• HOME HOME
  • pc PCView
  • MyPage MyPage
  • cart Cart
  • CategoeyMenu Category
  • MainMenu Menu

エンドロールを作る際の抑えておきたい初歩のポイント

結婚式の感動を思い起こしながら、最後の最後を締めくくる映像演出としてエンドロールがよく用いられます。自分の手でエンドロールを作りたいと考える人も多くおられ、結婚式の重要な準備の一つになることは間違いありません。

こちらのページではそんなエンドロールを作る上で抑えておきたい簡単なポイントについてをご紹介しています。

おすすめのフリーダウンロード素材

エンドロールの基本的な構成

基本構成は基本的に以下のようなものです。

  • 冒頭分で挨拶や二人の写真を表示
  • ゲストの名簿一覧(合わせてコメントも表示する場合はここで一緒に)
  • 最後にメッセージで締めくくり

最初に二人の写真とか雰囲気が出るものを準備することになります。そして、結婚式に参加してくれているゲストの皆様の名前を順番に出していき、何人かまとめてでもいいので一言個人的にメッセージを書くことでゲストに方たちに感謝の気持ちも伝わるますし喜んでもらえます。その時に、ありがとうの気持ちがこもっているBGMを流すのも雰囲気作りの一つになります。最初にゲストの方たちのコメントを書くのですが、それが終わったら次は家族に対してのコメントになります。家族というのは、ゲストというよりも開催側の立場でもあるので一番最後に出すのが一般的です。そのあとに、皆さまに向けて一言という構成が無難です。もしも妊娠しているのであれば、ムービーの最後の最後に「家族が増えます」というサプライズを入れるということもできます。

メッセージは長すぎず簡潔に表記

エンドロールは本当の締めくくりになるので手の込んだ素敵なものを準備することで最高の思い出になります。自分でエンドロールを作成した方の多くは、やはり時間をかけた分とても感動的なものが出来上がり、結婚して数年たった今でも見返して感動できる楽しさを感じているようです。大切なポイントは、メッセージは長すぎないようにすることです。ゲストに伝えたいことは多くありますが、それを全部書いてしまうと読みづらいですし逆に感謝の気持ちがきちんと伝わらないことがあります。最後に流すメッセージは簡潔にわかりやすくすることが大切です。また、ゲストの名前を流す際には何度もゲストの名前が間違っていないか確認をするべきです。せっかくゲストの名前を流しても、漢字が間違っていたりすると不快な気持ちになってしまいます。何度も一人で確認をするのではなく、複数の目で確認をすることがおすすめです。

撮って出しエンドロール(当日撮影&上映)もおすすめ

エンドロールは自分で作成をするパターンもありますが、式場に依頼をしたら一日を振り返るものを作成してもらえることもあります。新郎新婦が退場してから、その日一日の出来事を3分くらいの短い時間に凝縮されさっきまで味わっていた感動が再び蘇ってきます。とても短い時間の上映になりますが、まるで一本の映画を観ているような気持ちになりますし、実際に来てくれているゲストも登場するので自分が映ると嬉しい気持ちにもなります。自分で作成をしても感動的なムービーができますが、結婚式場に依頼をすることでも映画のようなムービーが出来上がります。

エンドロールに使う曲も大きなポイントになります。どんな曲を使うかによってどんな雰囲気で終わるのかが決まってくるからです。結婚式をどんな雰囲気にしたいのかによって曲を決めることが大事です。一生に一度の大切な式に流すムービーです。自分たちの一生の思い出に残るようなムービーを手作りしてみてはいかがでしょうか?

人気の無料お試しテンプレートをダウンロード

関連するページ

Comments are closed.

Post Navigation