• HOME HOME
  • pc PCView
  • MyPage MyPage
  • cart Cart
  • CategoeyMenu Category
  • MainMenu Menu

結婚式でよく流される定番BGMを今一度確認

結婚式で流されるBGMは、会場の雰囲気をさらに華やかにしたり盛り上げる効果があります。多くの種類のBGMが流されていますが、お祝いのムードを高めるためには入場や迎賓などの場面に合わせた曲選びも重要です。

おすすめのフリーダウンロード素材

スポンサーリンク

迎賓場面

結婚式の中で迎賓の時に流すBGMには、竹内まりやさんの「うれしくてさみしい日」はよく使われる曲になっています。結婚式は新郎新婦だけではなく、両家の親にとってもこの上もないよろこびです。新しい人生を歩みだす大切な日ですが、今まで大切に育てた娘を手放すさびしい日にもなります。この曲の特徴は、母親が大切な娘を嫁に出す複雑な気持ちを感じ取ることができることでも有名です。迎賓だけではなく、花嫁から母親に送るメッセージなどを読む時にも使われることが多くなっています。山下達郎さんの「ずっと一緒さ」も、迎賓の場面でよく流されている曲です。これから新しい人生をスタートする2人には、一緒にがんばることの大切さを歌うこの曲はピッタリ合っています。

入場シーン

入場の場面でよく使われているのは、安室奈美恵さんの「Just You and I」です。安室奈美恵さんのファンは若い人から高齢者まで幅が広いので、主役の2人が入場する場面で流す多くのゲストが感動してくれます。これからやってくる2人の未来は、素敵なことで一杯だと感じさせてくれることでも有名です。

ケーキ入刀

結婚式の中でも華やかな雰囲気になるケーキに入刀する場面では、高橋優さんの「あなたとだから歩める道」がBGMとして使われることの多くなっています。これから来る未来は、2人にとって楽しいこと以外にも苦しいことも待ち受けているかもしれません。しかし、愛する人と一緒なら、どのようなことがあっても一緒に進むことができることを表現している曲です。言葉として言い表すことが恥ずかしいことでも、このBGMを使えば大切な人に伝えることができます。

スポンサーリンク

感謝を伝えるシーン

新郎新婦から両親への感謝の気持ちを伝える手紙を読む時は、高橋優さんの「生まれた理由」が流されることが多いBGMです。高橋優さんが、自分と一緒に仕事をしているスタッフの結婚のために作った曲でした。辛い仕事を一緒にしてくれているスタッフに対して、素直に感謝をしている気持ちが聞く人の気持ちを引きつけます。歌手として活躍できるのはスタッフのおかげだという気持ちが、両親に対する新郎新婦からの思いと重なるのが特徴です。大切な両親への感謝の気持ちを伝えることができるので、結婚式のBGMとして使われることが多くなっています。

人気の無料お試しテンプレートをダウンロード

関連するページ

Comments are closed.

Post Navigation