• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚披露宴で上映するエンドロールには写真をメインで使って紹介していくタイプのものと、結婚式当日の様子を撮影した動画を使った撮って出しタイプのエンドロールの2種類があります。写真タイプのエンドロールと動画がメインの撮って出しタイプのものどちらのエンドロールにするべきか迷っているという新郎新婦様も多いかもしれません。何よりも取って出しエンドロールでは料金が15万円前後になることも多いので、予算的に難しいという方もおられるかもしれません。

このページでは結婚披露宴で上映するエンドロールムービーを写真タイプで作る場合と撮って出しタイプで作る場合との違いやポイントについてまとめてご紹介しています。

エンドロール制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsが結婚式のエンドロール制作にもおすすめなのは、エンドロール用テンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させれば0円でとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • エンドロール用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

披露宴で流すエンドロールは写真で作る?撮って出し?

結婚披露宴の最後を飾るエンディング演出として人気の高いエンドロールですが、皆さんの結婚式では写真タイプのものにされましたか?プロに依頼して撮って出しタイプのエンドロールを作る予定でしょうか?エンドロール上映と一言にいっても写真タイプと撮って出しタイプのエンドロールでは構成や意味合いも少し変わってきます。

それぞれの違いやメリットデメリットについてみていきましょう。

写真エンドロールのメリットデメリット

写真タイプのエンドロールは今まで最も主流だったタイプの歴史がある程度長いエンドロールです。

結婚披露宴に参加してくれたゲストたちの写真を紹介しながら、出席してくれたことへの感謝のコメントなどを挿入しながら作られていきます。撮って出しタイプのエンドロールと比較した場合、最も大きな特徴といえるのが料金が安いという点かもしれません。

そのほかにも写真タイプのエンドロールのメリットはいくつかあります。

  • 事前に作っておくことが出来るので、上映が確実にできる
  • 料金が安い
  • ゲストの写真と共に感謝のコメントも挿入できる
  • 事前に上映するムービーを確認できる

写真で作るエンドロールは結婚式当日を迎えるよりももっと早い段階からじっくりと作り上げておくことが出来るので、上映に失敗するというリスクはとても少なくなります。さらに前もって作っておくことが出来ることで、当日上映されるエンドロールムービーの内容を確実に把握しておくことが出来るという点もメリットといえるでしょう。撮って出しタイプのエンドロールは当日上映されるまで、どんな内容になるのかを新郎新婦も分からないというムービーになります。

デメリットも考えてみましょう。とはいっても写真タイプのデメリットというのはほとんどないのですが、一応上げてみるならば以下のような点になるかもしれません。

  • 写真が無いと作れない(意外と写真が不足して作れないというケースは多いようです。)
  • 結婚式に参加してくれるゲストの写真枚数が少なかったりバランスをとるのが難しい場合も多い

写真タイプは気軽にチャレンジできる

写真で作るタイプのエンドロールは安価で手軽に作ることが出来るムービーですが、結婚披露宴に参加してくださったゲストの写真が不足していたり特定の誰かだけとの写真が多くなってしまわないようにバランスをとる必要があったりと、写真ならではの問題もしっかりと考慮する必要があります。

しかし事前に自分たちの好きなBGMと選んだ写真でエンドロールを作って置き、会場のゲストの趣味や趣向に合わせて作りこんでおくことが出来るという点では、とても安心できるムービーといえるかもしれません。

撮って出しエンドロールもその日一日の思い出を振り返ることが出来る良いムービーですが、写真タイプには写真タイプならではの良い点があるといえるでしょう。

撮って出しエンドロールのメリットデメリット

撮って出しタイプのエンドロールをご検討中の新郎新婦様も多いかもしれません。

撮って出しタイプのエンドロールというのは近年増えてきたタイプのエンドロールで、結婚式や披露宴冒頭シーンまでの撮影していた映像を、当日その場で編集して即上映してしまうというタイプのとっても(業者が)忙しいタイプのムービーです。ここ数十年でパソコンの性能が飛躍的に向上したことで、即編集と書き出しという作業が出来るようになってきました。

結婚式当日の様子をその場で客観的に見ることが出来るので、自分たちの結婚式のハイライトを楽しみながら見ることが出来ます。

撮って出しタイプのメリットは何よりもその日の結婚式の様子をその日にみんなで一緒に見て感動を共有できるという点でしょう。

他にも取って出しエンドロールのメリットを見てみましょう。

  • 当日の結婚式の様子をみんなで共有してみることが出来る
  • 写真を事前に用意する必要が無いので作るときの新郎新婦側の負担は無い
  • 当日見てみるまで分からない無いようにドキドキわくわく感を楽しめる

写真タイプのエンドロールと比較して考えると、写真を事前に選んで作っておく必要が無いというのも大きなメリットの一つといえるかもしれません。エンドロールでは写真を選ぶ手間がとても大きいので、写真選びがなくなるというだけでムービー演出準備の手間が大きく減るのは間違いありません。

しかし撮って出しタイプのエンドロールにもデメリットがあります。

  • 料金相場が15万円前後と高額
  • 必ずしも(新郎新婦にとって)良い表情や良い場面が使われるわけではない(編集者次第)
  • 事前に確認が出来ない
  • 上映が間に合わずエンドロールの完成待ちが発生したり最悪上映できないというケースも実際にある

撮って出しタイプのエンドロールではやはり当日の結婚式内で撮影と編集を同時に行う為に、料金が高額であるという点が大きなデメリットの1つになります。

さらには上映が間に合わないかもしれないというリスクを抱えていて、何らかのトラブルによって上映が遅れたり失敗してしまうという事例も実際にあるようです。

料金やリスクとの兼ね合いを見ながら、取って出しタイプのエンドロールにするのかどうかを検討していくと良いでしょう。

撮って出しエンドロールはプロへの依頼一択

撮って出しタイプのエンドロールでは編集スピードの速さや高性能なパソコン機器やデータ転送の仕組みが必要になるので、素人の方が撮って出しエンドロールを作るのはかなり無理があります。

事前にある程度編集の流れを作っておいて、当日撮影しながら頭の中で編集してしまって、その後の少ない作業時間で一気に編集を終えなくてはいけません。

撮って出しタイプのエンドロールを考えている場合には、専門業者への依頼一択となります。

結婚披露宴のエンドロールは写真でも撮って出しでもOK

結婚披露宴で上映するエンドロールには写真タイプのものと撮って出しタイプのものと2種類がありましたが、これからエンドロールを作られる皆さんはどちらに気持ちが傾いているでしょうか?

撮って出しエンドロールのように当日の様子をダイジェストで見ることが出来るというのは本当にとっても画期的で楽しい演出となりますが、料金が高かったり自分たちが必ずしも納得のいくシーンやカットで撮影されたムービー素材を使えるわけではないなどのデメリットもいくつかありました。

写真タイプのエンドロールは写真を使って手軽に作ることが出来ますが、そもそもその写真があまり集まらずにエンドロールを作れないという話は実際によく耳にします。

自分たちが持っている写真を今一度見てみて、エンドロールでも使えそうな写真がどのくらい残っているのかを確認しておくと良いかもしれません。既にプロフィールムービーで写真を結構使ってしまったことで、エンドロール用の写真が確保できなくなってしまったというケースもあるようです。

写真タイプと撮って出しタイプそれぞれのエンドロールはメリットとデメリット、さらには特徴が異なるので、自分たちの事情を考慮してエンドロールを選択しましょう。

当日素敵なエンドロールを上映して披露宴のエンディングを飾れるといいですね。

素敵な結婚式当日をお迎えください。

今月の人気トップ4

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation