• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のオープニングムービーに予め前撮り撮影した素材を入れ込みたいという新郎新婦様も多くおられます。挙式の前にウェディングドレスを着て前撮りを行ったり、海外で結婚式を挙げてこられた新郎新婦様などでは海外ウェディングの様子を写した前撮り撮影写真などをオープニングムービーに入れ込むことが出来ます。オープニングムービーの構成は自由度が高くいろいろなパターンで構成されています。前撮り撮影した写真や動画素材は上手に入れ込んでオープニングムービーで紹介したいものです。このページではそんな前撮り撮影した素材を上手にオープニングムービーに入れ込んでいく時のコツやポイントについて考察しています。

オープニングムービー制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsが結婚式のオープニングムービー制作にもおすすめなのは、オープニングムービー専用のテンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させればとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • オープニングムービーのテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

前撮り撮影素材をオープニングムービーに入れる

結婚式のオープニングムービーの中に前撮りで撮影しておいた写真や動画を入れこみたいというご要望は多くの新郎新婦様が持っておられます。オープニングムービーでは新郎新婦それぞれがスナップで撮影してきた写真をたくさん使うことも出来ますが、プロの方に撮影してもらった前撮り写真やロケーション撮影などを行ってきた動画素材を活用するとさらにグレードの高いオープニングムービーを作ることも出来ます。具体的に前撮り撮影素材を活用したどんなオープニングムービーのパターンがあるのか見ていきましょう。

前撮り撮影の写真や動画を使ったオープニングムービー

撮影スタジオやロケーション撮影などで結婚式とは別の日程で撮影だけを行われる新郎新婦様も少なくはありません。スマホやデジカメの性能が大幅に上がってきているとはいってもやはり写真撮影のプロに撮影してもらった写真は構図や光の入り具合、被写界深度ボケなど色々な点でやはり素人の撮影よりも格段に綺麗です。

撮影スタジオでは完全にコントロールされた光の中で撮影が出来るので、ほとんど完璧な状態で色の諧調をしっかりと使いきった綺麗な写真を撮影できます。ロケーション撮影では海辺やお花畑などのとてもきれいな場所であったり、新郎新婦のゆかりの場所に行って撮影を行うことも出来ます。

色と構図の綺麗な写真を使うだけでオープニングムービーのクオリティが一気に上がりますので、前撮り撮影した素材がある新郎新婦様は是非オープニングムービーに上手に組み込んで使いましょう。バシッと決まった写真は冒頭やラストのキメの1枚として使うとより効果的で印象に残ります。

プロモーションビデオのよう音楽中心のオープニングムービー

前撮り撮影する素材は写真だけではなく動画でも可能です。事前に動画で撮影しておいた動画素材を活用してオープニングムービーを構成していく事も出来ます。動画で撮影した素材を活用するオープニングムービーでは、お気に入りや人気のミュージックビデオをパロディするものなど結婚式ではしばしば用いられる人気の表現の1つです。アーティストが音楽に合わせて踊っているプロモーションビデオを、結婚式に参加するゲストが余興としてパロディ撮影したムービーなども結婚式で上映されることがあります。

音楽をメインに使って、撮影素材を上手に合わせてミュージックビデオのように編集してオープニングムービーを作っていく事も出来ます。このパターンではベースとなるプロモーションビデオを決めてしまって、基本は真似していくだけといったオープニングムービー作り方が多いのでそれほど難しくなくチャレンジすることが出来ます。

オープニングムービーに撮影した動画素材を組み込んでいきたいとお考えの新郎新婦様はプロモーションビデオをモチーフにするというのも1つのアイデアになります。

インタビュー形式のドキュメンタリー風オープニングムービー

事前に撮影した動画素材を活用するオープニングムービーのパターンには他にもインタビュー形式のドキュメンタリー番組風で作るというパターンもあります。情熱大陸をパロディしたオープニングムービーや、ドキュメンタリー番組のプロフェッショナルをモチーフにしてパロディしている結婚式のムービーもしばしばあります。

インタビュー形式で新郎新婦の事を紹介したり、相手の事をどう思っているのかといった情報を入れ込んでいくと、結婚式の1つの余興のような形でゲスト全員が楽しめる構成で作っていく事が出来ます。オープニングムービーをドキュメンタリータッチにして、色々なテレビ番組風にしてみるというのも面白い個性的なアイデアといえるでしょう。

パロディ=パクリともいえるのでプロとしてはなかなか手が出せない領域ですが、自分たちの結婚式で上映して楽しむパロディ動画をとがめる方はあまりいないでしょう。自分たちでオープニングムービーを作る新郎新婦様は楽しみながら前撮りした撮影素材を使って色々なドキュメンタリー番組風に作ってみるというのもおススメの作り方です。

オープニングムービーには前撮り撮影素材も是非使いましょう

オープニングムービーだけではなく結婚式で上映する全てのムービーに言えることですが、事前に撮影しておいた動画や写真素材がせっかくあるのであれば、是非オープニングムービーの中で使いましょう。プロに撮影してもらった写真や動画素材では、少し芝居がかった写真もたくさん入っていることと思いますが恥ずかしいと感じる必要は全くありません。

多くのケースでやはりプロに撮影してもらった写真や動画素材を使ったオープニングムービーはゲストを魅了するクオリティに仕上がっています。逆にオープニングムービー全体の構成やデザインやアニメーションが良くても、使う写真のクオリティが低いと、素人臭さが印象に残るオープニングムービーになってしまいます。

いいと感じるオープニングムービーは意外と構成や編集自体はシンプルで、利用している写真が良いという事も多いです。

事前にしっかり時間をとって撮影した写真や動画がある新郎新婦様は是非出し惜しみせずに撮影した素材を活用されてくださいね。

撮影素材を活用してクオリティの高いオープニングムービーが作れますように・・・。

無料素材&テンプレート

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation