結婚式エンドロールの作り方(初級編) | 結婚式自作ムービーのNONNOFILM
  • MainMenu Menu

エンドロールを作る初心者におすすめの段取り

まずは先に素材集めから

結婚式のエンドロールの作り方としては、まず動画素材やテンプレートを集めてくる事から始めると良いでしょう。素材はネットで無料からでも多く集めることが出来るので、いくつかのサイトを訪問して気にいったものを選んでダウンロードするといいかもしれません。イラストから模様から、さまざまなモノを手に入れることが出来ます。中にはエンドロールのテンプレートのようなものをも入手出来ますから、そのようなものを入手するとさらに簡単にエンドロールを作る事が出来るようになります。もちろん各動画素材やテンプレートには著作権がありますので、使っていいものなのかどうか、各ファイルの規約をよく確認してください。

もっともテンプレートは無くても、それまでに使った映像や動画素材を背景にしてしまうという事も出来なくもありません。これでないといけないというものは無いわけですから、制作者が自分の作りたいイメージに近いモノをネットで探して持ってくれば良いだけです。動画素材を一切に使わずに、結婚をする新郎新婦の写真などをエンドロールの背景として使用することも出来ます。

おすすめのフリーダウンロード素材

スポンサーリンク

出席者一覧のスクロールを作成

後は新郎新婦の感謝のコメントやメッセージを字幕にして上下にスクロールするようにすればよいだけです。背景画像もスクロールさせてもいいでしょう。制作者や結婚式に来た人たちのメッセージをスクロール形式で流していくというのも効果的な演出です。通常の映画などのエンドロールは制作者の名前が表示されていく感じになりますが、結婚式のエンドロールの場合は制作者は重要ではないので、場合によっては制作者は出さないで、作ってあげた関係者一同がみんなで制作したという感じにしてしまうのも良いかもしれません。そうすると、新郎新婦も嬉しさが増すはずですし、制作者も新郎新婦が最も喜んでくれる方法を選択したいと考えるはずです。

製作に使うソフト

制作するツールはムービーメーカーのような無料で使うことが出来る動画制作ソフトで十分です。無料ですが基本的なことはこれで出来ますし、直観的な操作で編集作業をすることが出来るので、初心者でも十分に使うことが出来るでしょう。これで効果音や音声もいれることが出来ますし、字幕やコメントもいれることが出来ます。フェードインやフェードアウトといった演出も使うことが出来るので、これでエンドロールを作る程度のことは十分に出来てしまうはずです。簡単に使うことが出来るので、慣れた人であれば結婚式の会場でエンドロールを作ってしまうという事もできるでしょう。その場にこられた人のお祝いのことばを音声でも字幕でも出してエンドロールに加えることが出来るので、これが出来るようになるとより感動的なモノとすることも出来るようになるはずです。

BGM

バックミュージックはネットの無料の著作権フリーのものを利用すると権利的な問題が生じないのでオススメです。効果的な演出をすることがこれで出来るようになります。ただ、エンドロールが流れている時はそれまでの映像などで感動した視聴者がイメージを膨らませているところだったりもしますから、それほど大きな音のバックミュージックは要らないかもしれません。著作権フリーの音源を使う場合には、雰囲気づくりのムードミュージックのようなものを選択すべきと言えます。一般的に広く知られている著名人の音楽は、利用するためには利用料を納めて権利許諾処理を行う必要が生じます。

各種編集サービスを行う業者で、ISUMやJASRACとの契約を保持している業者に依頼すると、BGM利用に関する許諾処理を依頼することが出来ます。正規の許諾処理が行われた証となるシールや印刷がない場合には、会場側から上映を断られるケースもありますので、事前によく確認しておくと良いでしょう。

人気の無料お試しテンプレートをダウンロード

関連するページ

Comments are closed.

Post Navigation