• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のオープニングムービーを自分で自作することが出来た後には、最後にDVDに書き込んでDVDプレーヤーで上映できる状態にする必要があります。ムービー制作初心者の方はDVDのディスクに直接mp4やmovといったデータを書き込むことでDVDプレーヤーで再生できるDVDのディスクが作成できると勘違いしておられる方も多くおられます。mp4データを直接書き込んでもDVDプレーヤーはDVDのディスクとして認識できません。このページでは結婚式で自作したオープニングムービーをDVDに書き込むために必要となる、DVD化の基本知識についてご紹介しています。

オープニングムービー制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsが結婚式のオープニングムービー制作にもおすすめなのは、オープニングムービー専用のテンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させればとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • オープニングムービーのテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

オープニングムービーのDVD化

結婚式のオープニングムービーを自作することは出来たけど、DVDの作り方がよくわからないという方も少なくありません。結婚披露宴会場でオープニングムービーを上映するためには、DVDプレーヤーで再生できるDVDのディスクを完成させる必要があります。パソコンで再生できる状態とDVDプレーヤーで再生できる状態は異なりますので、DVDプレーヤーように正しいDVDを作成する必要があります。

  • 自作オープニングムービーの完成データであるmp4やMOVやaviをDVDに書き込んでもDVDプレーヤーは認識できません
  • DVDプレーヤーで再生するための必要な規格があります

オープニングムービーの完成データとDVDの形式は別物

基本的な点として、完成したオープニングムービーの動画データ(mp4やmovやavi)とDVDのデータは全くの別物であることをまず理解しましょう。完成したオープニングムービーのデータと、それをDVDやBlue-rayなどのどのような媒体で上映するのかという話は別の問題です。オープニングムービーをDVDプレーヤーで再生したいという事であればDVDプレーヤーが認識できる正しい形式に変換する必要があります。

すでにオープニングムービーを完成させるために時間をかなりの程度費やされたかと思いますが、もう一段階DVDを作るための時間もしっかりとる必要があります。

オープニングムービーのDVDの規格

完成した自作のオープニングムービーデータはDVDの規格に合わせて変換し、DVDに格納する必要があります。DVDプレーヤーで再生できる形式として基本となるのはオープニングムービーの動画データはMPEG2そして解像度は720*480と決まっています。4KやHDで作成したオープニングムービーであっても結局は解像度を低くしてDVDのディスクに格納されます。

  • 動画の形式はMPEG2
  • 解像度は720*480

オープニングムービーをDVDに書き込むソフトの必要性

MPEG2で尚且つ解像度が720*480となるオープニングムービーを用意して、DVDにそのまま書き込めばDVDプレーヤーで再生できるDVDが完成できるのかというと、残念ながらそれも違います。DVDプレーヤーで再生できるDVDの構造はフォルダ名や拡張子等が厳密に決められています。DVDにはメニューや字幕、翻訳のデータも格納することができるので、厳密な規格があります。

この辺りの変換や格納作業はDVDを作成するためのオーサリングソフトと呼ばれるソフトウェアが全て自動で行ってくれます。DVDを作成するためのソフトにはフリーのものもいくつかあるので、フリーのDVD作成ソフトを活用することも出来ます。

オープニングムービーのDVD書き込み方法

オープニングムービーを作成できる動画編集ソフトと、DVDを作成するためのソフトは基本的に別物です。オープニングムービーの編集ソフトにDVDの作成機能がある場合もありますが、基本的には別物です。オープニングムービーを作成するソフトとは他にDVDを作成するためのソフトも必要になります。

1.オープニングムービーを作って
2.パソコン内に一度オープニングムービーの動画ファイルを書き出す
3.DVD作成ソフトにオープニングムービーを取り込んでDVD化する

というのが結婚披露宴会場で上映するためのオープニングムービーDVDを作成するための流れになります。

DVD作成ソフトのおすすめ

オープニングムービーをDVDに書き込むことが出来るフリーのソフトは以下のようなものがあります。WIndows7環境ではWindowsに標準で搭載されているWindowsDVDメーカーなどのソフトも活用できます。DVD Flickは比較的シンプルなDVDを作成でき、DVD Stylerではメニュー構造などもかなり高度に作りこむことが出来ます。高度なDVDはその分仕組みの制御を正しく作りこむ必要があるので、オープニングムービー作成初心者の方はDVD flickやWindows DVD メーカーなどの簡単なDVD化ソフトの方がおススメです。

  • Windows DVD ムービーメーカー
  • DVD Flick
  • DVD styler

オープニングムービーはDVDに書き込んで完成

オープニングムービーの自作では編集作業がメインで、DVDへの書き込み作業については考慮する必要はないと考えておられて痛い目に合われる新郎新婦様も現実におられます。DVDにmp4やmovデータを書き込んだDVDディスクはパソコンでは普通に再生できるので、そのまま結婚披露宴会場でも再生できるおーおぷにんぐムービーが完成したものと勘違いしておられるパターンです。オープニングムービーのDVDを会場に持っていってみて初めて再生できない事に気が付くという失敗にならないように、DVDプレーヤーで本当に再生できるか事前のチェックをよくしておく方が良いでしょう。

披露宴会場にオープニングムービーを持ち込んだり送付したりすれば事前の再生確認が必ず出来ます。DVDの上映テストではDVDの規格が正しいかどうか以外にも、画面の一部が切れていないか、ゆがみや縮みが発生していないかということをよく確認しておきましょう。

素晴らしいオープニングムービーが完成するといいですね。

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation