結婚式のオープニングムービーは別に要らないのでは?とお考えの新郎新婦様も少なくないようです。結婚式で上映できるムービーの中には新郎新婦の入場を演出するオープニングムービー、生い立ちを紹介するプロフィールムービー、ゲストへの感謝を伝えるエンドロールや余興として楽しむムービーなど色々なパターンがあります。全てのウェディングムービーを上映しようとすると結婚式の中で3-4本のムービー上映が入り込んでしまうので、その中から1-2本を選んで上映される新郎新婦様が多くなっています。このページではオープニングムービーはいるのか?いらないのか?オープニングムービーが要らないとなった場合の入場方法はどうなるのか?などについてご紹介しています。

新郎新婦吹き出し左側用アイコン

“でも、オープニングムービーがないと、ちょっと寂しくないですか?”

先生の見解

“いいえ、大丈夫ですよ。オープニングムービーはあくまで一つ演出方法。新郎新婦の入場シーンがあくまでもメインなので、入場シーンが成功することの方が大切です。”

さあ、一緒に、あなたらしい、心から楽しめる結婚式の創り方を探求していきましょう!

この記事に関連するおすすめ記事

結婚式とオープニングムービーって何?

まずはオープニングムービーについておさらいしてみましょう。

オープニングムービーの役割とは?

結婚式でのオープニングムービーは、新郎新婦のストーリーを描き、ゲストをお祝いの雰囲気へと引き込む大切な役割を果たします。しかし、このオープニングムービーが必ずしも必要とは限らないのです。

先生の見解

“ムービーがないからといって心に残らない結婚式になるわけではありませんよ”

オープニングムービー作成の費用と時間

オープニングムービーを作るのには費用も時間もかかります。専門の映像制作会社に依頼するとなると、多くの場合、高額な費用が発生します。さらに、自分たちで作成する場合も、思いのほか時間と手間がかかるものです。

おすすめの結婚式オープニングムービー

テンプレートを使えば、初心者でも簡単にオープニングムービーを作ることができます。手間をかけずに素敵なムービーを作ることも可能です。

インスタ風オープニングムービーテンプレート - weddingram

先生の見解

“写真やコメントを差し替えるだけで誰でも作れるオープニングムービーです”

オープニングムービーはいらない?

blank

結婚式の中ではオープニングムービー以外にも生い立ちを紹介するムービー、ゲストへの感謝やお礼の言葉の数々を伝えることが出来るエンドロール、さらには余興として上映される楽しいムービーなどなど様々な動画を上映することが出来ます。大抵の新郎新婦様がそれらの上映できるムービーの中から1-2本だけを選んで上映されています。オープニングムービー、生い立ちを紹介するプロフィールムービー、エンドロール3本全てを上映される新郎新婦様もおられますが、平均的なのは2本程度です。この場合オープニングムービーはいらないとされる新郎新婦様も少なくありません。

オープニングムービーがいらないのは普通?

オープニングムービーを使った新郎新婦の入場演出というのは最近では一般的となっていますが、元々はオープニングムービーを使った入場というのはあまり一般的ではありませんでした。結婚式の中で使われるムービー上映では生い立ちを紹介するプロフィールムービーが圧倒的に多く、オープニングムービーやエンドロールは上映しないという新郎新婦様もかつては少なくありませんでした。
さらには結婚式の中で上映できるムービーはオープニングムービー以外にもありますので、生い立ちを紹介するプロフィールムービーやエンドロールに的を絞ってムービー演出とし、オープニングムービーはいらないとされる新郎新婦様も少なくありません。大抵の新郎新婦様が生い立ちを紹介するプロフィールムービーは上映されることが多いので、オープニングムービーがいらない場合には生い立ちを紹介するムービーを中心に以下のような組み合わせが考えられます。
  • プロフィールムービーとエンドロール(2本上映)
  • 生い立ちを紹介するプロフィールムービーだけ(1本上映)

結婚式でオープニングムービーがいらないと感じる新郎新婦はどのような方?

あなたも「結婚式でオープニングムービーがいらない」と感じているかもしれません。それはあなたが選ぶべき結婚式スタイルの一つであり、それは全く問題ありません。では、なぜオープニングムービーがいらないと感じる新郎新婦はどのような方なのでしょうか?

なぜいらないと感じるのか?

オープニングムービーがいらないと感じる理由は人それぞれです。コストや時間の問題、あるいは自分たちのプライバシーを大切にしたいからなど、様々な理由があるでしょう。

先生の見解

“自分たちに合った結婚式スタイルを選ぶことが大切ですね”

オープニングムービーがない場合のメリット

オープニングムービーがない場合、自由な時間の使い方や個性的な演出が可能になります。また、ゲストとの距離もより近くなるかもしれません。

オープニングムービーのない入場シーン

blank

オープニングムービーがいらない場合にどのような入場方法になるのでしょうか?オープニングムービーがやはりいるとお考えの方もいらない方も、オープニングムービーがない時の入場演出がどのようなものになるのかは会場に確認しておいた方が良いでしょう。
オープニングムービーなしの場合の新郎新婦入場では、会場全体の照明を落としてBGMを大きめに流しながらの入場が行われます。これはオープニングムービーがありの場合でも同じです。しかしオープニングムービーを使わない場合には、さらにキャンドルを使った演出や会場の照明やレーザーといった照明設備を駆使して雰囲気づくりが行われます。

照明とライトやキャンドルと音の演出を十分に行ってから新郎新婦の入場が始まります。もともとオープニングムービーを使わないで上映するスタイルが一般的でしたので、どこの結婚式会場でも入場を演出するための演出機材が用意されています。この点は会場の設備によって異なる点なので、どのような入場シーンとなるのかは結婚式会場側によく確認しましょう。

オープニングムービーなしの結婚式で可能な入場演出

オープニングムービーがなくても、楽しい結婚式は十分に可能です。むしろ、オープニングムービーがないことで新たな演出の可能性が広がります。

ライブパフォーマンス

新郎新婦が一緒に歌を歌ったり、ダンスを披露したりすることで、ゲストとの一体感を高めることができます。

先生の見解

“ライブパフォーマンスはゲストにとっても思い出深い体験になりますよ”

ゲスト参加型のアクティビティ

ゲスト全員で参加できるゲームやクイズなどを企画するのも一つの方法です。これにより、ゲスト全員が結婚式に参加している感じを実感できます。

スペシャルゲストの登場

もし可能であれば、新郎新婦の友人や家族、あるいは知り合いの著名人などをスペシャルゲストとして招待するのも一つの方法です。スペシャルゲストからのサプライズメッセージやパフォーマンスは、ゲスト全員にとって特別な体験となるでしょう。

結婚式の雰囲気を盛り上げる他の方法

オープニングムービー以外にも、結婚式を盛り上げるための様々な方法があります。ここでは、その中からいくつかのアイデアをご紹介します。

独自のテーマを設定

例えば、特定の国や地域、映画、季節などをテーマに設定し、そのテーマに合わせた装飾やメニュー、音楽を用意することで、結婚式全体を一貫した雰囲気で統一することができます。

先生の見解

“テーマを設定すると、一貫性があり、楽しい結婚式になりますよ”

パーソナルな要素を取り入れる

新郎新婦の共有の趣味や思い出を取り入れた演出や装飾を考えるのも良いでしょう。これにより、ゲストが新郎新婦の個性やストーリーをより深く理解することができます。

ゲストとの交流を重視

オープニングムービーがない分、より多くの時間をゲストとの交流に使うことができます。各テーブルを回って挨拶をしたり、写真を撮ったりする時間を設けることも一つの方法です。

これらのアイデアは、オープニングムービーがなくても楽しい結婚式を実現するためのものです。あなたがどの方法を選ぶかは、あなたの個性や好み、予算などによります。どんな形でも、あなたらしい結婚式を創り上げてください。

先生の見解

“最も大切なことは、自分たちらしさを表現することですね”

オープニングムービーなしの結婚式も、まったく問題なし!

オープニングムービーがなくても、それはそれで素敵な結婚式になることは間違いありません。自分たちらしさを表現し、ゲストとの絆を深める時間を持つことができれば、それが最高の結婚式です。

自分たちらしい結婚式を

何より大切なことは、自分たちらしく、心から楽しむこと。それがゲストにとっても、最高の時間となるはずです。

先生の見解

“自分たちらしさを大切にすることが、最高の結婚式をつくりますよ”

無理なく準備を

結婚式の準備は大変です。無理をせず、自分たちが本当にやりたいことに焦点を合わせてください。オープニングムービーが必要ないと感じたら、それはそれでOKです。

結婚式を成功させるためのヒント

ここでは、オープニングムービーの有無に関わらず、結婚式を成功させるためのヒントをいくつかご紹介します。

準備は早めに

事前の準備はとても大切です。特に、自分たちで演出や装飾などを手掛ける場合は、余裕をもって準備を始めてください。

プロの助けを借りる

結婚式は一生に一度の大切なイベント。プロのウェディングプランナーなどの助けを借りることで、スムーズに進行することができます。

先生の見解

“プロの助けを借りることで、心に残る結婚式をつくることができますよ”

楽しみましょう!

何よりも、結婚式は楽しむ場です。準備期間も含めて、思い出に残る一日にしましょう。

まとめ

というわけで、オープニングムービーがない結婚式でも、新郎新婦の個性と愛が存分に発揮され、ゲストとのつながりが深まることが可能なのです。オープニングムービーがないと感じる新郎新婦様も、もし不安であれば、我々の提案を参考にして、あなたらしさ溢れる結婚式を創り上げてみてください。記憶に残るエントリー、予期せぬサプライズ、親しい人々との思い出の共有…これらは、豪華な映像ではなく、あなたたちの心と愛があれば十分に実現可能です。

Q&A

Q1:オープニングムービーがないとゲストはがっかりしますか?

A1: それは必ずしもそうではありません。ゲストは新郎新婦の幸せを祝うために集まっています。それが、豪華な映像演出でなく、他の形で表現されていても、その愛と幸せを共有できれば喜ぶでしょう。

Q2:オープニングムービーなしの結婚式ではどのような入場演出がおすすめですか?

A2: サプライズ入場、生演奏、特別なテーマを設けた入場など、新郎新婦の個性を表現する方法は無限大です。それぞれの関係性、趣味、エピソードなどを反映させたものが最も感動的です。

Q3:オープニングムービーの代わりに何をすれば良いですか?

A3: オープニングムービーの代わりに、スライドショーを作る、友人や家族からのビデオメッセージを流す、自己紹介やスピーチを行うなど、新郎新婦の個性やストーリーを表現する方法はたくさんあります。大切なのは、新郎新婦が自分たちらしく、そしてゲストが楽しめる方法を選ぶことです。

オープニングムービーはいるのか?いらないのか?

結婚式のオープニングムービーはいるのか?いらないのか?結論ははっきりとは決して出ないと思います。オープニングムービーがあれば映像を使った入場演出が可能になるので、色々なテーマの入場シーンを作りやすくはなります。しかし過剰な演出になってしまいがちなのを嫌ってもっとシンプルな入場シーンにしたいというご要望をお持ちなのもごく自然なことかと思います。
さらにはオープニングムービー以外にも結婚式の中で上映できるムービーには生い立ちを紹介するムービーや感謝を伝えるエンドロールなどが色々あります。両親への感謝を伝えるムービーや兄弟姉妹に向けた手紙のような感動的なムービーというのも結婚式の中でサプライズ上映されることも珍しくはありません。
オープニングムービー以外にも上映するムービーがどのくらいあるのかによってもオープニングムービーを上映するべきかどうかの判断が様々変わってくるはずです。
1つ結論があるとすれば、オープニングムービーが無くてもあっても新郎新婦様二人らしい結婚式は必ず作ることが出来るという点です。色々な理由からオープニングムービーはいらないと結論付けられる新郎新婦様も素晴らしい結婚式を必ず作ることが出来ますので、自身をもっていらない!と言ってしまってOKです。
オープニングムービーなしでも素晴らしい結婚式ができますように・・・。

関連する記事

Comments are closed.

Post Navigation