• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のエンドロールでは出席者のゲスト名簿一覧をスクロール表示するのが一般的です。この出席者の名簿ですが、実際に整理して作っていくとどのような順番が最適なのかとても悩ましいポイントとなります。このページでは結婚式のエンドロールで一般的によく利用される順番の考え方について整理してご紹介しています。

エンドロール制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsが結婚式のエンドロール制作にもおすすめなのは、エンドロール用テンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させれば0円でとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • エンドロール用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

結婚式のエンドロールに最適な名簿の順番を考えます

近年結婚式の演出の一つとしてよく取り入れられるようになったのが、新郎新婦が会場を出る時に流すエンドロールです。式の最後の締めくくりであり、重要な存在です。友人や同僚、親戚などお世話になっているゲストの名前と映像を流すことが定番ですが、その際に頭を悩ませることになるのが、ゲストの名前の順番ではないでしょうか。

エンドロールの順番の選択肢

順番としては以下のような選択肢があります。

  • 席次表の順番と同じように、主賓から順に紹介していく方法
  • 五十音で紹介する方法
  • 席次表と五十音順の両方を取り入れる方法

新郎と新婦を別々に紹介する方法と、新郎新婦を合わせて紹介する方法があります。別々に紹介する時にはどの場合でも基本としてまずは、新郎側のゲストから流しその後に新婦側のゲストを流すようにするのが一般的です。席次表の順番と同じように高砂川から並べていくのが昔ながらのベーシックな順番です。

グループ毎に区切って順番を考える方法

ゲストのトータル人数に関わらず、席次表を決めた時のようにグループを分けをすることで、エンドロール内の名簿順を決めやすくなります。グループとしては、来賓グループと職場関係グループ、友人グループと親戚グループ、そして家族グループに分けるのが基本です。来賓から始まり会社関係、その後は友人、そして親戚にし、最後に家族というグループ順にしましょう。

来賓職場関係グループ

来賓は当然ですが主賓を最初に並べるようにしましょう。祝辞をいただいた人や恩師などもここにいれます。カジュアルな結婚式以外では、主賓に関しては肩書を記載して流すことも忘れてはいけません。来賓の次には職場関係の人を紹介しましょう。立場が良く分かる書き方で、目上の人から順に並べることになります。

このとき気をつけなくてはならないのが、ゲストに取引先の人など自分の会社以外の人がいる場合です。この時には、会社の上司ではなく取引先から紹介するようにしておくようにするのがマナーです。

  • 席次表順が基本
  • 複数いる場合には、新郎側や立場が上の方や取引先を優先して紹介する
  • 役職の順番が基本
  • 同等の立場がいる場合には五十音順、勤続年数、年齢なども含めて決定すると細かい順番も決めやすい

友人関係グループ

次に紹介するのは友人関係です。友人関係は、特に順に決まりがあるわけではありません。しかし友人関係に序列をつけられていると感じさせてしまうと、後々の関係にヒビが入るので、大学や高校、中学校の同級生など各グループに分けて、五十音順に紹介する方法が無難といえます。

  • 五十音順
  • 小学校、中学校、高校、大学時代の友人など、グループ単位に分けて紹介する
  • 上映する写真に写っているメンバー毎に区切る方法もあり

親戚家族グループ

次に親族の紹介で、最後に自分たちの家族を紹介しましょう。席次表の順と同じようにするというこの方法は、きちんとした印象を与えることができ、しっかりとした式にしたいという人におすすめの方法ともいえます。

  • 「大叔父・大叔母→祖父・祖母→おじ・おば→いとこ→従甥・従姪」というのが基本
  • 年齢が上の方が属するグループから順番に
  • 新郎側を紹介した後に新婦側を紹介する

五十音順にして順番を考える方法でもOK

近年主流になりつつあるのは、五十音でゲストに差をつけず紹介するパターンです。最近の結婚式エンドロールで増えてきており、参列してくれたゲストを平等に分かりやすく紹介することができます。この方法ならば、順で頭を悩ませることもありません。エンドロールの順番を立場順で考えていくと、本当に名簿の順番を考えるのが難しいと実感するはずです。五十音順であれば、公平性を保ちながら確実にゲストを紹介していく事が出来ます。

取引先や遠縁の親戚が多数参加する場合などでも、この方法なら悩む必要がなくなります。どの方法で紹介していく場合にも、名前の漢字間違えをしたり役職の間違えなどのミスがないように、しっかり確認しておくようにしましょう。

漢字の間違いはダメゼッタイ

ゲストの方の漢字の間違いは、ゲスト本人だけが気が付くとても失礼な間違いです。実際に漢字を間違われた経験が有る方はわかるかとおもいますが、あんまり真剣に私の事を調べたり考えたりして向き合ってくれた訳ではないんだなーと、やはり少し悪い印象を受けます。

似たようで違う感じが多数ある日本語のやっかいな点ではありますが、結婚式のエンドロールの漢字間違いは実際にしばしば起こっていますので、よーくチェックをするように気を付けましょう。

エンドロールの順番は気を遣うポイント

エンドロールの名前順と漢字のチェックはとても時間のかかる作業です。招待状や席次表でも利用する名簿データなので、実際のエンドロール制作に入る前の段階から出席するゲストの名簿一覧はしっかり確認して作成しているかと思います。とても手間のかかる作業であることは確かなのですが、間違えてしまうと悪い印象を与えかねないので、頑張って正しい漢字と最適な順番を検討しましょう。

五十音順での紹介というのも最近はトレンドで、編集時間を大幅に短縮することが出来るよい選択肢です。実際の所エンドロールではスライドショーや動画などのメインとなるコンテンツをゲストは見ているので、写真や動画選びを優先して出席者一覧は五十音順でシンプルにまとめてしまうのも悪くなくおススメです。

良いエンドロールが作成できるといいですね。大変ですが順番の整理を頑張りましょう。

無料素材&テンプレート

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation