• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のエンドロールを自分たちで作ることにされる新郎新婦様も近年とても増えてきています。しかしいざエンドロールを作ろうと思っても、どうやって作ったら良いのか、どんなアプリやソフトが必要なのかで迷いますよね。iPhoneユーザーの方がエンドロールを作ろうと考える時にまず真っ先に候補に挙がるのがiMovieを使って作る方法です。しかしiMovieにはmac版とiPhone版とで機能に違いがあるので、エンドロールが本当に作れるのかどうか分からないという方も多いようです。

このページではiPhone版のアプリiMovieでエンドロールを作ることが可能なのかどうか、実際に作るための手順などをご紹介しています。

エンドロール制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsが結婚式のエンドロール制作にもおすすめなのは、エンドロール用テンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させれば0円でとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • エンドロール用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

エンドロールをiPhoneのアプリiMovieで作る方法

結婚式のエンドロールをiPhoneのアプリで作りたいと考える時に真っ先に候補に挙がるソフトがiMovieです。iMovieはとても簡単に動画編集を行うことが出来るので、結婚式で生い立ちを紹介するプロフィールムービーやオープニングムービー、さらにはエンドロールを作るときにも活用することが出来ます。

しかしiPhone版のiMovieでは出来ない事も多いので、出来ることと出来ない事を見極めながらエンドロールの編集を行ってみましょう。

基本的なエンドロールの画面構成と必要な機能

iMovieでエンドロールを作る前に、エンドロールの基本的な画面構成と必要な要素やアニメーションを確認しておきましょう。エンドロールの基本要素を表現できるアプリであれば、iMovie以外でもエンドロールが作れます。

一般的な結婚式のエンドロールでは以下のような画面構成で作られていきます。

大切な点は以下の3点です。

  • 写真を画面の左右に寄せて小さく表示できること
  • テキスト(ゲストの名簿)を上下にスクロールアニメーションさせることが出来る事
  • 背景に黒い色や画像などのデザイン要素を配置することが出来る事

iPhone版のiMovieではどれが出来てどれが出来ないのか見てみましょう。

iPhone版のiMovieで出来ない事

iPhone版のiMovieで結婚式でよくあるシンプルなエンドロールを作る場合には、写真を左右に寄せてテキストを上下にスクロールアニメーションさせる必要があります。

iPhone版のiMovieではどこまで出来るのか確認しておきましょう。

写真を左右に寄せて配置することは可能です。

iMovieにはスマホ用アプリとしてはまずまず高機能な機能としてピクチャインピクチャという、画像や動画の上に別の画像や動画を重ねて配置できる機能が搭載されています。その為、背景に黒い画面を用意して写真を画面の横に寄せるというレイアウトは作ることが出来ます。

iMovieはスマホ版のアプリとしてもまずまず高機能・・・と言いたいところですが、弱点もあります。

テキストを上下にスクロールアニメーションさせることは出来ません。

iMovieで動画編集を開始したけれども、途中からiMovieをやめて別の編集ソフトやアプリに切り替えられる方の多くがiMovieのテキスト編集の機能が乏しい事を理由に挙げられます。

iMovieではテキストに配置位置やアニメーションが予め決まっているので、自由に文字を配置できないという弱点があるという事で、凝った編集を行いたいと思ったときにネックになってしまいます。

背景に黒い画像やデザイン素材を配置することは可能です。

テキスト編集の機能が乏しいiMovieですが、前述のピクチャインピクチャ機能のおかげで、スライドショーの背景にデザイン素材を配置するというレイアウトは作ることが出来ます。背景に黒い画面以外のデザイン素材を配置することが出来ると、コルクや布といった画像を配置するだけで簡単にオリジナリティのあるエンドロールにデザインすることが出来ます。

自分たちらしいデザインを取り入れたいときにはこの機能はとても助かります。

iPhone版iMovieで作るエンドロールの限界

iMovieは写真を自由な位置に重ねて配置できる機能が搭載されているなど、自由なスライドショーを作るための機能はある程度充実しています。

しかし、結婚式でよくある、黒い画面の左右に写真を配置してテキストを下から上にスクロールアニメーションさせるという基本的なエンドロールのスタイルは、残念ながらiMovieだけでは作ることが出来ません。

それは前述の通りiPhone版のiMovieではテキストを上下にスクロールアニメーションさせるという機能が搭載されていない為です。

スライドショー部分が作れても、テキストをスクロールアニメーションさせることが出来ない、という重大な欠点故に、よくある基本的なエンドロールの画面構成であっても残念ながら作ることが出来ません。

mac版iMovieに移行するかkeynoteとの組み合わせ編集

残念ながらiPhpne版のiMovieだけで結婚式でよく見るレイアウトのエンドロールを作ることは出来ません。

その為iPhone版のiMovieでエンドロールを作るときにはmac版のiMovieに移行するか、keynoteなどを使ってテキスト一覧を表示した画像や動画を作ってからimovieに持ってくるという形で対応する必要があります。

また、iMovie以外にも機能が乏しい動画編集ソフトやアプリで時々使うことが出来るテクニックですが、一度出力した動画を再度取り込んで、もう一度テキストや画像を重ねて編集して出力するという方法もあります。

前述のピクチャインピクチャ機能を使って背景画像の上にスライドショーを載せて、エンドクレジットは一切付けていないという状態のムービーを一度全編書き出し、その後エンドクレジットの乗っていない状態のムービーデータをもう一度iMovieに取り込んでから、今度はkeynoteなどで作っておいたスクロールするテキストを重ねて配置することで、iMovie単体では出来ない複数の素材がレイアウトされたエンドロールも作ることが出来るようになります。

組み合わせるとiPhone版のiMovieでも(なんとか)エンドロールが作れる

iMovie単体でエンドロールを作るのはほぼ不可能ですが、mac版に移行したり、keynoteと組み合わせたり、さらには一度エンドクレジットの無い状態で書き出したムービーを再利用するなど、編集方法をかなり工夫することで、どうにかこうにかエンドロールを作ることが出来ます。

しかし逆に大変、というのが正直な感想なので、あえてエンドロールを作成するための機能が乏しいiMovieを使ってまでエンドロールを作る理由はないのかなとも思います。

また、エンドロールとはいっても必ずしも名簿一覧がスクロール表示するタイプのものばかりではありませんので、1画面に4-5人ずつと画面単位で区切って名前を表示していくタイプのエンドロールに方向性を変えた方が良いかもしれませんね。

imovieだけでエンドロールを作ると少し苦労しますが、iphoneユーザーのムービー作成アプリとしてimovieはとても有効な選択肢の1つではあるので、出来ることと出来ない事をわきまえた上で編集を行ってください。

良いエンドロールが完成するといいですね。

素敵な結婚式当日をお迎えください。

今月の人気トップ4

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation