「結婚式のオープニングムービーの締めの言葉って何を言えばいいの?」そんな疑問をお持ちの新郎新婦様は少なくないようです。結婚式は一生に一度の大切なイベント。そのスタートを飾るオープニングムービーは、新郎新婦の愛の物語をゲストに伝え、一緒に喜びを分かち合うための重要なパートです。オープニングムービーの締めというのは、その後に続いていく披露宴の開始を意味するので、終止感があまり強く出すぎない締めの言葉がおすすめです。締めの言葉で、ゲストに向けた感謝の気持ちや、これから始まる披露宴への期待感を高めつつ、上手に新郎新婦の入場シーンにつないでいく方法について詳しく考えていきましょう。

新郎新婦吹き出し左側用アイコン

結婚式のオープニングムービーの締めの言葉をどうしようか迷っています。

先生の見解

大丈夫ですよ。オープニングムービーの締めの部分は披露宴の開始になるので、披露宴の開始を宣言する内容や新郎新婦の入場シーンに備えてカメラを用意するように促したりなど、いろいろな終わり方ができますよ。詳しく見ていきましょう。

この記事に関連するおすすめ記事

はじめに

結婚式、その中でも特にオープニングムービーは、新郎新婦の愛の物語をゲストに伝える大切なパートです。このオープニングムービーでゲストを引き込み、その後の披露宴を一緒に楽しむ雰囲気を作るためには、最後に入る「締めの言葉」が非常に重要になってきます。

オープニングムービーの重要性と役割

オープニングムービーは、新郎新婦の素敵なエピソードをゲストと共有し、これから始まる披露宴の雰囲気を一層高める役割があります。締めの言葉は、そのムービーの最後に登場し、ゲストに対する感謝の気持ちや、これから始まる披露宴への期待を伝えます。

先生の見解

締めの言葉一つでゲストの披露宴への期待感が高まりますよ

一般的なオープニングムービーの内容

オープニングムービーには、新郎新婦の自己紹介やゲストの紹介、披露宴内でのプログラムや余興の紹介、友人や家族の紹介といった内容が一般的に盛り込まれます。ゲストにとって初めて知る情報も多く、新郎新婦のことをより深く理解できるようになります。

おすすめの結婚式オープニングムービー

初心者でも簡単にオープニングムービーを作ることができるテンプレートをご紹介します。これは写真やコメントを差し替えるだけで、誰でも簡単に自分たちだけのオープニングムービーを作ることができます。しかもそのクオリティはプロ並み!こんなに手軽に素敵なオープニングムービーが作れるなんて、きっとびっくりしていただけるはず。

インスタ風オープニングムービーテンプレート - weddingram

先生の見解

無料でダウンロードできるので、お気軽に試してみてくださいね。

オープニングムービーの締めの言葉の役割

オープニングムービーの終わりは、披露宴の開始を意味します。そのため、締めの言葉は、披露宴の雰囲気を作り、ゲストに対するメッセージを伝える重要な要素となります。

締めの言葉で達成したい効果

締めの言葉には、ゲストに対する感謝の気持ちや、これから始まる披露宴への期待感を伝える役割があります。また、この一言が披露宴の始まりを告げ、ゲストをより一層結婚式に引き込む役割も果たします。

締めの言葉の選び方のポイント

締めの言葉を選ぶ際のポイントは、自分たちの感情を的確に伝えられる言葉を選ぶことです。また、ゲストに対する思いや披露宴の雰囲気、自分たちの個性を反映した言葉を選びましょう。

先生の見解

素直な気持ちを伝えられる言葉を選ぶことが大切ですよ。

締めの言葉の内容と考え方

締めの言葉は、自分たちの思いや感謝の気持ち、そしてこれから始まる披露宴への期待感を伝えるためのものです。そのため、内容や考え方は新郎新婦の個性やメッセージによって大きく変わります。

披露宴への期待と楽しみを伝える

披露宴は、新婚の二人がゲストと一緒に楽しむ場です。そのため、締めの言葉で、「披露宴を一緒に楽しみましょう」というメッセージを伝えることで、ゲストも一緒に楽しむ気持ちになるでしょう。

  1. “これから始まる時間が皆様にとって忘れられないものになることを願っています。さあ、始めましょう!”
  2. “心から楽しんでいただけるよう、全力で披露宴を進行して参ります。どうぞ期待してください。”
  3. “皆様に喜んでいただけるような、素敵な時間をお届けします。さあ、披露宴の始まりです!”
  4. “この一夜を特別なものにするために、私たちは全力を尽くします。披露宴、始まります!”
  5. “皆様にとって心に残る時間になるよう、私たちは最善を尽くします。どうぞお楽しみに!”
  6. “皆様が心から楽しむことができる披露宴にするために、私たちは準備をしてきました。これより開始します。”
  7. “これから始まる披露宴が、皆様にとって素晴らしいひとときとなることを心より願っています。”
  8. “この披露宴が皆様にとって幸せな時間となるよう、私たちは全力で進行します。どうぞお楽しみに!”
  9. “この披露宴で皆様に喜んでいただけることを心より願っています。それでは、始めましょう!”
  10. “皆様が心地よい時間を過ごせるよう、私たちは披露宴の進行に全力を尽くします。どうぞ期待してください。”

ゲストへの感謝と歓迎の気持ちを伝える

「ごゆっくりおくつろぎながらお楽しみ下さい」などの言葉を使うことで、ゲストへの感謝と歓迎の気持ちを伝えることができます。このような言葉はゲストをリラックスさせ、披露宴を楽しむ雰囲気を作り出します。

  1. “私たちの幸せを祝うために、皆様がここにいてくださることに心から感謝します。さあ、披露宴を始めましょう!”
  2. “皆様がここにいてくださること、その温かさに感謝いたします。これより披露宴を開始します。”
  3. “この特別な日に、皆様と一緒に過ごせることを心より感謝いたします。これから始まる披露宴を一緒に楽しみましょう。”
  4. “皆様に感謝の気持ちを込めて、これから披露宴を始めさせていただきます。”
  5. “私たちの大切な日にお集まりいただき、心より感謝申し上げます。さあ、披露宴を始めましょう!”
  6. “皆様の支えがあってこそ今日があります。心からの感謝を込めて、披露宴を始めさせていただきます。”
  7. “皆様のおかげで今日を迎えられました。感謝の気持ちを込めて、披露宴の始まりを宣言いたします。”
  8. “皆様と共に祝うこの一日に、心から感謝いたします。これより披露宴を開始いたします。”
  9. “私たちの新たな人生のスタートに皆様がお集まりいただき、心から感謝いたします。それでは、披露宴の始まりです。”
  10. “この一日を皆様と分かち合えること、心から感謝申し上げます。さあ、私たちの披露宴を始めましょう!”

特別な日の始まりを宣言する

締めの言葉は、特別な日の始まりを宣言する役割も果たします。自分たちの結婚式だからこそ、この日の始まりを告げる締めの言葉を工夫しましょう。

  1. “さあ、皆様、私たちの幸せな始まりを一緒に祝ってください。新しい門出のスタートです!”
  2. “これから始まる、私たちの特別な一日を、皆様と一緒に楽しみたいと思います。披露宴、スタートです!”
  3. “私たちの大切な一日が始まります。心を込めて皆様をお迎えします。どうぞお楽しみください!”
  4. “さあ、これからが私たちの新たなスタート。皆様と共に幸せな時間を刻みましょう。”
  5. “皆様、待ちに待った披露宴の始まりです。この特別な時間を一緒に楽しみましょう!”
  6. “新たなスタートを切る私たちの披露宴、皆様と一緒にこの幸せな時間を歩みたいと思います。”
  7. “これから始まる特別な時間、皆様一人一人と共有したいと思います。披露宴、始まります!”
  8. “皆様、今から私たちの新しい人生の一歩が始まります。この幸せを一緒に分かち合いましょう。”
  9. “これから私たちの特別な時間が始まります。皆様と一緒に幸せな時間を刻んでいきたいと思います。”
  10. “皆様、これより私たちの披露宴が始まります。一緒に楽しみ、一緒に祝いましょう!”

締めの言葉の具体例・サンプル①

ここでは、「披露宴を一緒に楽しみましょう」を使った締めの言葉の具体例をご紹介します。

「披露宴を一緒に楽しみましょう」の使い方

このフレーズは、披露宴をゲストと共に楽しむ意思を示すと同時に、参加者全員に楽しんでほしいという気持ちを伝えます。新郎新婦からの明るく前向きなメッセージとして、オープニングムービーの締めの言葉として効果的です。

実際のオープニングムービーでの使用例

例えば、「今日一日、私たちの幸せな始まりを一緒に祝って、披露宴を一緒に楽しみましょう」という具体的なフレーズが考えられます。これは、新婚生活の始まりを共有し、一緒に楽しみたいという新郎新婦の思いを明確に伝えます。

  1. “この特別な日を皆様と共に心から楽しみたいと思います。どうぞお楽しみください。”
  2. “今日は、私たちの新たな旅の始まりです。どうぞ皆様、一緒に楽しみましょう!”
  3. “披露宴が始まります。笑いあり、感動ありの時間を皆様と共有できることを楽しみにしています。”
  4. “私たちの大切な一日がこれから始まります。皆様、一緒に楽しみましょう!”
  5. “ここからは皆様と私たちの時間です。どうぞ一緒に楽しみましょう!”
  6. “この幸せな時間を皆様と共有したいと思います。披露宴を一緒に楽しみましょう。”
  7. “これから始まる披露宴で、私たちの新しい旅を一緒に祝ってください。”
  8. “一生の思い出を作るこの時間を、皆様と一緒に楽しみたいと思います。”
  9. “皆様に感謝の気持ちを伝えるこの披露宴を、どうぞ一緒に楽しんでください。”
  10. “これから始まる披露宴で、私たちの愛を一緒に祝いましょう。”

締めの言葉の具体例・サンプル②

次に、「ごゆっくりおくつろぎながらお楽しみ下さい」を使った締めの言葉の具体例をご紹介します。

「ごゆっくりおくつろぎながらお楽しみ下さい」の使い方

このフレーズは、ゲストに対してリラックスと楽しむ雰囲気を作り出すことができます。また、ゲストが結婚式をゆっくりと楽しむことを期待しているという新郎新婦の思いを伝えることができます。

実際のオープニングムービーでの使用例

具体的なフレーズとしては、「これから始まる私たちの披露宴、ごゆっくりおくつろぎながらお楽しみ下さい」などが考えられます。これにより、結婚式を心から楽しむ雰囲気を醸し出すことができます。

  1. “これから始まる時間を皆様、心地よくお過ごしください。お楽しみいただけますように。”
  2. “これからの披露宴をリラックスして、心ゆくまでお楽しみください。”
  3. “ゆったりとした時間の中で、私たちの幸せを共有していただければ幸いです。”
  4. “皆様、どうぞ心からリラックスして、これからの時間をお楽しみください。”
  5. “ごゆっくりと、私たちの幸せな時間を一緒にお楽しみいただければと思います。”
  6. “心地よい時間を過ごしていただくことが、私たちからの最大のおもてなしです。どうぞお楽しみください。”
  7. “今日一日、心からくつろいで、幸せな時間をお楽しみください。”
  8. “この特別な日を皆様にリラックスして楽しんでいただけますように。”
  9. “皆様がリラックスして私たちの披露宴を楽しんでいただけますよう心から願っています。”
  10. “心地よく、幸せな時間を過ごしていただけますように。これからの時間をご一緒に楽しみましょう。”

オリジナルな締めの言葉の作り方

締めの言葉は、新郎新婦の個性やメッセージを反映したものであるべきです。そのため、自分たちだけのオリジナルな締めの言葉を作ることが大切です。

新郎新婦の個性を反映する締めの言葉

新郎新婦の個性や趣味、共有する価値観などを反映させた締めの言葉を作ることで、よりパーソナルなメッセージをゲストに伝えることができます。これは、ゲストが新郎新婦の人となりを深く理解し、結婚式をより一層楽しむための鍵となります。

ゲストに向けたメッセージの組み込み方

ゲストへの感謝や、披露宴で楽しんでほしいという思いを直接伝える締めの言葉も効果的です。例えば、「あなたがここにいてくれること、それだけで私たちの結婚式は完璧です。」といった具体的な言葉を締めの言葉に取り入れることで、ゲストへの感謝の気持ちをより強く伝えることができます。

オープニングムービーと締めの言葉の組み合わせ

オープニングムービーと締めの言葉は、一緒になって結婚式の開始を告げ、ゲストを結婚式の世界に引き込む重要な要素です。

映像演出と締めの言葉をリンクさせる方法

映像の中に締めの言葉を組み込むことで、より一層効果的にメッセージを伝えることができます。例えば、映像の最後に新郎新婦がカメラを見つめて締めの言葉を語る場面などを設けると、よりリアルで印象的なメッセージになります。

音楽と締めの言葉との調和

映像の音楽と締めの言葉が調和することで、全体の雰囲気が一体化し、より感動的なムービーになります。例えば、音楽が盛り上がるタイミングで締めの言葉を配置するなど、音楽と締めの言葉のタイミングを考えることも大切です。

結婚式のプロフェッショナルによる締めの言葉のアドバイス

結婚式のプロフェッショナルは、何百もの結婚式を経験してきた専門家です。そのため、その経験から得られる締めの言葉のアドバイスは非常に価値があります。

プロの視点から見た効果的な締めの言葉の選び方

プロフェッショナルは、締めの言葉が明確で、新郎新婦の思いや感謝の気持ちを直接的に伝えるものが最も効果的であると考えています。また、感情を揺さぶるような、心に響く言葉を選ぶことが推奨されています。

よく使われるオープニングムービーの締めの言葉

オープニングムービーの締めの言葉として「皆様、この一日を一緒に楽しみましょう。これから始まる私たちの新しい旅を祝っていただき、心から感謝いたします」といったフレーズを推奨します。これは、感謝と期待を同時に伝えるとても良い例です。

まとめ:締めの言葉で始まる最高の披露宴を

オープニングムービーの締めの言葉は、披露宴の開始を告げる重要な要素です。自分たちの思いや感謝の気持ちを伝えるため、適切な言葉を選びましょう。

最後に締めの言葉のチェックポイント

締めの言葉を選ぶ際には、新郎新婦の個性を反映した言葉を選ぶこと、ゲストへの感謝の気持ちを伝えること、そして披露宴への期待と楽しみを伝えることを忘れないでください。

結婚式を盛り上げるための最後の秘訣

最後に、結婚式を一層盛り上げる秘訣は、全てがゲストのために、そして新郎新婦のためにあるという意識を持つことです。オープニングムービーの締めの言葉がその一部であり、それが結婚式全体のトーンをセットする重要な要素であると心に留めておきましょう。

まとめ

結婚式のオープニングムービーは、新郎新婦の人生や愛の物語を視覚的にゲストに伝える役割があります。そして、その物語を締めくくる「締めの言葉」は、披露宴に対する期待感を高める効果があります。自分たちのエピソードや感謝の気持ちを形にすることで、より印象的な結婚式にすることができますよ。素敵な結婚式をお迎えくださいね。

Q&A

Q1: 締めの言葉は何を言えばいいですか?
A: 一般的には感謝の気持ちや、これから始まる披露宴への期待感を伝える言葉が好ましいです。

Q2: オープニングムービーの作り方がわからないのですが。
A: テンプレートを活用すれば、初心者でも簡単にオープニングムービーを作ることができます。

Q3: 締めの言葉はどのくらいの長さがいいですか?
A: 長さは特に定まっていませんが、大切なのは伝えたい気持ちをしっかりと表現することです。

関連する記事

Comments are closed.

Post Navigation