• 検索ボタン ムービーを
    探す
  • カートボタン カートを
    見る

結婚式のエンドロールを新郎新婦様自らで手づくりするという新郎新婦様も近年はとても増えています。スマホで簡単にスライドショーを作ることができたり、iMovieやムービーメーカーなどの簡単な動画編集ソフトを使うことでエンドロール特有の名前のスクロールアニメーションなども作ることが出来ます。エンドロールを作るときに利用するソフトによっては作ることが出来ないエンドロールもあるため、業者に依頼せずに自分たちで手作りする場合にはソフト選びもとても大切な要素になります。このページでは結婚式のエンドロールを手作りする時のポイントや作り方についての方法をご紹介しています。

エンドロール制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsが結婚式のエンドロール制作にもおすすめなのは、エンドロール用テンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させれば0円でとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • エンドロール用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

エンドロールを手作りする方法

結婚式のエンディング部分を飾る映像演出として利用されるエンドロールを自分たちで手作りしたいというご希望を持ちの新郎新婦様もとても多くおられます。エンドロールを手作りすることが出来るソフトやアプリも出てきているので、初めてムービーをつくる初心者の方でも比較的簡単にエンドロールを作ることが出来るようになりました。実際にエンドロールを手作りしていく時のポイントについてみていきましょう。

エンドロールの基本構成

結婚式の最後に上映されるエンドロールでは結婚披露宴に参加してくださったゲストの方々の写真を紹介して感謝やお礼のコメントを載せていくというスタイルが最もスタンダードで人気の表現となっています。ゲストの名前の一覧も画面内にスクロール表示させて、いわゆる映画のエンドロールと同じような表現を盛り込んでいきます。結婚式のエンドロールではゲストへの感謝がメインテーマとなることがほとんどなので、感謝やお礼のメッセージから始まり、スライドショーそして最後もまた感謝で終了するというパターンが多くなっています。

  1. 結婚披露宴への出席に対する感謝のコメント
  2. スライドショーと名前一覧のクレジット表示
  3. 感謝の言葉で締めくくる

エンドロールの名前順

結婚式のエンドロールを手作りする時に頭を悩ます項目の一つがゲストの名前一覧の順番をどうするかという点です。ゲストの名前順は新郎新婦が座っている席である高砂から近い順に立場や身分順で並べるのが最も一般的です。しかし結婚披露宴当日と準備機関との間で決算や期末をまたぐときには、出席するゲストの肩書や役職が変わっていることもしばしばあるため役職や立場を考慮する順番の作りかたはとても時間のかかる大変な作業となります。時間があまりない場合にはテーブル単位で区切って五十音順や単純な五十音順のみ、もしくは順不同と表記してランダムに表記するといった方法もあります。もっとも一般的なパターンは以下の順番です。

  • 新郎主賓→新郎職場関係→新郎友人→新郎親族→新郎家族→新郎両親
  • 新婦主賓→新婦職場関係→新婦友人→新婦親族→新婦家族→新婦両親

エンドロール制作におススメのソフト

After Effects

AfterEffectsが結婚式のエンドロール制作にもおすすめなのは、エンドロール用テンプレートがダントツで多いから! さらに体験版のAfterEffectsでも制限なく最後まで編集できるので、無料体験期間に完成させれば0円でとってもお得です。

  • 無料体験版でも最後まで編集OK
    まだ使ってないならもったいないかも
  • 製品版は1か月2,480円(1か月だけの追加購入も可能)
  • エンドロール用のテンプレ―トが豊富で初心者でも簡単

エンドロールを手作りする方法

エンドロールの基本構成や名前の順番が分かればあとは実際に編集ソフトを使ってエンドロールを作っていくのみです。結婚式で上映できるエンドロールを手作りする時に利用できるソフトはいくつかありますが、それぞれのソフトでどのようなエンドロールが手作りできるのかも含めてみていきましょう。

パワーポイントでエンドロールを手作りする

パワーポイントを使って結婚式のエンドロールが手作りできるということを知らない方も多いかもしれません。パワーポイントがお勧めできる理由はいくつかありますが最もお勧めしたい理由の1つは無料体験版が1か月間制限なく普通に使えてしまうという点です。エンドロールのスライドショーや名前の表記の整理に1か月もかかることは稀ですので、大抵の方が結婚式で上映するエンドロールの手作りを無料体験版だけで完結できるはずです。写真を同時に複数枚表示したり、画面内でレイアウトを自由に組むことができるので意外と高機能でおススメです。

AfterEffectsでエンドロールを手作りする

高度な合成やモーショングラフィックスを作成できるソフトのAfterEffectsを使うと、プロクオリティのエンドロールを手作りすることも出来ます。とはいっても初心者の方が初めて触っていきなり使いこなせるような簡単な部類のソフトではないので、初心者の方はテンプレートを活用する方法一択かと思います。AEを使って完全にゼロから自由に映像を作れるようになるには数年程度の時間が必要かもしれません。しかしテンプレートであれば差し替えるだけなので数日でエンドロールが手作りできます。

iMovieでエンドロールを手作りする

エンドロールを手作りしたいと考えたときに選択肢に真っ先にあがるソフトがiMovieという方も少なくないかもしれません。iMovieは高度な機能を搭載しつつも難しい設定部分は出来るだけ自動で処理されるように設計された、初心者でも簡単に比較的凝った編集が出来る動画編集ソフトです。使い込んでいくと結婚式のエンドロールでも細かい調整が出来ずに歯がゆく感じてしまう部分もありますが、結婚式でよくある基本的なレイアウトのエンドロールは手作りできます。こちらも少し使い方を覚えるまでには勉強の時間がひつようとなりますが、初めての方でも数日で大体の使い方は理解できでしょう。

ムービーメーカーでエンドロールを手作りする

エンドロールを手作りできる無料のフリーソフトとしてご紹介できるのがムービーメーカーです。ムービーメーカーはWindows環境の方であれば誰でも自由にダウンロードして無料で利用する事が出来る動画編集ソフトです。簡単にスライドショーを作成することが出来、なおかつエンドロール特有の名前一覧が縦方向にスクロール表示するといったアニメーションも簡単に作成することが出来ます。ただムービーメーカーの公式な無料提供が終了してしまっているため、ダウンロードするという最初の段階が最も難しいステップとなっています。入手できる環境にある方はムービーメーカーを使ったエンドロールの手作りもおススメです。

エンドロールは手作りでもOK

結婚式のエンドロールは必ずしも結婚式場に依頼したり専門業者に依頼する必要はありません。自分たちで手作りして披露宴会場に持ち込んだとしても持ち込み料などが発生しない事がほとんどなので、自分で作れる環境にある方はiMovieやムービーメーカーなどの編集ソフトを使ってエンドロールを手作りしてみてはいかがでしょうか?

エンドロールを手作りする時には著作権のあるBGMは許諾処理が必要となりますので、DVDの内部にBGMを録音したい場合にはisumとの契約がある業者を通じて著作権料の支払いだけは忘れずに行うようにしましょう。DVD内にBGMを録音しせずにCDから再生する場合には新郎新婦様側で料金を負担する必要はなくなります。この点は会場のプランナーさんも詳しいはずなので、不明点は会場ともしっかり相談しておきましょう。

自分たちで手作りしたエンドロールで素敵な結婚披露宴のエンディングが飾れるといいですね。

思い出に残る結婚式になりますように・・・。

無料素材&テンプレート

AfterEffectsで今すぐ使える無料テンプレート

PowerPointで今すぐ使える無料テンプレート

VideoStudioで今すぐ使える無料テンプレート

無料動画素材

Comments are closed.

Post Navigation