• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のエンドロールでは出席してくださったゲストお一人お一人の名前や写真を紹介するとともに個別に感謝のメッセージを入れこむことが出来ます。個別にゲストへの感謝のメッセージを入れこむことにするケースでは、やはり感謝のコメントをどのようなものにしたら良いのかや失礼にあたる言い回しや言葉遣いとはならないのかなどなど、考えてしまうポイントがたくさん出てきます。特に親族などの距離感が微妙なゲストの場合には、距離を保った言い回しがふさわしいのか、エピソードなどを盛り込んだ距離間の誓いコメントがよいのか悩まれる新郎新婦様も少なくありません。このページではエンドロールのコメント例の中から特に親族に向けたコメントに的を絞ってご紹介しています。

エンドロール制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsが結婚式のエンドロール制作にもおすすめなのは、エンドロール用テンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させれば0円でとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • エンドロール用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

結婚式エンドロールの親族へのコメント例とポイント

エンドロールを作っていく時に頭を悩ますポイントの1つがコメントの内容をどのようなものにするのかという点です。特別仲がよく距離感の近い友人などであればコメントを考えるのは簡単かもしれませんが、微妙な距離感のゲストの場合にはコメントを考えるのにとても頭を悩ませます。言葉遣いや言い回しはどのようなものが良いのか、コメントの内容はどのような雰囲気で書いていくのか悩んでいる新郎新婦様も多いのではないでしょうか?実際に利用されたことのあるコメント例なども参考にしながら親族向けのコメントを見ていきましょう。

コメントの順番

親族向けのコメントを考える前にエンドロールの基本的な流れとコメントや名前を表記する順番について整理しておきましょう。基本的な紹介の順番は以下のような考え方で、立場や身分的に上位の位にある方から順番に紹介を行っていきます。新郎新婦と近い関係にある方は最後の方になってくるというのが一般的な順番です。両親や兄弟などの家族については最も最後にまとめて表記されるパターンが多くなっています。親族は新郎や新婦側で区切った紹介の最後の部分に当たります。

  • 新郎主賓→新郎上司(恩師)→新郎会社関係者→新郎友人→新郎親族
  • 新婦主賓→新婦上司(恩師)→新婦会社関係者→新婦友人→新婦親族
  • 新郎家族→新婦家族

敬称はつけるべきか?

順番の他にも敬称の有無についても検討が必要です。基本的には「〇〇様」などと様を付けることが一般的です。しかし新郎新婦の両親についてはもてなす側の人物としてへりくだる考え方から敬称を用いない事が通例となっています。

  • 〇〇様
  • 〇〇先生
  • 両親には付けないのが一般的だが、手紙を書く時のように両親へも「様」を付けている例もたくさんある。

親族向けのコメント例

親族へのメッセージはそれぞれの親族への新郎新婦との距離感の他にも、親族通しや両親を通じた関係性なども関係してくるところなので、それぞれの親族との距離感をしっかりと考慮する必要があります。親戚とはいっても全く接点のない遠い親戚や子供のころから顔を合わせたことが数回程度という親戚もいるかもしれません。

たくさん可愛がってくれたり事あるごとにお祝いや心配の連絡をくれた親戚など感謝の気持ちがたくさん湧き上がってくる親戚の方もおられるはずです。それぞれの親族との間にならかの感謝を伝えることが出来るエピソードが無いかを今一度思い返しながらコメントを考えていきましょう。

  • お二人のように支えあえる良い夫婦になります
  • 子供のころからたくさん遊んでいただきありがとうございました
  • これからは夫婦共々宜しくお願い致します
  • 本日は遠くからお越しいただいて本当にありがとうございます
  • これからもまだまだ元気でいてくださいね
  • じいちゃんの採ってきた魚は最高にうまかった
  • 毎年みんなでやった花火の思い出 今も良い思い出です
  • 夏祭りのころにまた帰りますね
  • 夏に庭で毎年していたプールが楽しかったです 今度は娘と遊んでください

エンドロールのコメントは親族にも丁寧に伝える

結婚式のエンドロールで伝えるコメントの中でも特に微妙な距離感にある親戚へのコメントというのは頭を悩ませる要因になります。しかし新郎新婦様が小さい時には必ずと言ってよいほど何かしらの形でお世話にはなっていて、親戚の方々も新郎新婦様のご結婚をとても喜ばしく感じてくれているはずです。

子供のころの写真を探していると、親戚一同で集まって花火を楽しんでいたり会食を楽しんでいる様子を写真からも知ることが出来ます。写真を発見したことで感謝のエピソードが思いつくというケースもよくありますので、どれだけ考えてもなかなか親戚への良いコメントが考え使いないという新郎新婦様は古い思い出の写真を探してみるのも良いかもしれません。親戚の方々へも感謝とお礼の言葉を載せて素敵なエンドロールを完成させてください。

素敵な結婚式が出来るといいですね。

思い出に残るエンドロールが作れますように・・・。

今月の人気トップ4

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation