結婚式のオープニングムービーを自分たちで作られる新郎新婦様はとても多くおられます。実際にオープニングムービーを自作しようと試行錯誤してみると、テーマをはっきりと決定してしまった方が作りやすいことに気づかれるかもしれません。オープニングムービーを作っていく時に人気のある一つのテーマが「おしゃれ」な雰囲気のオープニングムービーです。写真の見せ方や選び方だけではなく、BGMやオープニングムービー全体のデザインをオシャレなデザインにまとめてオシャレをテーマにしたオープニングムービーを作っていきます。この記事ではオシャレなオープニングムービーを作るときに参考にしていただけるおすすめのオープニングムービーをいくつかピックアップしてご紹介しています。

新郎新婦吹き出し左側用アイコン

オープニングムービーはおしゃれなものにしたいです!

先生の見解

しゃれたデザインや配色のオープニングムービーは新郎新婦への印象も良いものになるので、人気が高くお勧めですよ。詳しく見ていきましょう。

この記事に関連するおすすめ記事

オシャレなオープニングムービー

blank

オシャレなオープニングムービーを作る為のとても良い方法の1つが、過去の先輩方のオシャレなオープニングムービーを実際にみて学ぶことです。オシャレと一言にいっても、その表現方法は様々です。アニメーションを使ってオシャレな印象を与えるムービーを作っていくのか、文字のデザインや背景のデザインなどのデザイン要素にこだわって作っていくのか、様々なパターンが考えられます。このページでは以下にオシャレなオープニングムービー作りの参考にできるおすすめの作品をいくつかピックアップしています。編集ファイルをダウンロードできるものもあるので、実際にどのように作っているのかもダウンロードして参考にしていただければと思います。

コマ撮り風のおしゃれなオープニングムービー

オシャレな雰囲気で結婚式のオープニングムービーを作るなら、コマ撮りという表現もとてもおススメです。コマ撮りというのは写真を1コマずつ撮っていき最後にすべてをつなげることでカクカクとしたオシャレなアニメーションを作成することが出来る動画の表現技法です。ストップモーション動画などとも呼ばれます。オシャレなオープニングムービーというとデザイン要素がメインとなりがちですが、アニメーションでもオシャレな雰囲気を作ることが可能です。
切り取ったや落書きを行ってオシャレにした写真を利用すれば、さらにおしゃれ感のあるオープニングムービーに仕上げていく事が出来ます。写真が少しずつ集まっていくアニメーションがカクカクとコマ撮り風の動きで作成されていきます。通常このコマ撮りの表現をゼロから作成するためには本当に1コマずつの撮影が必要になるため、とても時間がかかります。しかしこのオープニングムービーは写真やコメントを入れるだけで簡単に作ることが出来る仕様になっています。コマ撮りというオシャレな演出技法を取り入れたいけど、時間がないという方は編集ファイルを利用して差し替えてみてはいかがでしょうか?

コラージュがおしゃれなオープニングムービー

コラージュオープニングムービー - collage - AE版

コラージュというデザイン表現もオシャレな表現の一つです。コラージュというのは新聞の切り抜き、英語の雑誌、壁紙、アクセサリーなど質感の違うものを色々と組み合わせて新しいデザインを作り上げる手法です。このコラージュという技法を使ったオシャレ雑貨も多く、雑貨屋などへ出かけたときにコラージュの技法が利用された雑貨屋手帳などを見かけたことがある新郎新婦様も少なくないのではないでしょうか?
オープニングムービーでもこのコラージュという技法を使って手軽にオシャレな雰囲気にすることが出来ます。サンプルの映像では3次元空間内に実際に様々なデザイン要素を配置してコラージュ風のオープニングムービーを作成しています。こちらのオープニングムービーも写真を切り取ったり、自分で落書きを加えたりするとよりオリジナリティの高いオシャレなオープニングムービーに仕上がります。写真の切り取り編集ともとても相性が良いおしゃれなオープニングムービーです。

モザイク画を使ったおしゃれなオープニングムービー

モザイク画と3Dオープニングムービー - 3dspace - AE版

モザイク画という表現技法もオシャレな絵画作品などにしばしば利用されます。モザイク画の表現を使ってあらたに作成された1枚の写真などの芸術作品を駅やポスターなどでも見かけたことがある方も多いかもしれません。モザイクアート作品を作ることが出来るアプリやソフトも公開されているようです。
このオープニングムービーでは新郎新婦やゲストなどを紹介するときに利用する様々な写真を利用して、自動的にモザイク画の表現を作成します。写真やコメントを差し替えるだけで自動的に編集が行われるので、モザイク画というオシャレなデザインをオープニングムービーに手軽に取り入れることが出来ます。あっと驚くような表現も取り入れつつオシャレにオープニングムービーを作りあげたい新郎新婦様におススメです。

イラストで紹介するおしゃれなオープニングムービー

オープニングムービー - スケッチブック - AE版

新郎新婦やゲストの写真をイラスト調に変換して表示するというのもオシャレでおすすめの表現技法の1つです。Youtubeなどを見ると、実際にイラストを手で書いていく様子を動画にしてアップしている映像作品も数多く存在します。イラストがまるで写真のように書き上げられていく様子はとても人気で、魅了されるオシャレな表現技法の1つと言えるかもしれません。チョコレートや砂や光といった題材で新郎新婦の写真を表現するアーティストもいます。
このオープニングムービーでは写真の中にある陰影や輪郭線を元にして、自動的にイラストが作成されます。イラストの質感から徐々に実際に利用する写真に変化していく様子は手品のようで、動画でしか作ることが出来ない面白い表現の一つです。オシャレなデザインやアニメーションも取り入れつつ、驚くような映像技法も取り入れたい新郎新婦様に人気です。

古いフィルム風の質感でオシャレに紹介するオープニングムービー

古いフィルム風オープニングムービー

古いフィルムという表現技法も結婚式のムービーの中ではよく利用されます。新郎新婦二人の写真をあえて古ぼけさせてクラシックな印象で紹介していきます。アンティークや古着といったイメージはオシャレなデザインを作り上げるためにアイデアやリファレンスとして利用されることも多いモチーフです。
古いフィルムやネガといったイメージを使ってオシャレにオープニングムービーを作りたい新郎新婦様は、こちらの古いフィルム風のオープニングムービーもおススメです。

“オープニングムービーとは”

結婚式の一部として、新郎新婦の入場シーンを盛り上げるための映像演出があります。それが「オープニングムービー」です。このムービーは、ゲストへの歓迎や感謝のメッセージを伝えるだけでなく、新郎新婦のことや家族、そしてパフォーマンスをしてくれるゲストのことを全ての参加者に紹介する役割も果たします。

 “結婚式での役割と意義”

オープニングムービーは、結婚式の雰囲気を一気に盛り上げる重要な役割を果たします。新郎新婦のこれまでの歩みや二人の関係性を映像と音楽、ナレーションで表現することで、ゲストに二人のストーリーを深く理解してもらうことができます。これにより、結婚式全体の一体感や共感を生み出すことが可能となります。

先生の見解

オープニングムービーは、新郎新婦の物語をゲストに伝える大切なツールです。

 “オープニングムービーの一般的な内容と流れ”

オープニングムービーの内容は、新郎新婦の出会いから現在までのエピソード、家族や友人への感謝のメッセージ、そして結婚式当日の進行予定などが一般的です。流れとしては、まず映像が始まり、その中で新郎新婦のストーリーが展開され、最後に新郎新婦が実際に会場に登場する、というパターンが多いです。

 “おすすめの結婚式オープニングムービー”

テンプレートなら初心者でも簡単にオープニングムービーを作れます。写真やコメントを差し替えるだけで、誰でも素敵なオープニングムービーを作成することができます。

インスタ風オープニングムービー - weddingram - AE版

先生の見解

写真やコメントを差し替えるだけで誰でも作れるオープニングムービーです

“おしゃれなオープニングムービーの例”

オープニングムービーにはさまざまなデザインや構成があります。ここでは、新郎新婦様に人気のあるおしゃれなオープニングムービーの例をいくつかご紹介します。

“人気のあるデザインとその特徴”

人気のデザインには、モノクロームやパステルカラーを基調としたシンプルなもの、アニメーションやイラストを用いたポップなもの、ドラマチックなストーリーテリングを重視したものなどがあります。それぞれのデザインには、新郎新婦の個性やテーマを反映することが可能です。

  1. ジオメトリックパターン: 直線や幾何学的な形状を使用したパターン。ドット、ストライプ、チェック、ダイヤモンドなどが含まれます。
  2. 水彩画風: ソフトで流れるようなカラフルな筆触を使用したデザイン。絵画的な表現が特徴です。
  3. ミニマリズム: シンプルでクリーンなデザイン。モノトーンカラー、シンプルな線や形状、余白の活用などが特徴です。
  4. エスニックパターン: インド、アフリカ、中東などの民族文化に着想を得たパターン。複雑な幾何学模様や豊かな色彩が特徴です。
  5. ボタニカル: 植物や花をモチーフにしたデザイン。リーフや花のアートワークが鮮やかな色彩で表現されます。
  6. グラフィックアイコン: シンプルでわかりやすいアイコンを使用したデザイン。モノクロームやカラフルなアイコンがあります。
  7. ヴィンテージ: 昔のデザインやレトロな要素を再現したデザイン。古いフォント、焼けたような色合い、ヴィンテージなイラストが特徴です。
  8. アブストラクト: 現実の形状や物体を抽象化したデザイン。抽象的な形状や模様、非現実的な色彩が特徴です。
  9. グラデーション: 色が滑らかに変化するデザイン。単色や複数の色を使用し、グラデーション効果を表現します。
  10. テクスチャ: シンプルなデザインに立体感や質感を与えるためのテクスチャを使用したデザイン。木目、石目、布地などが一般的です。
先生の見解

オシャレなデザインアイデアのヒントにしてみてくださいね。

“感動的なストーリーテリングの例”

感動的なストーリーテリングは、オープニングムービーを一層引き立てます。新郎新婦の出会いのエピソードや、二人が乗り越えてきた困難、そしてこれからの夢や希望を描くことで、ゲストに深い感動を与えることができます。

先生の見解

ストーリーテリングは、ゲストを引き込む大切な要素です。

“デザインの選び方”

オープニングムービーのデザイン選びは、新郎新婦の個性や結婚式のテーマを反映する大切なステップです。ここでは、おしゃれなデザインの選び方についてご紹介します。

“おしゃれなデザインのポイント”

おしゃれなデザインのポイントは、シンプルさと個性のバランスです。無駄な装飾を省きつつ、新郎新婦の個性やストーリーを際立たせる要素を取り入れることが重要です。また、色彩やフォント、レイアウトなどの細部にもこだわることで、一層おしゃれな印象を与えることができます。

  1. シンプルさを追求する: シンプルでクリーンなデザインはオシャレさの基本です。不要な要素を取り除き、余白を活用することでデザインの見やすさや洗練された印象を与えることができます。
  2. カラーパレットを選ぶ: オシャレなデザインではカラーパレットの選択が重要です。トレンドカラーや相性の良いカラーコンビネーションを採用することで、鮮やかさや調和のある印象を演出できます。
  3. 適切なフォントを使用する: フォントはデザインの雰囲気や個性を大きく左右します。適切なフォントを選ぶことで、洗練された印象や一貫性のあるデザインを作り出すことができます。
  4. テクスチャやパターンを活用する: テクスチャやパターンをデザインに取り入れることで、立体感や質感を与えることができます。適度に使用することで、デザインに深みや興味深さを加えることができます。
  5. ネガティブスペースを活かす: ネガティブスペース(余白)を上手に活用することで、デザインの視覚的なバランスや引き立たせる要素を強調することができます。
  6. モダンな要素を取り入れる: 最新のデザイントレンドやモダンな要素を取り入れることで、デザインに新しさや洗練さを与えることができます。ただし、トレンドを追いすぎず、長く使えるデザインを心がけましょう。
  7. バランスと配色の調和を考える: デザイン全体のバランスを取ることや、配色の調和を考えることは重要です。コントラストや比例、統一感を意識してデザインすることで、オシャレで魅力的なデザインを生み出すことができます。
  8. ユーザーエクスペリエンスに配慮する: オシャレなデザインは見た目だけでなく、使いやすさやユーザーエクスペリエンスにも配慮することが重要です。使いやすく直感的なデザインを心がけることで、オシャレさと機能性を両立させることができます。

“新郎新婦の個性を反映する方法”

新郎新婦の個性を反映するためには、二人の好きな色や形、趣味、共有している思い出などをデザインに取り入れると良いです。例えば、旅行が好きなら地図や飛行機のイラストを用いたデザイン、音楽が好きなら楽譜や楽器のイラストを用いたデザインなど、二人らしさを表現することができます。

“色彩の重要性”

色彩は、ムービーの雰囲気を大きく左右します。ここでは、おしゃれな配色の例とその効果、色彩がもたらす印象と感情について解説します。

“おしゃれな配色の例とその効果”

パステルカラーは優しく柔らかい雰囲気を、モノクロームはシックで洗練された雰囲気を、ビビッドカラーは元気で活気あふれる雰囲気を作り出します。また、新郎新婦の好きな色を基調にすることで、よりパーソナルなムービーにすることができます。

  1. モノトーン: ブラックやホワイトを基調としたモノトーンの配色は、シンプルで洗練された印象を与えます。さまざまな濃淡やグレースケールを組み合わせることで、奥行きやコントラストを生み出すことができます。
  2. ニュートラルカラー: グレー、ベージュ、クリーム色などのニュートラルなカラーを組み合わせると、落ち着いた雰囲気とモダンな印象を与えます。シンプルながらも温かみのある組み合わせです。
  3. コントラストカラー: 対照的なカラーを組み合わせることで、鮮やかさやエネルギッシュな印象を与えることができます。例えば、黒と赤、青とオレンジ、紫と黄色などです。
  4. パステルカラー: 柔らかい色調のパステルカラーは、優雅で優しい印象を与えます。ピンク、ミントグリーン、ペールブルーなどのパステルトーンを組み合わせることで、柔らかな雰囲気を作り出すことができます。
  5. アナログカラー: 隣り合った位置にあるカラーを組み合わせるアナログカラーは、調和の取れた印象を与えます。例えば、オレンジとイエロー、ブルーとパープル、グリーンとイエローグリーンなどです。
  6. トライアドカラー: カラーホイール上で互いに等間隔に配置された3つのカラーを組み合わせると、活気に満ちた印象を与えます。例えば、イエロー、ブルー、レッドやグリーン、オレンジ、パープルなどです。
  7. モノクロマティック: 同じ色相の異なる濃淡や明度の色を組み合わせるモノクロマティックな配色は、洗練された印象を与えます。例えば、濃い青、中間の青、薄い青などを組み合わせます。
先生の見解

これらの配色パターンは、デザインのコンテキストや目的に応じて使い分けることが重要です。トーンや彩度のバランスを考慮しながら、デザインの目的や雰囲気に合った配色を選ぶことがポイントです。

 “色彩がもたらす印象と感情”

色彩は、視覚的な印象だけでなく、感情にも影響を与えます。例えば、赤は情熱や愛情、青は安心感や信頼、黄色は楽しさや活力を象徴します。これらの色彩の意味を理解し、新郎新婦のメッセージやムービーのテーマに合わせて色を選ぶと良いでしょう。

“アニメーションの活用”

アニメーションは、オープニングムービーを一層引き立てる効果的な手段です。ここでは、おしゃれなアニメーションの種類と特徴、アニメーションで物語を引き立てる方法について解説します。

“おしゃれなアニメーションの種類と特徴”

おしゃれなアニメーションには、手描き風のアニメーション、シンプルなモーショングラフィックス、リアルな3Dアニメーションなどがあります。それぞれのアニメーションには、独特の雰囲気と表現力があり、新郎新婦のストーリーを鮮やかに描き出すことができます。

  1. モーショングラフィックス: モーショングラフィックスは、文字やシンボルなどの静止画をアニメーション化する技法です。タイトルシーケンスや情報の伝達など、テキストやグラフィックスをダイナミックに表現するのに適しています。
  2. フレームバイフレームアニメーション: フレームバイフレームアニメーションは、1コマずつ手描きでアニメーションを制作する技法です。この方法では、細かい動きや表情をリアルに表現することができます。手描きアニメの独特の風合いが特徴です。
  3. パペットアニメーション: パペットアニメーションは、物理的な人形やキャラクターを使用してアニメーションを制作する技法です。人形を操作して撮影することで、自然な動きや独特のテクスチャを生み出すことができます。
  4. モーフィング: モーフィングは、一つの形状から別の形状に滑らかに変形するアニメーション技法です。この技法を使用すると、物体やキャラクターの変身や変形を美しく表現することができます。
  5. シンセティックアニメーション: シンセティックアニメーションは、数学的なアルゴリズムやコンピュータグラフィックスを使用してアニメーションを制作する技法です。抽象的な形状やパターン、流体の動きなどを作り出すのに適しています。
  6. ロトスコーピング: ロトスコーピングは、実際の映像や動画をもとにして手描きアニメーションを制作する技法です。フレームごとに静止画を描き起こし、映像を再現することで独特のリアルさや効果を生み出すことができます。
  7. インタラクティブアニメーション: インタラクティブアニメーションは、視聴者やユーザーとの対話や反応に基づいてアニメーションが変化する技法です。ウェブサイトやモバイルアプリなどのインタラクティブな体験を提供する際に活用されます。

“アニメーションで物語を引き立てる方法”

アニメーションで物語を引き立てるためには、新郎新婦のエピソードやメッセージを視覚的に表現することが重要です。また、アニメーションの動きや速度、タイミングを音楽やナレーションと合わせることで、より効果的な演出を行うことができます。

“画面構成の工夫”

画面構成は、オープニングムービーの見やすさや印象を左右します。ここでは、おしゃれな画面構成のポイントと、視覚的なインパクトを高めるテクニックについて解説します。

“おしゃれな画面構成のポイント”

おしゃれな画面構成のポイントは、バランスとシンプルさです。情報を適度に分散させ、視線の流れを自然に導くレイアウトを心掛けましょう。また、必要な情報だけを表示し、余計な要素は省くことで、視覚的な混乱を避けることができます。

“視覚的なインパクトを高めるテクニック”

視覚的なインパクトを高めるテクニックとしては、強調したい要素を大きく表示する、色や形でコントラストをつける、動きや変化を利用するなどがあります。これらのテクニックを駆使して、新郎新婦のメッセージを強く印象付けましょう。

“BGMの選び方”

BGMは、オープニングムービーの雰囲気を大きく左右します。ここでは、おしゃれなBGMの選び方とその効果、ムービーとBGMの調和を保つ方法について解説します。

“おしゃれなBGMの選び方とその効果”

おしゃれなBGMの選び方は、ムービーのテーマや雰囲気、新郎新婦の好みによります。穏やかなメロディの曲は、優しく温かい雰囲気を作り出します。一方、アップテンポな曲は、元気で楽しい雰囲気を作り出します。また、新郎新婦の思い出の曲を選ぶと、よりパーソナルなムービーにすることができます。

  1. ジャズ: ジャズは、スタイリッシュでリラックスした雰囲気を持ち、オシャレな空間に合うBGMです。クラシックなジャズスタンダードやモダンなジャズフュージョンなど、さまざまなスタイルがあります。
  2. ローファイヒップホップ: ローファイヒップホップは、クールなビートとヴィンテージなサンプルを組み合わせたジャンルで、リラックスした雰囲気を醸し出します。アンビエントなBGMとしても人気があります。
  3. インディーエレクトロニカ: インディーエレクトロニカは、エレクトロニックミュージックとインディーポップの要素を融合させたジャンルです。エレクトロニックなサウンドとドリーミーなメロディがオシャレな雰囲気を作り出します。
  4. ボサノヴァ: ボサノヴァは、ブラジルの音楽スタイルで、リラックスしたビートとスムーズなメロディが特徴です。軽快なリズムと洗練されたハーモニーが、オシャレな雰囲気を演出します。
  5. ニューエイジ: ニューエイジは、穏やかで環境音楽的な要素を持つジャンルで、リラックスや癒しの効果が期待できます。エスニックな楽器のサウンドや自然の音を取り入れた作品が多くあります。
  6. ダウンテンポ: ダウンテンポは、スローテンポでリラックスした雰囲気を持つジャンルです。ゆったりとしたリズムとアンビエントなサウンドが、落ち着きのあるオシャレなBGMとして人気です。
  7. ネオソウル: ネオソウルは、ソウルミュージックの要素を現代的にアレンジしたジャンルで、スムーズなヴォーカルとグルーヴ感が特徴です。ソウルフルな雰囲気がオシャレなBGMとして魅力的です。
先生の見解

これらのジャンルやスタイルのBGMは、レストラン、カフェ、ブティック、イベントなどのオシャレな場所でもよく使われていますよ。

“ムービーとBGMの調和を保つ方法”

ムービーとBGMの調和を保つためには、映像のリズムとBGMのリズムを合わせることが重要です。また、感動的なシーンでは音楽のクライマックスを合わせるなど、音楽と映像が一体となるような演出を心掛けましょう。

先生の見解

音楽と映像が一体となる演出は、感動を引き立てます。

“オープニングムービー制作の注意点”

オープニングムービー制作には、いくつかの注意点があります。ここでは、ゲストへの配慮とエチケット、制作スケジュールと進行管理について解説します。

“ゲストへの配慮とエチケット”

オープニングムービーは、新郎新婦だけでなく、ゲスト全員が楽しむことができるものであるべきです。そのため、内容は全てのゲストが理解でき、感じ取れるものにすることが大切です。また、映像の長さも適切に保つことで、ゲストの集中力を保つことができます。

 “制作スケジュールと進行管理”

オープニングムービーの制作は、思った以上に時間がかかることがあります。そのため、早めにスケジュールを立て、進行管理をしっかりと行うことが重要です。また、制作会社に依頼する場合は、納期や修正の回数などを明確に確認しておきましょう。

 “おしゃれなオープニングムービーの作り方”

結婚式を彩るオープニングムービーは、新郎新婦の個性やストーリーを映像と音楽で表現し、ゲストに深い感動を与えることができます。おしゃれなデザインや色彩、アニメーション、画面構成、BGMの選び方など、さまざまな要素を組み合わせて、自分たちだけのオープニングムービーを作りましょう。そして、ゲストへの配慮とエチケット、制作スケジュールと進行管理も忘れずに。これらを踏まえた上で、最高のオープニングムービーを作成し、印象深い一日を迎えてください。

まとめ

結婚式の一部として、新郎新婦の入場シーンを盛り上げるための映像演出「オープニングムービー」は、新郎新婦の個性やストーリーを映像と音楽で表現し、ゲストに深い感動を与えることができます。おしゃれなデザインや色彩、アニメーション、画面構成、BGMの選び方など、さまざまな要素を組み合わせて、自分たちだけのオープニングムービーを作りましょう。また、ゲストへの配慮とエチケット、制作スケジュールと進行管理も忘れずに。これらを踏まえた上で、最高のオープニングムービーを作成し、印象深い一日を迎えてください。そして、テンプレートを利用すれば、初心者でも簡単に素敵なオープニングムービーを作成することができます。最後に、オープニングムービーは新郎新婦の愛の物語をゲストに伝える大切なツールであり、ストーリーテリングは、ゲストを引き込む大切な要素です。音楽と映像が一体となる演出は、感動を引き立てます。

Q&A

Q1: オープニングムービーのデザインはどう選べばいいですか?

A1: デザイン選びは、新郎新婦の個性や結婚式のテーマを反映する大切なステップです。シンプルさと個性のバランスを保つことがポイントで、無駄な装飾を省きつつ、新郎新婦の個性やストーリーを際立たせる要素を取り入れることが重要です。

Q2: BGMはどう選べばいいですか?

A2: BGMの選び方は、ムービーのテーマや雰囲気、新郎新婦の好みによります。穏やかなメロディの曲は、優しく温かい雰囲気を作り出します。一方、アップテンポな曲は、元気で楽しい雰囲気を作り出します。また、新郎新婦の思い出の曲を選ぶと、よりパーソナルなムービーにすることができます。

Q3: オープニングムービー制作の注意点は何ですか?

A3: オープニングムービー制作には、ゲストへの配慮とエチケット、制作スケジュールと進行管理が重要です。内容は全てのゲストが理解でき、感じ取れるものにすることが大切です。また、制作は思った以上に時間がかかることがありますので、早めにスケジュールを立て、進行管理をしっかりと行うことが重要です。

オシャレなオープニングムービーは自分でも作れる

こちらのページではオープニングムービーの中でも「おしゃれ」というテーマに的を絞っていくつかの作品を実際にピックアップしてご紹介させて頂きました。オシャレなオープニングムービーといってもその表現方法は様々あります。しかしオシャレなオープニングムービーを作るために絶対に欠かすことが出来ない要素として新郎新婦様が用意する「写真」があります。おしゃれをテーマにして作られたり紹介されているオープニングムービーの多くは、サンプルで利用されている写真の構図がオシャレなだけであってムービー自体の構成やデザインは実際にはとてもシンプルであるケースが少なくありません。単純な全画面表示でのスライドショーはとても見やすい表現ではありますが、写真そのものの選定に大きく影響を受けます。おしゃれなオープニングムービー作りを目指しておられる新郎新婦様は、写真選びも本当にとても大切な要素になりますので、プロの方に撮影してもらうなどしてオシャレな写真の用意をしっかり行うようにしましょう。写真の準備から入るとなると大変な作業となりますが、海外ウェディングの写真や前撮りの写真なども活用しながらオシャレ感のあるオープニングムービー作りを目指して下さい。
編集作業はとても地味で大変ですが、素敵なオープニングムービーと入場演出が出来るように編集を頑張りましょう。素敵な結婚式になるといいですね・・・。

関連する記事

今月の人気トップ8

今すぐ編集できる結婚式ムービーテンプレート

写真やコメントを差し替えてお好みのBGMを加えれば、オリジナルのプロフィールムービーやオープニングムービー、エンドロールを簡単に自作できます。

Comments are closed.

Post Navigation