• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のエンドロールを自分たちで作ってしまうという新郎新婦様も最近はとても増えてきていますが、自作の方も業者に依頼する場合でも名簿を作るという共通の作業があります。エンドロールの制作ではこの名簿データを作成するのがかなり大変で、どんな感じなのか?役職や肩書は?順番をどんな並びにすればいいのか?などなど色々と考えてしまう点があります。さらに親の名前の表記の仕方や順番、そして親の名前に様は付けて良いのか?といった点も悩む点ですよね。

このページではエンドロールの名前表記や順番で悩む問題の一つ、親の名前に様は付けるべきなのかどうかという点についてまとめてご紹介しています。

エンドロール制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsが結婚式のエンドロール制作にもおすすめなのは、エンドロール用テンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させれば0円でとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • エンドロール用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

エンドロールで親に様は付けるべき?

エンドロールではゲストの名簿一覧をスクロール表示させていくアニメーション表現が挿入されますが、このエンドロールの名簿内に親の名前も入れますよね。

結婚式内の親の名前の表記では様を付けずに名前だけの表示を行うことがほとんどですが、エンドロールというムービーの中であってもそうするべきでしょうか?

結婚式では忌み言葉を使わないとか、様を付けないとか、順番は目上の方からなどなど日本の古くからの色々な風習や考え方が関わってくるので、色々と配慮するべき点があります。両親の名前に様を付けるべきかを考えてみましょう。

親の名前に様を付けるべきか?一般的な考え方

結婚式では親の名前には様を付けずに呼び捨ての状態で表記するというのが一般的な考え方です。

これは、親を含め家族一同は結婚する新郎新婦と同じく「ゲストをお迎えして歓迎する側の立場」であるという考え方が関係しています。へりくだってゲストを立てている表現ともいえるかもしれませんね。

ただ、これはあくまでも日本古来からの一般的な考え方というものなので、それをどれほど重んじて従うのかは結婚される新郎新婦様次第でもあります。実際結婚式の様々な名前表記で両親に様を付けて表示したいという事をご希望される新郎新婦様もおられます。

新郎新婦の2人がゲストとして家族や両親も迎えたいという考え方を持っておられるケースもありますので、自分たちらしい考え方で決めるのもありです。

基礎知識として日本の伝統やしきたりに基づいた考え方では、親には様は付けないという考え方の方が普通という点は覚えておきましょう。

親を紹介する順番

エンドロールの中で両親の紹介をするのは、基本的に最後です。

エンドロール内の名簿データでは立場や役職が上の方から順番に、会社関係>友人関係>親族>家族>新郎新婦の名前という順番で紹介されていくのが最も標準的なパターンです。

役職を考慮した順番の作成が大変な場合や公平性に欠けると思われる場合には、それぞれのグループを区切った後に五十音順が用いられることもあります。

いずれにしろ家族の紹介を行うのは最後の最後で、新郎新婦の名前を表記する場合であればその直前の位置になります。

家族の兄弟や姉妹たちも同様でエンドロールの名簿データでは最後の配置になります。

最後親や兄弟が配置されるというこの順番は結婚披露宴会場の席順で高砂席から家族が最も遠い位置に配置されるのと同じですね。

両親に手紙を書くという考え方もある

プロフィールムービーやエンドロールムービーを使って両親への感謝の言葉を手紙のような形で伝えたいと思われる新郎新婦様もおられます。

この場合、ムービーをゲスト向けの演出や余興ととらえずに、両親への手紙としてとらえて考えてみると、様を付けるのも自然な選択肢になってきます。
  • お母さんさま お父さんさま
  • 〇〇さま 〇〇さま へ

みたいな形で、感謝を伝える手紙であれば両親に対してでも様を付けるのはごくごく自然な事です。

もしエンドロールやプロフィールムービーの構成やコンセプト自体が手紙をモチーフにしたものであるのであれば、様を付けたとしても違和感はおきません。

エンドロールの中でも名簿一覧と共に一言コメントを付けくわえているケースなどでも、両親の名前を唐突に表示してコメントを表記するよりも手紙の用に「〇〇さまへ」「お父さんさまへ」といった形で表記したとしても、ゲストも自然に受け入れやすくなります。

自分たちが作るエンドロールムービーがどのような構成やモチーフの元に作られていくのかを考えて、自分たちらしいエンドロールの表現を作ってみてください。

お二人の気持ちを大切に

冒頭でもご紹介した通り、親の名前の表記に対して様は付けないというのが最も一般的で標準的な考え方です。

なのであくまでも標準的なマナーに乗っ取ってエンドロールを作りたいという新郎新婦様は、機械的に一般的なマナーに従って様を付けずに作るとよいでしょう。

手紙のような形のムービーを作るときには様を付けたとしても違和感はほとんど発生せずにフリや演出としてとらえることが出来るので、自分たちが作るムービーのコンセプトと照らし合わせて考えてみてください。

お父さんお母さんの名前にも様を付けて手紙の用にコメントを表示するというスタイルも、実際に見ると家族のきずなや温かさを感じられてほほえましいものです。

素敵なエンドロールが作れるといいですね。

良い結婚式当日をお迎えくださいね。

今月の人気トップ4

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation