• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のエンドロールを自作する場合にはおすすめしたいポイントがいくかあります。最近は結婚式のエンドロールにもいろいろなバリエーションが出てきていますので、様々なムービーのパターンが考えられますが、基本的な考え方は同じです。このページでは結婚式のエンドロールを自作する際に抑えておきたい初歩的なポイントについてをまとめてご紹介しています。

エンドロール制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsが結婚式のエンドロール制作にもおすすめなのは、エンドロール用テンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させれば0円でとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • エンドロール用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

エンドロールを作る際に抑えておきたい初歩のポイント

結婚式の感動を思い起こしながら、最後の最後を締めくくる映像演出としてエンドロールがよく用いられます。自分の手でエンドロールを作りたいと考える人も多くおられ、結婚式の重要な準備の一つになることは間違いありません。

こちらのページではそんなエンドロールを作る上で抑えておきたい簡単なポイントについてをご紹介しています。

エンドロールの基本的な構成

エンドロールの基本的な構成は以下のようなものです。

  • 冒頭部分で挨拶や二人の写真を表示
  • ゲストの名簿一覧とスライドショー(合わせてコメントも表示する場合はここで一緒に)
  • 最後にメッセージで締めくくり

冒頭部分で新郎新婦二人の写真を表示したり、結婚披露宴への出席に対する感謝の言葉を表示したりするケースが多いです。エンドロールは結婚披露宴の最後に上映されることが多いムービーなので、結婚式の最後を飾るのにふさわしいメッセージが表示されます。一般的には「本日はお忙しいところご出席くださり誠にありがとうございました」「これから二人で力を合わせて幸せな家庭を築いていきます」「本日は誠にありがとうございました」等の感謝の言葉がよく利用されます。

ゲストの名簿一覧とスライドショーを表示する部分では、ゲストおひとりおひとりへの感謝のメッセージを伝える場合や出席者一覧のエンドクレジットだけの表示とする場合もあります。どちらでも結婚式に参加してくれたゲストの皆さんの写真を多めに使ってスライドショーを構成される方が比較的多くなります。しかし結婚式のメイキング映像のように、新郎新婦を中心にして結婚式を準備していく様子を上映したりなどのオリジナルの構成でも全く問題ありません。

メッセージは長すぎず簡潔に表記

エンドロールを使ってゲストへの感謝を伝えていく場合には、感謝のメッセージが長々と長文とならないように気を付けます。これはエンドロールに限らずオープニングムービーや生い立ちムービーなどすべての結婚式ムービーに共通するポイントですが、コメント文が長くなりすぎても視聴者は全ての文を読むことが出来ません。

字幕は1秒間に4文字までという1つの目安の文字数がありますので、写真やエンドクレジットも同時に表示されることを考慮して、感謝のメッセージが長々と多くなりすぎてしまわないように簡潔にまとめる努力をしましょう。

長めの感謝の言葉は直接伝えたり、引き出物にお手紙を添えたりなど、別の方法でお伝えすることも出来ます。

漢字の間違いはダメゼッタイ

エンドロールを自作する上で必ずチェックしたいポイントは漢字の間違いやそもそもの名前の間違いです。名前を間違う、漢字を間違うというのは本当に失礼な印象を与えてしまいますので、しっかりとしたチェックが出来ないのであれば、むしろエンドロールの上映はやらない方が良いかもしれません。

漢字を間違えてしまっていないかどうかは、招待状の送付や席次表の作成等の段階ですでにしっかり名前や漢字の確認を行いながら準備している項目かと思います。エンドロールでも間違いがないか2重3重にチェックを行って、ゲストに失礼のないように注意しましょう。

順番は五十音順やグループ単位でもOK

エンドロールの名前の順番もとても気を遣うポイントです。基本的には目上の方から順番に、新郎側ゲスト>新婦側ゲストという流れになっていきます。しかしこの立場順という並べ方も実際に整理していくととても難しく、時間がかかるポイントです。結婚式のエンドロール自作時間に十分な時間を充てることが出来ない方も多い昨今では、五十音順という選択を行われる新郎新婦様も増えています。

五十音順なので順番の整理は数十分あれば決めることが出来、ゲストへの公平性が保たれるために順番の間違いによる失礼等は発生しません。時間がないという新郎新婦のお二人であれば、五十音順という選択肢を取られても良いかもしれません。

会社>友人>親族などのある程度のグループを保ちつつ、五十音順で写真と同時に表示していくというパターンもあります。

BGM選びも適切に

エンドロールに使う曲も大きなポイントになります。どんな曲を使うかによってどんな雰囲気で結婚式全体が終わるのかが決まってきます。結婚式の締めくくりをどんな雰囲気にしたいのかによって曲を決めることが大切です。一生に一度の大切な式に流すエンドロールムービーです。自分たちの一生の思い出に残るようなエンドロールになるようにBGM選びも慎重に行いましょう。

撮って出しエンドロール(当日撮影&上映)もおすすめ

エンドロールは自分で作成をするパターンもありますが、式場に依頼をしたら一日を振り返るものを作成してもらえることもあります。新郎新婦が退場してから、その日一日の出来事を3分くらいの短い時間に凝縮されさっきまで味わっていた感動が再び蘇ってきます。とても短い時間の上映になりますが、まるで一本の映画を観ているような気持ちになりますし、実際に来てくれているゲストも登場するので自分が映ると嬉しい気持ちにもなります。自分で作成をしても感動的なムービーができますが、結婚式場に依頼をすることでも映画のようなムービーが出来上がります。

エンドロールのポイントまとめ

結婚式のエンドロールを効率よく確実に自作していく為には以下のポイントが大切です。時間がない中で結婚式の準備を進めていかれる方がほとんどですので、エンドロール特有の名簿チェックなどになかなか時間を割けない新郎新婦様も多いですが、頑張って時間を割いて失礼のないようエンドロールを手作りしてください。

  • 基本構成を参考にする
  • 感謝のメッセージは長すぎず簡潔に
  • 名前の漢字間違いは要チェック
  • 順番は五十音順でも立場順でもOK
  • BGM選びも本当に大切

今月の人気トップ4

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation