• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のエンドロールを自作するとが出来たら、結婚披露宴会場で上映できるように最後にDVDへ書き込む必要があります。しかしmp4やmovやaviといった出力後の動画データをそのままDVDに書き込んだとしても残念ながらDVDプレーヤーはエンドロールのDVDとして認識してくれません。パソコンで再生できる状態と、DVDプレーヤーで再生できる状態は別のものなので、初心者の方はエンドロールのDVD化で失敗しないようにDVDの基礎知識を身に着けておきましょう。

エンドロール制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsが結婚式のエンドロール制作にもおすすめなのは、エンドロール用テンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させれば0円でとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • エンドロール用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

エンドロールのDVD化

結婚式のエンドロールを自分で作ることが出来たけど、DVDの作成段階で失敗される新郎新婦様も少なからずおられます。DVDのディスクにmp4やmovといった動画データをそのまま書き込んだDVDはパソコンでは再生が出来るので、DVDプレーヤーでも同様に再生できるものと勘違いしておられるパターンです。残念ながらDVDに直接mp4やmovやaviを書き込んだ(格納した)だけではDVDプレーヤーで再生できるDVDとはなりません。

  • 自作エンドロールのmp4やMOVやaviをDVDに書き込んでもDVDプレーヤーは認識できません
  • DVDプレーヤーで再生するための必要な規格があります

エンドロールの完成データとDVDの形式は別物

基本的な点として、完成したエンドロールの動画データ(mp4やmovやavi)とDVDのデータは全くの別物であることをまず理解しましょう。エンドロールの編集作業によって完成したmp4やmovやaviの動画データをDVDやblue-rayやスマホやパソコンなどなど、どのような媒体に入れ込んで再生するのかという問題は別の問題になります。

エンドロールをDVDに書き込んで結婚式で上映することを希望する場合には、DVDの規格として求められる正しい規格に変換して作成する必要があります。

エンドロールDVDの規格

エンドロールの完成した動画データをDVDプレーヤーで認識できる状態にするためには、DVDの規格で求められる規格に変換してDVDにデータを入れ込む必要があります。細かい規格がいくつもありますが、ポイントは以下の2つです。

  • エンドロールの動画の形式はMPEG2
  • 解像度は720*480

エンドロールをDVDに書き込むソフトの必要性

では、動画の形式がMPEG2で尚且つ解像度が720*480となるエンドロールを用意して、DVDにそのまま書き込めばDVDプレーヤーで再生できるDVDが完成できるのかというと、残念ながらそれも違います。DVDプレーヤーで再生できるDVD-VIDEO形式では、動画の規格や字幕のデータ、翻訳の音声データやフォルダの構造や名前など、様々な要素が厳密に決められています。

DVDプレーヤーで認識できるDVD-VIDEO形式に正しく変換できるように、DVDオーサリングソフトを活用する必要があります。

エンドロールのDVD書き込み方法

エンドロールを作成できる動画編集ソフトと、DVDを作成するためのソフトは基本的に別物です。エンドロールを編集するときに利用していた動画編集ソフトにそのままDVDの作成機能も付いていればよいですが、ムービーメーカーやiMovieなど動画編集だけのソフトの方が圧倒的に多いです。DVDを作成したければDVDオーサリングソフトがかならず必要になる点は理解しておきましょう。

  1. エンドロールを完成
  2. パソコン内に一度エンドロールの動画ファイルを書き出す
  3. DVD作成ソフトにエンドロールを取り込んでDVD化する

というのが結婚披露宴会場で上映するためのエンドロールDVDを作成するための流れになります。

DVD作成ソフトのおすすめ

結婚披露宴で上映するエンドロールのDVDデータを作るためには、以下のようなフリーソフトを活用することも出来ます。DVDを作成したことのない初心者の方はWindows DVD メーカーやDVD Flickが比較的操作が簡単なのでおススメです。

  • Windows DVD ムービーメーカー
  • DVD Flick
  • DVD styler

エンドロールはDVDに書き込んで完成

結婚式のエンドロール作りは最後にDVDを作成して終了となります。DVDに単純にmp4データを書き込んでもDVDプレーヤーは認識ができないので、DVDプレーヤーで認識できる形式にして正しいDVDディスクを作成する必要があります。

特に結婚式の披露宴で利用されるエンドロールでは、最初にメニュー画面を挿入せずに自動的にエンドロールの再生が開始されるDVDや、一時停止状態でスタッフが再生待機をするためにエンドロールの再生前に数秒間の空白が入っているDVDが求められます。

結婚披露宴の担当プランナーさんからこのようなDVDを作成してほしいと指示がある場合もありますので、必要な正しい設定となるようにDVDの作成にもしっかり時間を確保するようにしましょう。そして正しい、DVDプレーヤーでしっかり認識できるエンドロールのDVDを作成して、結婚披露宴のエンドロール演出がしっかり成功を収めるように準備を行ってください。

DVDの作成で失敗される駆け込み新郎新婦様も時々ご依頼を頂戴することがあるので、舐めてかからずしっかり準備されることを本当にお勧めします。

素晴らしいエンドロールDVDが完成するといいですね。

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation