の傾向や、新進気鋭のアーティスト、再評価されているクラシックなど、その年特有の音楽風景を指します。これらを押さえて曲選びをすると、一層印象的なオープニングムービーになります。

トレンドを反映した曲の選び方

トレンドを反映した曲の選び方は、まずその年のヒット曲やアーティストを調査することから始めます。そしてその中から、自分たちの物語や結婚式のテーマに合う曲を選びます。

先生の見解

トレンドを取り入れることで、結婚式が一段と華やかになりますよ。

結婚式の雰囲気に合わせたクラシック音楽の選び方

音楽のジャンルとして、クラシック音楽も結婚式のオープニングムービーにはピッタリです。厳かで落ち着いた雰囲気を醸し出すことができますので、クラシック音楽についてもご紹介します。

クラシック音楽で醸し出す上品で格式高い雰囲気

クラシック音楽は、格式高い雰囲気を作り出すことができるのが特徴です。特に、バロックや古典派の楽曲は、荘厳さと美しさを兼ね備えています。また、オーケストラの豊かな響きは、結婚式という特別な場にふさわしいです。

「オープニングムービー」で使うべきクラシック音楽の推奨曲

クラシック音楽の中には、幅広いジャンルと多数の楽曲があります。その中から、結婚式のオープニングムービーにおすすめの曲を選んでみました。詳しくは各曲の解説でご覧ください。

先生の見解

クラシック音楽は落ち着いた雰囲気作りにピッタリ。でも、曲選びは難しいかもしれませんね。それぞれの曲がどのような雰囲気を持っているのか、しっかりと理解することが大切ですよ。

著作権について:「オープニングムービー」で曲を使うときの注意点

オープニングムービーに音楽を使う際には、著作権に注意が必要です。ここでは、結婚式で音楽を使うときの著作権法と、著作権フリーの音楽を利用するメリットについて説明します。

結婚式で音楽を使うときの著作権法

結婚式で音楽を使用する際、特に注意すべきなのが著作権法です。楽曲は作詞者、作曲者、演奏者などに著作権が存在し、その楽曲を公開の場で使用する場合、通常は許諾を得る必要があります。しかし、実際の結婚式の場では、規模や形態により特例がありますので、具体的な使用法については専門家に相談することをお勧めします。

著作権フリーの音楽を利用するメリット

著作権フリーの音楽を使用すると、多くのメリットがあります。一つ目は、使用料が必要ない点です。二つ目は、著作権による制約を気にせずに、自由に使うことができる点です。自分たちの結婚式の雰囲気に合った音楽を見つけられる可能性がありますよ。

先生の見解

著作権には注意しましょう。著作権フリーの音楽を利用することで、安心してオープニングムービーを楽しむことができますよ。

まとめ:「結婚式」の「オープニングムービー」に最適な曲選びで、2023年のあなたの大切な日を彩る

ここまで、「結婚式」の「オープニングムービー」の曲選びについてお話しました。自分たちの好きな曲を選ぶことはもちろん大切ですが、テーマや雰囲気、そしてゲストへのメッセージも考えて選びましょう。

曲選びと結婚式の成功への道のり

曲選びは結婚式の成功に大きく影響します。ゲストに感動を与え、自分たちの大切な一日をさらに特別なものにするためには、最適な曲選びが重要です。

一言アドバイス

2023年の結婚式を迎える皆さんへ、最後にアドバイスをお伝えします。あなたたちの結婚式は、あなたたちだけの特別な日。だからこそ、自分たちらしさを大切にしてください。それが最高の結婚式につながりますよ

まとめ

この記事では、「オープニングムービー」の意義とその演出の例をご紹介し、結婚式のオープニングムービーにおすすめの2023年人気の曲をご紹介しました。また、自分たちの物語を反映した曲の選び方や、流行の曲を取り入れる方法についても触れました。「オープニングムービー」は一生に一度の結婚式をより印象深いものにする大切な要素です。どんな曲を選ぶかは、新郎新婦のお二人の個性やテーマによります。この記事があなたの結婚式準備の参考になれば幸いです。

Q&A

Q1: オープニングムービーで流す曲の選び方は?

A: まずは新郎新婦のお二人が共感できる曲、そして二人の物語をうまく表現できる曲を選びましょう。また、流行の曲を取り入れるのもおすすめです。

Q2: オープニングムービーの制作にどのくらいの時間が必要ですか?

A: 映像の内容や複雑さにもよりますが、通常は約1-2ヶ月前に準備を始めることをおすすめします。

Q3: BGMに使う曲は著作権は大丈夫ですか?

A: 公的な場で音楽を流す場合、著作権法により著作権料が発生する可能性があります。詳しくは各音楽の著作権情報をご確認ください。

関連する記事

Comments are closed.

Post Navigation