• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式ではエンドロールと呼ばれる結婚披露宴のラストを飾るムービーがよく上映されます。このエンドロールでは結婚式に参加してくれたゲストへの感謝を伝えて結婚披露宴を感動的に締めくくる目的で上映されます。新郎新婦の退場と同じタイミングで上映されたり、新郎新婦の退場前や後であったりと上映タイミングは結婚式によって様々です。出席してくれたゲストへの感謝がメインとなるムービーなので、結婚式全体がとてもあたたかな雰囲気に包まれるというのも特徴です。このページではそんな結婚式のエンドロールとはどのようなもので、どういった意味や目的で上映されるのかという点について掘り下げてご紹介しています。

エンドロール制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsが結婚式のエンドロール制作にもおすすめなのは、エンドロール用テンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させれば0円でとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • エンドロール用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

結婚式のエンドロールとは?

どんなムービー?上映する意味は?

結婚式の最後に出席してくださったゲストへの感謝を込めて上映される感動的なムービーの事です。エンドロールの中では結婚披露宴に参列頂いた名前の表示や写真の表示をして、感謝のメッセージを伝えることが一般的によく行われています。以下はエンドロールの一例です。

上映の意味やタイミング

今は結婚式当日の様子を撮影し、その場で即編集されたムービーがエンドロールとして結婚式の最後に上映されることもしばしばあります。作り手側は編集時間が超がつくほど短いのでとても大変ですが、その日起きた結婚式当日のハイライト映像がスクリーンに映し出されるとゲストは本当に感動してくれます。

結婚披露宴の最後は新郎新婦の退場で終了することがほとんどですが、その後すぐに会場の照明が明るくなって退席が始まることが無く、エンドロールを上映してゲストに余韻に浸ってもらうことも出来ます。出口でゲストをお見送りするために新郎新婦と両親が出口付近で準備をするための時間を稼ぐ、つなぎの目的で上映されることもしばしばあります。

結婚式当日に全員に合って感謝の言葉を伝えるというのはとても難しい事なので、時間に余裕がある結婚式の準備期間にエンドロールに感謝のメッセージを入れておき、当日感謝の言葉を伝えきれない事も考慮しておくと、感謝の伝わる素晴らしい結婚式が出来るでしょう。

エンドロールのメインテーマは「感謝」

エンドロールのテーマは主に「感謝」であることが多いです。ゲスト一人一人へのコメントを添えたり、ゲストが写った写真を沢山写すことでゲストへの感謝を伝えていきます。

もちろん新郎新婦の二人をテーマにして、結婚式が行われるまでの準備期間の様子を取り入れて、メイキング映像のようなエンドロールを作っていく事も出来ます。新郎新婦の作りたいエンドロールに合わせて自由に作成してみましょう。

エンドロールの基本構成

結婚式で上映されるエンドロールでは以下のような流れでムービーが構成されていることが多いです。

  1. 感謝の言葉で始まり
  2. ゲストのクレジット表記とスライドショー
  3. 感謝の言葉で終わり
  4. ラストのキメカットやタイトルの表記で締める

といった流れです。詳しく見てみましょう。

エンドロールの始まりは感謝の言葉

エンドロールの開始部分は感謝の言葉で始まる事が多いです。

  • 本日はお忙しい中ご出席いただき誠にありがとうございます
  • これから二人で幸せな家庭を築いていきます
  • 本日は誠にありがとうございました

などの感謝のメッセージを表記して、結婚披露宴の終了のムードを漂わせながら感謝の言葉を伝える例が多いです。

ゲストのクレジット表記やスライドショー

エンドロールのメインの部分です。スライドショーと共に出席してくださったゲストの名簿一覧をスクロール表示させるというパターンが最も一般的です。出席してくださったゲストの写真を多めに使ってあげることで、ゲストが見入ってくれるケースが多いです。

ここでエンドクレジットのタイミングと同期させながら写真を表示したいというケースもしばしば見受けられますが、エンドクレジットのスクロール速度と写真の表示タイミングを同期させることはとても難しいので、あまりタイミングにとらわれることなくスライドショーをメインに考えて表記していっても良いように思います。

映画のエンドロールの名前を意識してじっくり見る方は少ないのが現実です。映画のエンドロールを見て、名前を追いかけているのは映画やドラマの制作者や、私たち映像クリエイターくらいかもしれません。

最後は感謝の言葉で締めくくる

エンドロールの最後の部分にも感謝の言葉を表記する方が多いです。結婚式の本当の終わりの部分なので、ありがとうございました、といったストレートな一言の方が響きやすく実際によく利用されます。冒頭の感謝の言葉と基本的には似ていますが、以下の例もご参考にされてください。

  • 本日はお忙しい中ご出席いただき誠にありがとうございます
  • これから二人で幸せな家庭を築いていきます
  • 本日は誠にありがとうございました
  • 〇〇年〇月〇日 新郎〇〇&新婦〇〇

エンドロールの締めくくり

最後の最後はキメの写真をドーンと表示したり、The Endなどのタイトルを表示して終了するケースが多いです。ゲストにこれで終わりであることが伝わると、会場全体が拍手喝采に包まれます。よく利用されるエンドロールの締めくくりは以下のようなものです。

  • 〇〇年〇月〇日 新郎〇〇&新婦〇〇
  • THE END
  • fin
  • 本日は誠にありがとうございました
  • ありがとうございました
  • これからも末永く宜しくお願い致します

結婚式のエンドロールとは感謝を伝えるムービー

映画やドラマの最後に上映されるエンドロールは、制作に携わったメンバーのリストやスポンサーの表記することをメインの目的として上映されます。しかし結婚式では結婚式に参加してくれたゲスト皆様への感謝を伝えるためや、結婚式全体の締めくくりの演出として利用されます。

結婚式全体をゲストと共に無事に作り上げることが出来たという事で、ゲストではなくいわゆるキャスト側(製作者側)としてのパロディ要素も入っている訳ですが、実際にエンドロールの意味を深く考えながら見ているゲストは少ないでしょう。

単純に感謝や紹介をされてゲストは悪い気はしません。むしろうれしいという反応をしてくれます。

そして結婚式の最後にエンドロールを上映すると、会場全体が拍手喝采に包まれてとても温かく感動的な雰囲気に包まれます。

結婚式の感動的なラストにはエンドロールの上映がぜひともお勧めなので、エンドロールの上映に迷われている方がいらっしゃったら、是非上映をお勧めしたいと思います。

 

 

今月の人気トップ4

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation