• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のエンディングを飾るエンドロールムービーを自分たちで自作してしまいたいというご希望をお持ちの新郎新婦様も少なくありません。結婚披露宴のエンディングにゲストへの感謝のコメントと共に結婚披露宴当日に起きた様々なハプニングや演出をハイライトだけまとめて編集したムービーを上映したり、事前に用意しておいたスライドショーとゲストの名簿データを用いたエンディングムービーを作成することが出来ます。しかし結婚式のエンディングを飾るラストの締めの映像演出となるため、出来るだけ締めとしてふさわしいクオリティで作りたいものです。このページではそんな結婚披露宴のエンディングを飾るエンドロールムービーの作り方についてまとめてご紹介しています。

エンドロール制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsが結婚式のエンドロール制作にもおすすめなのは、エンドロール用テンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させれば0円でとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • エンドロール用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

結婚式エンドロールムービーの作り方

結婚式や披露宴のエンディングを飾るエンドロールムービーを結婚式でゲストとして実際に見たことがある方も少なくないのではないでしょうか?当日の結婚式で行われた様子を撮影してその場で即編集して上映まで行ってしまう撮って出しエンドロールといった超スピーディーな編集が必要になるエンドロールムービーなども最近は人気があります。新郎新婦様が自分たちでエンドロールムービーを作る場合には主にスライドショーや事前に撮影していた動画クリップがメイン素材となりますが、基本的なエンドロールの作り方は皆同じです。エンドロールの作り方についてポイントを押さえながらみていきましょう。

エンドロールムービーとは?

結婚式のエンディングを飾るエンドロールとは、映画やテレビドラマのエンディングのように、結婚式に参列してくださったゲストおひとりおひとりの名前を表示しながら写真や動画を使ってゲストへの感謝を伝えるムービーです。新郎新婦の結婚を祝う為に遠方からお越しいただいたゲストもおられますし、参加者全員がご祝儀や会費を支払って金銭的な負担もしてく出さっているので、感謝は何度伝えても感謝しきれません。新郎新婦様の多くがゲストへの感謝の思いを結婚式のエンディングとしてムービーで伝えたり、ゲストへのメッセージや結婚式当日や準備時の出来事をエンドロールの中で上映しています。

結婚式の当日の出来事を撮影してその場ですぐに編集して上映まで行ってしまうという撮って出しエンドロールと呼ばれるタイプのエンディングムービーもあります。

披露宴の最後に新郎新婦が退場した後に上映されるパターンや、新郎新婦の退場前にゲストと一緒にエンドロールを見るというパターンがあります。

エンドロールの長さは?

エンドロールムービーの上映時間は平均しておおよそ5分程度です。5分以内のムービーも少なくなく、4-5分程度にまとめられているケースが多くなります。結婚披露宴の最後の締めくくりとして新郎や新郎の父親からの挨拶等が全て終了してからの本当に披露宴の最後での上映となるので、そこまで長くないシンプルな構成で作られるパターンが一般出来です。

BGMの時間に合わせてそのまま同じ長さで作るとBGMとの同期も出来て、終了の雰囲気がしっかり入ったエンドロールムービーを作りやすくなります。

  • 5分前後が多い
  • 3-5分程度で作ることを意識するとGOOD

エンドロールムービーの写真枚数

エンドロールムービーは概ね4-5分程度のムービーとなることが多いので、写真の枚数も30枚以下であることが多いです。写真にどの程度の長さのコメントも併記するのかでも写真の枚数は変わってきます。また写真を同時に複数枚見せたり、さらにはコメントを一切添えずにテンポよく表示していくという場合には、50-60枚を5分のムービーの中でみせることも可能です。

基本的には20-30枚程度の写真枚数が一般的ですが、写真をたくさんエンドロールムービーの中に入れ込みたい時にはコメントの有り無しや複数枚の同時表示なども出来ないかを考えると良いでしょう。

エンドロールの名前順

エンドロールムービーを自分たちで作るときに意外と時間がかかるポイントの一つが名前の順番をどうするかという問題です。エンドロールムービーの中ではゲストの名簿から名前を順番に表示していきますが、この時に目上の立場の方から表記していく事が一般的となっていますので誰が最も偉いのか、その後に続く名簿となると役職や身分はどのようなものなのかなどを考慮する必要が出てきます。しかし立場にとらわれずに名前を表記する方法もありますので、自分たちがエンドロールムービーを作るのに充てることが出来る時間も考慮しつつ最適な名簿の順番を決めましょう。最もスタンダードな決め方は新郎新婦の座る席である高砂から近い順番に整理して、新郎関係者そして新婦関係者と順番に紹介していく方法です

  • 主賓から順番に席次表順(偉さ/立場順)
    これは高砂の近くから遠くへという順番
  • 立場に関係なく五十音順
  • グループ単位で席次表順もしくは五十音順

テーブル単位で考えてそのテーブル内での立場順というのも考えやすい方法となります。最もスタンダードな具体的な順番は以下のような順番です。

  1. 新郎主賓→新郎職場関係→新郎友人→新郎親族→新郎家族→新郎両親
  2. 新婦主賓→新婦職場関係→新婦友人→新婦親族→新婦家族→新婦両親

エンドロールムービーのレイアウトの作り方

結婚式のエンドロールムービーではレイアウトのパターンがいくつかあります。このエンドロールレイアウトを作るためには編集で利用する動画編集ソフトやアプリにレイアウトを作ることが出来る機能が搭載されていることが重要になってきます。結婚式のエンドロールムービーでよくある横に写真を配置してその横にさらにゲストのクレジットを表記するというレイアウトは意外と出来ないソフトも多いので、自分で作るという新郎新婦様は編集ソフト選びも大切になってきます。初心者の方が多く利用するiMovieやムービーメーカーなどでは作ることが出来ないレイアウトも多いので、編集ソフトの限界も考慮しながら作っていくと良いでしょう。

写真を全画面表示

ムービーメーカーなどの初心者向けのソフトでは写真の全画面表示しかできないものも少なくありません。この場合には写真の上にテキストを重ねて配置するパターンがエンドロールのレイアウトになります。

写真と名簿一覧をずらした表示

iMovieなどのピクチャインピクチャ機能やスプリットスクリーンといった機能があるソフトでは左右にずらして写真と名簿データが重ならないエンドロールムービーも作成できますが、iMovieで作れるレイアウトも限定的でデザイン性の高いエンドロールムービーは難しいです。

名簿を動かさない固定レイアウト

エンドロールムービーというと名簿のクレジットがスクロールされるパターンばかりをイメージしがちですが、スクロール表示しないで固定レイアウトのテキストを切り替えて表示していくというパターンのエンドロールもあります。このタイプのエンドロールではテキストの表示が写真の表示タイミングと常に完全に同期しているので、写真に合ったコメントや名前の表示が行いやすくなります。

デザイン要素も入れ込んだ複雑なエンドロール

自由にレイアウトを作ることが出来る動画編集ソフトを利用すると反射の表現を盛り込んだり、キラキラと結婚式らしい装飾を入れこんだりして自由なレイアウトでエンドロールムービーを作成できます。このエンドロールはAfterEffectsで作成されています。

エンドロールは自分たちでも作れる

結婚式のエンドロールは新郎新婦さま自分たちでも工夫をしながら自作していく事が出来ます。エンドロールの全体の長さや写真の枚数は目安を参考にしながら作り、エンドロールムービーの複雑なレイアウトが作れる動画編集ソフトを上手に選びながら作成していきましょう。

結婚式や披露宴のエンディングに自分たちで作ったエンドロールが上映でき、会場に暖かい拍手が沸き起こったり涙ぐんでいるゲストを見かけたりできるととても満足度の高い結婚式の良い思い出になります。自分たちで作る場合には色々と苦労することも多いかもしれませんが、自分たちでもエンドロールムービーは作れますので、頑張って編集を行っていきましょう。

自作でも素敵なエンドロールムービーが作れるといいですね。

素敵な結婚式のエンディングが迎えられますように・・・。

無料素材&テンプレート

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation