• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式の最後を飾る退場演出としてエンドロールを上映する新郎新婦様はとても多いですが、あなたもエンドロールを上映する予定でしょうか?エンドロールでは会社関係や親族などの写真を用意して紹介していく事が多いですが、会社関係や親族関係の写真が見つからなくて、エンドロールの上映をためらっているという新郎新婦様も少なくないようです。

このページではそもそもエンドロールって必要なのかな?という観点から、エンドロールが無い場合の結婚式の様子や代替案をご紹介しています。

エンドロール制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsが結婚式のエンドロール制作にもおすすめなのは、エンドロール用テンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させれば0円でとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • エンドロール用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

エンドロールって必要?他のアイデアは?

結婚式のエンディングを飾る演出としてエンドロールを上映するという新郎新婦様もとても多いですが、エンドロール用の写真が集まらなくて作れないという悩みを抱えておられる方も少なくありません。

写真の構成を少し調整するだけでエンドロールを完成できる程度であれば良いのですが、会社関係の写真がごっそり無いといった場合などにはエンドロールを上映しづらくなりますよね。少し考えてみましょう。

エンドロールを使った退場のパターン

エンドロールを使うパターンの退場演出の流れを見てみましょう。

エンドロールを上映している間は基本的にゲストはスクリーンを見ている状態なので、退場はエンドロールの上映前と後とに分かれます。

一般的に多いのは、新郎新婦が退場した後にエンドロールをスクリーンに映し出して上映するというパターンで、送賓のために出入り口付近に新郎新婦がプチギフトをもって立って待つ準備の時間に上映されています。

しかし撮って出しエンドロールなどの場合には当日の結婚式の様子をムービーで新郎新婦様も一緒に見たいという事も多いので、取って出しエンドロールなどでは新郎新婦もゲストと一緒にムービーを見るということも珍しくはありません。

エンドロールムービーを見てから、感動的な雰囲気や楽しい雰囲気などムービーやBGMの雰囲気に合わせて退場が行われます。

エンドロールが無い場合の退場の雰囲気と演出

エンドロールが無い場合も、基本的に退場の演出や流れはそれほど変わりません。

結婚式のエンディング部分では両親への花束贈呈や花嫁の手紙、さらには新郎から会場のゲストへの挨拶など、感動的なクライマックス演出が盛りだくさんになっています。

エンドロールを上映するかどうかにかかわらず、既に会場全体が感動的な雰囲気に包まれているので、そのまま退場となっても流れはとてもスムーズにつながります。

新郎新婦からの挨拶の後、感動的なBGMで会場全体が包まれた状態から新郎新婦が照明を浴びながら退場していきます。

ゲストのいる各テーブルを回りながら祝福の言葉をかけられながら退場していくという流れは、エンドロールの有り無しでほとんど変わりません。

エンドロールは無くても大丈夫

結婚式当日に会場の中で全てのゲストの方と話をして挨拶が出来るわけではありませんので、エンドロールの中に挨拶のコメントを入れておいて感謝の気持ちを伝えるという意味ではとても良い効果があります。

録って出しエンドロールなどの場合には、結婚式一日の思い出を振り返りながらムービーを見ることが出来るので、本当にあっという間に過ぎた感動の1日を思い出して、涙することもあるかもしれません。

色々な理由からエンドロールは結婚式のエンディング部分を飾る演出としてとても人気がありますが、結婚式のエンディング部分はエンドロール以外の感動演出が既に盛りだくさんなので、無くても全く違和感はありません。

花嫁の手紙、花束贈呈、新郎の挨拶や新婦父親からの挨拶の言葉など、感動演出ラッシュがありますので結婚披露宴の最後は既にかなり感動的な雰囲気があります。その高まった感動のムードを保ったまま一気に退場まで行ってしまうというのも進行の流れとしてはとてもスムーズなので、エンドロールが無い場合でも心配しなくて大丈夫ですよ。

エンドロールに変わる退場演出のアイデア

エンドロールを無しにした場合、なにか代わりに出来る演出があるでしょうか?

録って出しエンドロールなどを会場に依頼する場合には、料金が15万円前後とお値段は結構高額になります。その為エンドロールを無しにするのであれば、その分をお料理のグレードアップであったり、引き出物やプチギフトをさらに足したりといった形で他の部分にお金を回すことも出来ます。

エンドロールムービーは退場を演出するという目的でつかわれる意図よりかは、最後にゲストへの感謝を伝える締めくくりのムービーという意味合いが強い演出なので、エンドロールムービーが無いから行って退場演出のグレードが下がってしまうという事はありません。

エンドロールだけじゃないので自由に決めてOKです

エンドロールをいざ作ろうと思って編集を開始してみたけれども、会社や親族関係の写真が本当に無くて作りたくても作れないという方は意外と少なく無いようです。

結婚披露宴に参加してくださるゲスト全員の写真なんて、持っていないですよね。エンドロールを無しにするという理由が写真の多少の不足であるならば、基本的にはゲスト全員の写真が無くてもエンドロールはしっかり成立するので、写真が無い方が多少ちらほらいたとしても、そのまま上映してしまってほとんど問題はありません。

写真がごっそり無いといった理由でエンドロールを上映しない事にされる場合でも、エンドロール以外の部分で結婚式をプランニングして演出することは出来ますので、どうぞプランナーさんと話し合って素敵な退場演出を決められてください。

素敵な結婚式当日をお迎えくださいね。

今月の人気トップ4

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation