• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

最近の結婚式ではハイライトをまとめて短時間で編集したムービーをそのままエンドロールとして上映する撮って出しエンドロールといった演出もあります。しかし結婚式のエンドロールを自分たちで作るというカップルの方も少なくありません。このページではエンドロールの基本的な作り方や考え方の初歩的なポイントについてをまとめてご紹介しています。

エンドロール制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsが結婚式のエンドロール制作にもおすすめなのは、エンドロール用テンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させれば0円でとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • エンドロール用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

エンドロールを自作する時に初心者におすすめの段取り

まずは先に素材集めから

結婚式のエンドロールの作り方としては、まず動画素材やテンプレートを集めてくる事から始めると初心者の方でも割とスムーズに自作を開始出来ます。素材はネットで無料のものでも多く集めることが出来るので、いくつかのサイトを訪問して気にいったものを選んでダウンロードするといいかもしれません。

オーロラ カーテン ピンク

カウントダウン 24風

動画素材以外にもエンドロールのテンプレートも入手出来ますので、初心者の方でまだムービーを作成した経験がないという方はテンプレートを利用するというもの簡単にエンドロールを作る方法です。各動画素材やテンプレートには著作権やライセンス条項がありますので、使っていいものなのかどうか各ファイルの規約をよく確認してください。動画素材やテンプレートを一切に使わずにエンドロールを作成することも出来ますが、構成や時間的なタイミング調整、デザインやアニメーションの調整を編集していくのに多大な時間がかかりますので時間に余裕があるかどうかもしっかり考慮してください。

エンドロール全体で利用したいと考えている写真もしっかり用意しておきましょう。ゲストを中心に紹介していくのか、結婚式のメイキング映像集のように新郎新婦の準備風景を中心としたエンドロールにしていくのかで選ぶ写真も変わってきます。自分たちの目指すエンドロールに近い、適切な写真を先に選択しておきましょう。

出席者一覧の名簿作り

結婚式のエンドロールでは結婚披露宴に出席してくれたゲストの皆様の名簿一覧を表示するのが一般的です。映画やドラマの最後に制作者の名前一覧を表示するのを真似て、結婚式を共に作り上げてくれた制尺者のように見立ててゲストを紹介していきます。

この出席してくださったゲストの名簿一覧作成には、名前と漢字のチェックや順番の整理に多大な時間がかかります。順番をどのようにしたら良いのか、そもそも結婚披露宴に各位実に出席するゲストは誰で合計何人なのかといったデータが集まらないとエンドロールの自作に着手すら出来ません。

出席が確定したゲストの名前をしっかりチェックして、漢字の間違いが発生しないようによく確認しておきましょう。エンドロール作りでとても面倒で時間がかかるポイントがこの名簿データの作成になりますので、先に作成しておくことをお勧めします。

製作に使うソフト選びも大切

制作するツールはムービーメーカーのような無料で使うことが出来る動画制作ソフトでも十分です。無料ですが基本的なことは無料のソフトでも出来ますし、直観的な操作で編集作業をすることが出来るので初心者の方には特におすすめかもしれません。字幕やコメントを入れてフェードインやフェードアウトといったアニメーションを挿入しながら、エンドロールを自作していきます。

しかし利用するソフトの編集機能に応じて、作ることが出来るエンドロールと、作れないエンドロールとが出てきます。ムービーメーカーやiMovieなどの初心者向けのソフトでは、全画面表示のレイアウトのみしか構成できなかったり(ムービーメーカー)、エンドクレジットの名前データのスクロールアニメーションを画面の中心にしか配置できなかったり(iMovie)と、制約が様々あります。プロが作成するエンドロールと同じレイアウトを作れるソフトは限られてくるので、ある程度性能の高いソフトも必要となる可能性も考慮しておきましょう。

BGM選びと著作権

バックミュージックはネットの無料の著作権フリーのものを利用すると権利的な問題が生じないのでオススメです。一般的に市販されている楽曲をエンドロールのDVDに収める場合には利用料を支払う必要が生じてきます。各種編集サービスを行う業者でISUMやJASRACとの契約を保持している業者に依頼すると、BGM利用に関する許諾処理を依頼することが出来ます。正規の許諾処理が行われた証となるシールや印刷がない場合には、会場側から上映を断られるケースもありますので、事前によく確認しておくと良いでしょう。

ここで一般のアーティスの楽曲をどうしても利用したいという場合には、CDとDVDの同時再生というのも選択肢の1つとなってきます。権利上の問題はDVDのディスクに音源を格納する場合に発生する問題なので、DVDのディスクに楽曲が収録されていなければ問題は発生しません。ISUMの発足前にはCDとの同時再生はよく行われていた上映方法なので、出来る会場も多いです。権利の処理に困ったらDVDの中に楽曲は入れずにCDとの同時再生を考えてみると良いかもしれません。

エンドロールを作る段取り

このページでご紹介したエンドロールを作るための段取りやポイントはあくまでも基本的なものです。新郎新婦お二人が望まれる結婚式に形や雰囲気によってもエンドロールの意味合いや作成方法が変わってきます。

このページでご紹介したエンドロールの段取りと流れを参考にしつつ、自分たちらしいエンドロールを是非作ってみてください。

今月の人気トップ4

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation